« 波浮(はぶ)の港 | トップページ | 人を恋ふる歌 »

氷雨

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞・作曲:とまりれん、唄:佳山明生/日野美歌

1 飲ませて下さい もう少し
  今夜は帰らない 帰りたくない
  誰が待つと言うの あの部屋で
  そうよ 誰もいないわ 今では
  唄わないで下さい その歌は
  別れたあの人を 想い出すから
  飲めばやけに 涙もろくなる
  こんなあたし許して 下さい
  外は冬の雨 まだやまぬ
  この胸を 濡らすように
  傘がないわけじゃ ないけれど
  帰りたくない
  もっと酔うほどに飲んで
  あの人を 忘れたいから

2 私を捨てた あの人を
  今更悔んでも 仕方ないけど
  未練ごころ消せぬ こんな夜
  女ひとり飲む酒 侘しい
  酔ってなんかいないわ 泣いてない
  タバコの煙り 目にしみただけなの
  私酔えば 家に帰ります
  あなた そんな心配 しないで
  外は冬の雨 まだやまぬ
  この胸を 濡らすように
  傘がないわけじゃ ないけれど
  帰りたくない
  もっと酔う程に飲んで
  あの人を 忘れたいから
  忘れたいから

《蛇足》 とまりれんの最高傑作。昭和52年(1977)に日本コロムビアから佳山明生盤が、昭和57年(1982)にテイチクから日野美歌盤が発売されました。
 昭和58年
(1983)、佳山明生盤が第25回日本レコード大賞のロングセラー賞を受賞しました。

(二木紘三)

|

« 波浮(はぶ)の港 | トップページ | 人を恋ふる歌 »

コメント

二木紘三先生

有難う御座います
いいですね
ゆっくり休めます
どうかこれからも
長く続けて下さい

投稿: たちばなしんすけ | 2009年2月 6日 (金) 16時25分

昭和三十年の頃でしたか、北海道小樽の大学で勉強していた兄が茶色の本を一冊買ってきてくれました。僕は十歳でした。秋田雨雀『先生のお墓』、そして作者はもう忘れましたが『氷雨降る日』というものがあったのを覚えております。ロンドンらしいのですが、古書肆の息子のサミュエルは老いた父の手助けそっちのけで、売り物の本をむさぼり読むのが日課でした。それは氷雨の降る日で、老父は「サミュエルや...」と呟き、本の仕入れに下町へと杖をつきつつ歩みだす...、ただそれだけの筋書きでした。淡色の絵が挿入されておりました。そうそう、挿絵画家の名は深田紅子または深田虹子であったと思います。サミュエルはSamuel Johonsonのことであったのかな、とふっと思い至りました。小学生向けに書かれたものなのに。

投稿: イサコフスキー | 2011年2月20日 (日) 05時55分

深沢紅子ではないでしょうか。

たちばなしんすけさん
>挿絵画家の名は深田紅子または深田虹子であったと思います。

洋画家深沢紅子は童話の挿絵なども多く手がけた。

「深沢紅子野の花美術館」は盛岡にあります。

投稿: みやもと | 2011年2月20日 (日) 21時58分

みやもと様 貴重な情報をいただき、感謝申し上げます。この秋帰省の折に、盛岡の深沢紅子美術館と黒石の秋田雨雀記念館を訪れてみたいものです。投稿で触れました本は、作品全てが児童向けのものでしたが、「氷雨降る日」と「先生のお墓」が、内容と挿絵の二つで、今尚強い印象を与えております。といっても、本自体は小学五年のころに流行した学級文庫整備運動に動員されたまま、行方不明となっております。それにも拘らず、文章の一節、挿絵の一幅、ともにありありと思い出せます。「うたものがたり」で歌の旋律に耳を傾け、挿絵を眺めるたびに、あの本を読んだ五十数年前の感動を思い起こすのは、両者に共通したなにかがあるのでしょう。秋田雨雀は盲目のロシア人詩人のエロシェンコと親交があったと聞きましたが、最近訪問したウクライナの”黒い山”と呼ばれる田舎で、同地の日本学者―樺太落合出身―と知り合いになりました。彼の口からアキタウジャクとヤロシェンコの名が出たのには、感動しました。ヤロシェンコЯрошенкоとはロシア語でのエロシェンコの呼び方です。

投稿: イサコフスキー | 2011年2月22日 (火) 04時02分

たまたま「合本 俳句歳時記 新版」 角川書店 1974年 を見ていたら 氷雨 は 夏の季語とか。「新明解国語辞典」 三省堂 1997年 には 1 [雅]あられ。雹。 2 [秋の]冷たい雨。と。
「冬の雨」ではないのか、と思いました。

投稿: Hurry | 2017年2月 2日 (木) 19時03分

Hurry様
夏の氷雨は「ひょう」で冬の氷雨は「みぞれ」との事この歌が流行った関係で夏の季語が今では夏、冬兼用の季語になったと聞いています。

投稿: 海道 | 2017年2月 4日 (土) 16時52分

海道さま
ご教示ありがとうございます。
仰るようにこの歌の後で「冬の雨」という意味が市民権を得たとするならばよいのですが、ネット上で、もともと「冬の雨」という意味があったという説を見つけました。そうだとすれば、私のコメントは全くの的外れということになります。もう少し調べてみます。

投稿: Hurry | 2017年2月 5日 (日) 15時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 波浮(はぶ)の港 | トップページ | 人を恋ふる歌 »