« 人生劇場 | トップページ | ゴンドラの唄 »

人生の並木路

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:佐藤惣之助、作曲:古賀政男、唄:ディック・ミネ

1 泣くな妹よ 妹よ泣くな
  泣けば幼い 二人して
  故郷を捨てた 甲斐がない

2 遠い淋しい 日暮れの路で
  泣いて叱った 兄さんの
  涙の声を 忘れたか

3 雪も降れ降れ 夜路の果ても
  やがて輝く あけぼのに
  我が世の春は きっと来る

4 生きて行こうよ 希望に燃えて
  愛の口笛 高らかに
  この人生の 並木路

《蛇足》 昭和12年(1937)公開の日活映画『検事とその妹』(渡辺邦男監督)の主題歌。
 映画は岡譲二・原節子主演で、両親を亡くしたあと、助け合いながら生きてきた兄妹の物語。

(二木紘三)

|

« 人生劇場 | トップページ | ゴンドラの唄 »

コメント

二木さん、大分変りましたです、プロバイダー私と同じですね、今後ともお世話になりますので宜しくです。

投稿: KOBAです。 | 2007年9月 3日 (月) 21時23分

突然では有りますが、失礼致します。
私は、東京在住の林田一郎と申しますが、以前から、二木先生のホームページが大好きで何度もお邪魔させて頂いて居りますが、今回、私が主幹致して居ります、高校(世田谷・松蔭高校)の恩師矢島五郎先生を偲ぶ会のホームページに生前大好きだった、恩師の愛唱歌、「高校三年生」と人生の並木路の歌を是非リンクさせて頂きたくお願いにあがりました・・先生に教えを受けた約500人の卒業生が、お別れ会で大合唱した歌は脳裏から忘れる事の出来ない想い出です。
是非是非ご許可致して頂きたくお願い申し上げます。
(ちなみに、高校三年生は作曲家の丘先生がたまたま立ち寄った私の母校の高校の運動会で生徒達が楽しそうにホークダンスを踊って居た時の様子を詩にしたものだそうです。・・・ご自分の回顧をTVの対談で語られました。)

投稿: hayasida | 2008年1月 6日 (日) 22時17分

今は亡き兄に 思いを馳せて居りましたら 無性に泣きたくなりました 戦後の乏しい暮らしを いや 当に赤貧洗うが如き暮らしを 普通と思えたのは兄のお陰でした しみじみと泣きたい・・・   

投稿: 寅  君 | 2008年7月11日 (金) 20時24分

 また濱野成秋が書きますこと、お許し下さい。このブログはまさに私の感性に合致します。『人生の並木道』は、田舎から東京に出て来た人なら、涙なしでは聞けない唄です。私がさる高校の教師をしておりました頃、修学旅行で担任していた子が浜松駅でホームに会いに来ていた兄と、夜汽車のたった5分間、語り合うのですね。事前にそうしたいと許しを乞いに来たその子たちは幼くしてお父さんを亡くし、兄が浜松の工場に働きにいき、お母さんも病没。極貧のなかで、妹はけなげに高校生活をまっとう。私はお母さんの葬式に行きましたから、その辛さを見て泣きました。夜汽車が汽笛を鳴らして発車する直前まで語り合う兄と妹。その光景は今でも私の心に焼き付いています。私自身、まだ人生迷いばかりで大東京で目的喪失していた時期でもあり、いまでも『人生の並木道』を聞くと、幼い兄妹の夜のプラットフォームの光景と、それを見つめる、人生、この先、どうしてよいやら、迷い苦しみ、故郷に残した父母に詫びる自分の若き姿が想い出されます。

投稿: 濱野成秋 | 2009年10月 6日 (火) 09時49分

デイック・ミネのヒット曲ですが、この「人生の並木道」を聞くたびに、何故か涙が出てきます。
今日(日曜日)浅草六区通りで流しのグループがこの曲を歌っていました。しみじみとした情感に思わず聞き入ってしまいました・・・

投稿: エスペロ | 2010年2月14日 (日) 17時38分

初めてメール致します、荒澤と申します。
数年前より、ハーモニカ倶楽部に入り懐メロや童謡を練習して、公民館の文化祭等に発表していました。
今年1月から、「歌う会」立ち上げたら40数名の参加を得て、毎月2回ハーモニカの伴奏で楽しく歌っています。
26日には、古賀政男の「人生の並木道」が出てきます。このブログで練習させて貰っています。
今後も利用させて頂きます。
ありがとう御座いました。 さくらんぼより。

投稿: 荒澤 信一 | 2011年6月21日 (火) 09時33分

大分の衛藤と申します。

知人より「二木紘三うた物語」を教えてもらいました。
私は、地区の老人会(会員20名)の会員で年2・3回このカラオケで皆さんと歌いたいと思いますので「曲と歌詞」を使わせて下さい。雑音が無く大変良い音声ですのでよろしくお願いします。

投稿: 衛藤博文 | 2011年7月28日 (木) 13時36分

初めてメールいたします。
兵庫県明石市の下里と申します。
「人生の並木道」本当に良い唄ですね、P・Cを開くたび(ほぼ毎日聞いています)濱野様の投稿を拝読、その様子が目に浮かぶようです。時代がどんどん変わってしまい、この唄を聞いて感動する世代も少なくなっていると思いますが、何時までも残って欲しい名曲だと思っています。

投稿: 下里 昭 | 2012年11月23日 (金) 22時03分

 元歌は知らない、森進一や美空ひばりで聞いた世代です。
この歌の題「人生の並木路」について考えてみたことを書きます。
 前半の「人生の」ですが、なにかしら大上段で、おおげさな表現、気恥ずかしいですね。説教でも始めるのかい、という感じ。
 しかし、後半の「なみきみち(並木路)」はやさしい音のひびきです。並木路子という歌手もいました。『並木の雨』という名曲もありました。硬いイメージの「人生の」が「なみきみち」で中和される感じがします。

 「人生の一本道」、「人生の雪どけ道」、「人生のけもの道」、「人生の泥んこ道」、「人生の登山道」、「人生の田舎道」、「人生の帰り道」(帰り道はなかったか!?)。どれもうまくいきませんね。さすが佐藤惣之助先生は「なみきみち」ということばのやわらかな力を見抜いておられますね。

 苦境の中で助け合う兄妹といえば、野坂昭如の「火垂るの墓」と山崎豊子の「大地の子」を思い浮かべます。

投稿: 七色仮面 | 2012年11月24日 (土) 14時56分

 二木先生の母校を八年がかりで卒業したものですが、先生の博識とまじめを絵に描いたような「蛇足」には、いつも唸っております。そこでお願いがあります。
 この「蛇足」にもう少し味付けをしていただきたいのです。
 数年前に「ニキのうた物語」は最高だ、と教えてくれた、(今は体調を崩して休業を余儀なくされている)行きつけの寿司屋の旦那の癒しになればと思い、初めて投稿しました。
 先輩のご健勝を祈念しております。

投稿: 不肖の後輩 | 2014年4月21日 (月) 23時26分

二木先生
「人生の並木路」はりんごにとっても特別な歌です。
義父は十代で両親を亡くされ乳飲み子の末妹を含め3人の弟妹の親代わりとして苦労。生涯このを歌を愛されたそうです。そのようなわけで当時としては晩婚、30歳で17歳の姑と結婚。主人は7人兄姉の末子ながら残された姑を引き取り転勤生活を共に致しました。

濱野成秋様
コメント拝読。込み上げてくるものがあります。
フェイスブックにもお邪魔して濱野様の熱き思いの一端が
伺えました。傑作の完成をお祈り致します。
沢山の抒情歌の紹介もありがとうございます。

投稿: りんご | 2015年2月 2日 (月) 15時42分

義父は十代で・・・。
 コメントを拝読して、短く纏めておられますが、この裏には壮絶なドラマが隠されているものと思います。
 義父は、逃げられぬ想像を絶する苦労を負わされ、その苦労に立ち向かい乗り越えた事に、言葉では言い表せない程の人間の強さ・情けの深さを感じざるを得ません。
 この義父に敬服するばかりです。
 この義父ありてご主人あり。
 7人兄弟の末っ子でありながら転勤生活を共にされた主人と貴女はご立派だと思います。
 義父におかれましては、落ち着いた生活ができるようになると必死に育てたその親心・兄弟愛、その時の苦労が蘇り「人生の並木路」が無性に心の奥深く滲み込み特別な歌となり、当時を振り返りながら、なを弟妹に愛情をそそいでおられたのでしょう。

投稿: 茂 | 2017年11月29日 (水) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人生劇場 | トップページ | ゴンドラの唄 »