« サン・トワ・マミー | トップページ | 小雨降る路 »

ゴッドファーザー愛のテーマ

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:千家和也、作曲:ニーノ・ロータ、唄:尾崎紀世彦

広い世界の片隅に
やがてふたりの朝が来る
あふれる光が
頬の涙をうつしだす
愛する心に言葉はいらない
どうぞひとりで泣かないで
忘れかけてる悲しみを
窓から逃がして
そっとふたりで見送ろう

     (間奏)

愛する心に言葉はいらない
どうぞどこにも行かないで
そばに来ている幸せに
両手をのばして
そっとふたりで育てよう

《蛇足》 いわずと知れたフランシス・コッポラ監督『ゴッドファーザー』のテーマ曲。

 映画は1972年に公開され、その年のアカデミー賞で主演男優賞(マーロン・ブランド…写真)と脚色賞(F.コッポラ、M.ブーゾ)を受賞し、そのほか助演男優賞・監督賞・衣装デザイン賞・音響賞・編集賞にノミネートされました。
 ただし、マーロン・ブランドは、ハリウッドのインディアン差別に抗議して受賞を拒否しました。

 さらに同年、全米批評家協会賞で主演男優賞(アル・パチーノ)、ゴールデン・グローブ賞で男優賞・監督賞・脚本賞・音楽賞を獲得。
 映画は本編3作のほか、編集により『ゴッドファーザー・サガ』シリーズ、『ゴッドファーザー完全版』シリーズなどが作られ、すべてヒットしました。

 このシリーズは現代のシェークスピア劇だ、と評する人もいます。

(二木紘三)

|

« サン・トワ・マミー | トップページ | 小雨降る路 »

コメント

坊がつる賛歌
とても気に入り友達にも紹介して喜ばれています。

投稿: 圓山文夫 | 2007年9月20日 (木) 20時06分

ゴッドファザー 愛のテーマにコメントが少ないのにちょっと意外でした^^
映画、曲 共に名作と思います。
私はゴッドファザー2作目 ロバート・デニーロ演ずる若き日のビトーを観て最初はデニーロと気がつきませんでした。若き日のすらりとした、繊細な容貌のデニーロと完成?された彼とはずいぶん印象が違って見えました。
何度でも観たい映画、聴きたい曲です。

投稿: おキヨ | 2008年11月 2日 (日) 00時47分

私も大好きです。
何度見ても鳥肌立ちます!

投稿: ゴッドファーザー | 2009年1月13日 (火) 16時45分

 ゴットファザーの映画は見なかったのですが
大好きな曲です。
 男女の情愛がとても感じられます。

投稿: ひろちゃん | 2011年4月 7日 (木) 19時55分

アメリカ在住なので名作Godfatherはテレビでよく放映されますが、パート3で二代目Godfatherの息子アンソニーがギターを弾きながらこの曲をシシリー語で歌います。彼は家業のマフィアはきらいで音楽家を目指しています。実に哀調を帯びた名演奏だと思います。
この演奏の Youtube をみつけました。
http://www.youtube.com/watch?v=fAaw2wJxQlE

投稿: Terry | 2013年3月 9日 (土) 16時32分

『ゴッドファーザー』シリーズや、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』(故菅原文太激賞)に代表されるマフィア映画は、昨今の日本お子ちゃま系映画やTVドラマを観る気が起こらない戦前年寄りにとっては、フランシス・コッポラ監督やセルジオ・レオーネ監督の上記作品は一級品です。
昭和30年代の邦画六社全盛時代(東映、東宝、大映、松竹、日活、新東宝)を知ってる者から言えば、今の邦画界は大学映研の延長?のような、観たいという気を起こさせる作品が皆無と思う今日この頃です。『ゴッドファーザー』のマーロンブランド、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』のロバートデニーロの演技は圧倒的でした(今の日本のTVドラマは原作がコミック中心で、出演者は演技おぼつかない男女アイドル中心です)。

投稿: 焼酎百代 | 2017年2月28日 (火) 16時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サン・トワ・マミー | トップページ | 小雨降る路 »