« 蒲田行進曲 | トップページ | 河は呼んでる »

枯葉

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:ジャック・プレヴェール、作曲:ジョゼフ・コズマ
日本語詞:岩谷時子、唄:イヴ・モンタン 他

あれは遠い想い出 やがて消える灯影(ほかげ)
窓辺あかく輝き 光充ちたあのころ
時は去りて静かに 降り積む落ち葉よ
夢に夢を重ねて 一人生きる悲しさ
木枯らし吹きすさび 時は帰らず
心に歌うは ああ シャンソン恋の歌

暮れゆく秋の日よ 金色の枯葉散る
つかの間燃え立つ 恋に似た落ち葉よ
いつの日か抱かれて 誓いし言葉よ
はかなく ただ散りゆく 色あせし落ち葉よ

暮れゆく秋の日よ 金色の枯葉散る
つかの間燃え立つ 恋に似た落ち葉よ
いつの日か抱かれて 誓いし言葉よ
はかなく ただ散りゆく 色あせし落ち葉よ

         Les Feuilles Mortes

Oh! je voudrais tant que tu te souviennes
Des jours heureux où nous étions amis
En ce temps-là la vie était plus belle,
Et le soleil plus brûlant qu'aujourd'hui
Les feuilles mortes se ramassent à la pelle
Tu vois, je n'ai pas oublié...
Les feuilles mortes se ramassent à la pelle,
Les souvenirs et les regrets aussi
Et le vent du nord les emporte
Dans la nuit froide de l'oubli.
Tu vois, je n'ai pas oublié
La chanson que tu me chantais.

(Refrain:)
    C'est une chanson qui nous ressemble
    Toi, tu m'aimais et je t'aimais
    Et nous vivions tous deux ensemble
    Toi qui m'aimais, moi qui t'aimais
    Mais la vie sépare ceux qui s'aiment
    Tout doucement, sans faire de bruit
    Et la mer efface sur le sable
    Les pas des amants désunis.

Les feuilles mortes se ramassent à la pelle,
Les souvenirs et les regrets aussi
Mais mon amour silencieux et fidèle
Sourit toujours et remercie la vie
Je t'aimais tant, tu étais si jolie,
Comment veux-tu que je t'oublie?
En ce temps-là, la vie était plus belle
Et le soleil plus brûlant qu'aujourd'hui
Tu étais ma plus douce amie
Mais je n'ai que faire des regrets
Et la chanson que tu chantais
Toujours, toujours je l'entendrai!
(Refrain:)

《蛇足》 『枯葉』は、もともと、コズマが『ランデヴー』というバレエ曲のために作曲したもの。1946年制作のフランス映画『夜の門』(マルセル・カルネ監督)の中で、プレヴェールの詞のついたものが歌われ、人気を博しました。歌ったのは、この映画で主演したイヴ・モンタンです。

 のちにジャズに編曲され、フランク・シナトラやナット・キング・コールなどが歌って世界的なヒットとなりました。

 モンマルトルの丘の北麓、ぶどう園北端の筋向かいに、「ラパン・アジル」というシャンソン喫茶の老舗があります。そこに日本人客が入ってくると、季節に関わりなく『枯葉』を演奏し始めることがよくあるそうです。この曲をリクエストする日本人がよほど多いのでしょう。
 日本人はもしかしたら、世界中でいちばん『枯葉』の好きな国民かもしれません。

 イヴ・モンタンは1991年11月9日に亡くなり、ペール・ラシェーズ墓地に眠っています。

Photo

                        パリ、ペール・ラシェーズ墓地 

(二木紘三)

|

« 蒲田行進曲 | トップページ | 河は呼んでる »

コメント

 この歌を聴くと、ヴェルレーヌの名詩が思い起こされます。
  
       落  葉
 
   秋の日の  ヴィオロンの
   ためいきの 身にしみて
   ひたぶるに うら悲し

   鐘の音に  胸ふたぎ
   色かへて  涙ぐむ
   過ぎし日の おもいでや

   げにわれは うらぶれて
   こヽかしこ  さだめなく
   とび散らふ 落葉かな     (上田敏「海潮音」より)

 ヴェルレーヌやランボーの19世紀後半の、このシャンソンが作られた当時の、枯葉舞うパリの街並みはどんな風情だったか。遠い昔の巴里の、レトロな秋のたたずまい。イメージがふくらみます。
  
 ただ残念なことに。パリのみならず、フィレンチェでもザルツブルクでもガス燈に浮かぶベーカー街221Bでも。どこでも、ヨーロッパの古くからの都市の街並みには、街路樹がほとんどありません。
 あるのは、石造りの家並みと石畳の道。公園や一定の通りにはあるのかもしれませんが、多くの通りでは枯葉の風情など、望むべくもありません。

 大昔は鬱蒼とした森に覆われていたヨーロッパの各地に、キリスト教徒たちが乗り込んできた。先ず、太古からの異教(アニミズム)の神々を追っ払った。そして豊かな森を容赦なく切り拓き、道を造り、中央にでんとマリア像を置いた。教会を建てた。周りに家々を建てた。(マリア様ごめんなさい。でも、事実ですよね。)

 しかし近年になって、エコロジーに真っ先に目覚めたのも、ヨーロッパでした。
 やはり、歴史的文化都市・パリには、春夏の豊かな緑と晩秋の枯葉がよく似合います。

投稿: 大場 光太郎 | 2008年2月17日 (日) 12時05分

この「枯葉(Autumn Leaves)」は、世界の名曲ベストテンを選ぶなら №1 ではないでしょうか?
フランス語はよくわかりませんが英語なら少々で、ましてスローテンポでもアップテンポでもOK、クラシックやジャズボーカル・プレヤーは一度はこの曲を演奏やレコーディングをしているほどで、日本語でなら高英男の“風の中のともしび・・・”もいいですね。
 私のイメージとしては、行ったことのないフランスやパリではなく、やはり山陰のふるさとの野山の風情ですが、どんな所でも12月~3月の樹の下をかさこそとあるく枯葉の音は、岩谷時子の訳詞がマイナーのメロディに絡んで熱く思い出されます。

投稿: 尾谷 光紀 | 2008年8月29日 (金) 22時36分

この歌を聴いていると、10年程前にパリを訪れた時を、昨日のように思い出します。それも丁度10月でした。
セーヌ川をブラブラ歩きながら「枯葉」を口ずさみ、それは柄にもなく感傷的になるような雰囲気を、周囲の景色が醸し出してくれました。
私はアメリカに永年住んでいますが、ヨーロッパには度々行きます。しかし英国が多く、パリはこの時が初めてでした。
それからパリに足を運んだことが無く、もう一度行くことを切望しています。そして、「枯葉」をもう一度口ずさみたい・・・。

投稿: Steve | 2008年10月24日 (金) 14時25分

 日本列島はこの歌にピッタリの季節になりました。あちこちのコンサートでスイング・スロースイング・ラテン・タンゴ・フィージョン等で演奏されているのを聴き、さすがプロのグループでの演奏には違和感が無くそれぞれすばらしいと、と同時にジョセフ・コスマ氏の計り知れない思いとは?そして私の勝手な思いに浸り至福のひと時がウルルンと・・・。
 
 しかし3.11は早くも3年近くに・・・いや5年経っても10年経っても・・・加えてフィリピン中部の台風30号の被害・・・自然の脅威を目のあたりにしつつ『枯葉』に感動し酔いしれることの出来るありがたさをかみ締めた小春日和の“今日よ”でした。

投稿: 尾谷光紀 | 2013年11月14日 (木) 11時14分

 「蛇足」にあるペール・ラシェーズ墓地の写真、なかなか風情があります。黄色く色づいた木立といい、石道の傍らに吹き寄せられた枯葉といい、日本の晩秋の風景に負けていません。
 名曲「枯葉」を聴きながら、この墓地にイヴ・モンタンが眠ることを思いつつ、コメントをする気になりました、
 イヴ・モンタンと聞くと、彼が主演した映画『恐怖の報酬』をすぐに思い出します。1953年制作の映画で、当時、私は中学生です。実際に見たのは30過ぎてからですが、たいへんな衝撃を受けました。
 ニトログリセリンをトラックで運ぶという単純なストーリーですが、まてよ、この世の恐怖というのは、すべからく単純なものしゃないのかと、勝手に普遍化して考えたりしました。そして一攫千金を狙う男たちのドロドロした欲望の描写、あっけなく主人公が死んでしまうラストシーン等等、フランス映画のすごさに目覚めた作品でもありました。何度か、リメイクされましたが、最初のこの作品には及ばないでしょう。
 そのイブ・モンタンの命日が11月9日、まさに枯葉の時期ですね。亡くなって22年たちましたか・・・ああ。

投稿: 音乃(おとの) | 2013年11月14日 (木) 14時31分

ジャック・ブルヴェールやジョセフ・コスマはどこに眠っているのでしょうか?

投稿: 尾谷光紀 | 2013年11月17日 (日) 22時29分

 さあ、どこでしょうね。
「有名人埋葬地辞典」でもあれば・・
本気で、伝記の類を読めばわかるかもしれません。
場合によっては、辞書片手に翻訳も自分でやらなくては・・
しかし、わかったにしても、そのお墓参りをするほどの気力もお金も、私の場合、ありません・・
自分の眠る所を、そろそろ心配してもおかしくない今日この頃です・・ああ。(脱線しましたね。すみません)

投稿: 音乃(おとの) | 2013年11月18日 (月) 00時05分

 Facebook メイトからの情報です。
作詞家ジャック・ブレヴェール(1900~1977)はフランスのマンシュ県オモンヴィルの墓地で、作曲家ジョセフ・コスマ(1905~1969)はパリのモンマルト墓地に眠っているそうです。イヴ・モンタンが歌って以後現在まで、世界のボーカリストやプレヤーや○○○バンドが多種のジャンル・リズムで演奏されているのはこの歌・曲だけではないでしょうか?
それほどの歌・曲を作られたお二人の永遠のベッドを知ることも、この曲の鑑賞や下手ながらの演奏もよりいっそう感慨深いものがあります。

投稿: 尾谷光紀 | 2013年11月19日 (火) 17時01分

 なんたる調査力、しかも迅速な。おそれいりました。
やはり実際に楽器をあつかい、演奏をなされる方は、情熱というか執念がちがいます。しかも尾谷さまの場合は、確か中学生のブラスバンド部からでしたね、年期がはいってます。(コメントはいつも拝見)
勉強になりました。

投稿: 音乃(おとの) | 2013年11月19日 (火) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蒲田行進曲 | トップページ | 河は呼んでる »