« 奥様お手をどうぞ | トップページ | 想い出のソレンツァラ »

想い出のサンフランシスコ

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:ダグラス・クロス、作曲:ジョージ・コリー
日本語詞:三田恭次、唄:トニー・ベネット

想い出すのは あの日の夢
風に揺れて 散っていった
二人の儚(はかな)い 恋の姿よ
(しあわ)せいつ この胸に

想い出のサンフランシスコ
あなたと二人して
堅く抱きあい 口づけした
悲しい別れの丘よ

想い出のサンフランシスコ
あたしの心は
今日も一人寂しく
あなたを恋い慕う


I left my Heart in San Francisco

The loveliness of Paris
Seems somehow sadly gay
The glory that was Rome
Is of another day
I've been terribly alone
And forgotten in Manhattan
I'm going home to my city by the bay.

I left my heart in San Francisco
High on a hill, it calls to me.
To be where little cable cars
Climb halfway to the stars !
The morning fog may chill the air

I don't care !
My love waits there in San Francisco
Above the blue and windy sea
When I come home to you, San Francisco,
Your golden sun will shine for me !

《蛇足》 1954年に発表。スタンダードナンバーの1つ。日本では『霧のサンフランシスコ』という題名でも知られています。

 写真はサンフランシスコ名物のケーブルカー、前方の島はいくつもの映画の舞台になったアルカトラズ島。

(二木紘三)

|

« 奥様お手をどうぞ | トップページ | 想い出のソレンツァラ »

コメント

この曲の和訳歌詞を作成いたしましたので、ご覧ください。改善すべき点がございましたら、上記ブログの方へご投稿ください。2008・7・8 訳者記

投稿: Rosy-Tomorrow | 2008年7月 8日 (火) 07時12分

2回目の投稿です。外国のポピュラーも数曲あります。この歌は故江利チエミが歌っていましたね。ウクレレを弾く自分はハワイアン音楽をやりますが、ハワイアンは知っている人が多くいませんので、専ら童謡、唱歌、懐メロ等を老人ホーム等慰問のかたちで弾いています。最も単独の時もありますが、複数の人で演奏しますが、楽器はそれぞれが得意のものでやるので、混成のバンドです。石原裕次郎等が人気がありますね。それと園 まりが人気ですね。他は童謡ですね。何しろ老人施設が多いですから。

投稿: 高森宗光 | 2009年1月16日 (金) 18時04分

カラオケでよく歌う曲ですが、コメントが少ない様ですので書かせていただきます。
サンフランシスコは日本からも比較的近く、人気の観光地ですので訪れたことのある方も多いと思います。アメリカの代表的な風景としてTVなどにも頻繁に登場します。私が中高生の頃見た、『卒業』、『ブリット』などの映画にもサンフランシスコが登場していたのは後になって知りました。私が初めて降り立ったアメリカの地もサンフランシスコでした。その後も数え切れない程訪れていますので、私は国内の都市よりも余程土地勘があります。
『想い出のサンフランシスコ』の歌詞にはcable cars、hill、morning fogなどサンフランシスコの名物が登場していてわかりやすいですが、むしろ最初のNarrationの方が訳しにくいようです。Tony Bennett、Julie London、Connie Francisなどはこの部分を前奏として歌っています。以下に私訳を試みます。

愛らしいパリの華やかさも私には何だか悲しい
栄華を誇ったローマも今の私にはそぐわない
マンハッタンでは私は孤独でひどく淋しかった
私はあの湾に面した町へ帰ろう

第一行でgayは華やかなという意味でしょうか。因みに現在のサンフランシスコにはgay(同性愛者)が多いですがここでは関係ないでしょう。第二行は『ローマの栄光は過去のものだ』と訳したいところですが、another day は今日でない日(後日)という意味で、過去という意味はありません。
ご意見・ご批判があればご指摘下さい。

投稿: Yoshi | 2012年11月17日 (土) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奥様お手をどうぞ | トップページ | 想い出のソレンツァラ »