« ゴッドファーザー愛のテーマ | トップページ | 恋心 »

小雨降る路

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞・作曲:Henry Himmel、日本語詞:不詳

小雨けむる 夜の街に
ともしび消え われ一人
胸はふるえ 心みだれ
むなし望みを いだきつつ
いかに嵐 吹きすさぶとも
今宵こそはと きみを待つ
耳に慣れた あの足音
夜のちまたに たたずみて

心までぬれそぼち 切なさあふれ
面影を偲びては 涙さしぐむ

小雨けむる 夜の街に
ともしび消え われ一人
胸はふるえ 心みだれ
むなし望みを いだきつつ
いかに嵐 吹きすさぶとも
今宵こそはと きみを待つ
耳に慣れた あの足音
夜のちまたに たたずみて

  Il Pleut sur la Route

Il pleut un peu partout
Dans un ciel de boue
Mais l’amour se rie de tout
Elle a pris ce soir
Pour le recevoir
Chez moi tout chante l’espoir

Il pleut sur la route
Le cœur en déroute
Dans la nuit j’écoute
Le bruit de ses pas
Mais rien ne raisonne
Tout mon corps frissonne
L’espoir s’envole déjà
Ne viendra-t-il pas ?

Dehors le vent, la pluie
Pour peu que tu m’aimes
Tu viendras quand même
Cette nuit
Il pleut sur la route
Dans la nuit j’écoute
A chaque bruit mon cœur bat
Ne viendras-tu pas ?

Dehors le vent, la pluie
Tout seul si tu m’aimes
Tu viendras quand même
Cette nuit
Il pleut sur la route
Dans la nuit j’écoute
A chaque bruit mon cœur bat
Il ne viendra pas !

《蛇足》 ドイツ人のヘンリー・ヒンメル(Henry Himmel)によって作られたコンチネンタル・タンゴの代表曲の1つ。レコード発売は1935年。ドイツ人なのに、Henryという英語名になっているいきさつは不明。
 アルフレッド・ハウゼ楽団の演奏によって世界的に有名になりました。

 のちにロベール・マリーノ(Robert Marino)やユージン・J・ゴアン(Eugene J. Gohin)によってフランス語詞が作られ、シャンソンとして歌われました。

 日本語詞としては、坂口淳や薩摩忠版がありますが、昭和30年代後半に歌声喫茶に通った私の記憶には、上記の作詞者不詳版が刻み込まれているので、それを載せました。

(二木紘三)

|

« ゴッドファーザー愛のテーマ | トップページ | 恋心 »

コメント

甘くせつないコンチネンタル・タンゴの調べは日本人にむいているかもしれませんね。
こういう曲を聴きますと(老いることはまたたのしからずや・・・)という言葉を思います。

投稿: オキヨ | 2008年8月21日 (木) 00時31分

知らない曲だったので。。。
おキヨさんが聞いておられるのだな。。。。と
ご一緒させて頂きました。
外国の曲はすっきりして。。。独立した弧を思わす
聞いていると映像が浮かんでくるような
不思議な感覚です。

投稿: sunday | 2008年8月21日 (木) 06時21分

数年前、私は楽器のキーボードを習っていました。1年に1回の発表会の曲として、私の頭に浮かんだのは「そぼ降る雨 涙の雨…」というタンゴの曲でした。でも、メロディーは浮かぶのですが、曲名も「小雨降る丘」だったか「小雨降る道」だったかあやふやでした。レコード店に行って楽譜を買おうと思いましたが、それらの曲名で見当たりませんでした。

当時、このサイトを見ていれば、もっと探し方があったのにと残念です。でも、日本人好みのメロディーで、大好きです。ありがとうございます。

投稿: 吟二 | 2008年9月 3日 (水) 21時27分

74才の男性です。コンチネンタルタンゴの名曲、
アルフレッド・ハウゼの演奏で有名ですね。
アルゼンチンタンゴは何か難しい感じがするので、もい一歩というところです。しかしアルゼンチンタンゴの専門バンドでも結構この曲は演奏しますね。
有り難うございました。自分は一にハワイアン音楽、次いでコンチネンタルタンゴが大好きです。

投稿: 高森宗光 | 2009年2月18日 (水) 11時17分

本当に良い曲ですね!
40数年前だったか・・・大阪キタの歌声喫茶『こだま』でタンゴというリズムと共に覚えました。
8年前に立ち上げた「みんなで700曲歌おう会・さくら草」のレパートリーにも入れております。
一般的にタンゴ=「ラ・クンパルシータ」といわれていた時期もありましたが、「碧空」「夜のタンゴ」「カミニート」「真珠採り」「月下の蘭」「リベルタンゴ」等すばらしい曲が他にも沢山有れども、まずこの曲に惹かれるのは、“心までぬれそぼち~涙さしむ”という失望的なメロディが全体を引き締めていて、そして青春時代の自分のひとこまのシーンでもあるようでタンゴの中では癒しの№1です。

いい歌に出会えてつくづく<しあわせ>をかみ締めています。

投稿: 尾谷 光紀 | 2010年8月13日 (金) 11時40分

二木紘三先生
お元気にしておられますか
今年は特に暑く
秋は来るのでしょうか
小雨降る路
いい曲聴きながら
9月の雨を待っています。

投稿: 立花伸介 | 2010年9月10日 (金) 21時56分

「いかに嵐 吹きすさぶとも 今宵こそはと きみを待つ」は求不得苦が胸をあつくします。まことに狂おしいですね。ところがどの歌手も「いつの日にかまた相みむとあふれくるは涙」としか歌ってくれません。まことに切ない気持です。


以下のような文章を「フェブマガジン プロメテウス」に掲載したのですが、よろしいでしょうか。

「いかに嵐 吹きすさぶとも 今宵こそはと きみを待つ」という歌をつい口ずさんでいた。はて、この歌は何という曲だっただろう。それで「二木紘三のうた物語」サイトに「小雨降る路」の歌詞で出ていた。それでyoutubeで聴こうと思ったが、それが歌詞がまるで違うのだ。

どれも「静かな雨、並木の雨」でありさわりは「いつの日にかまた相みむとあふれくるは涙」になっている。菅原洋一も淡谷のり子も金子由香利もである。やはり私は「いかに嵐ふきずさぶとも今宵こそはと君を待つ」でないと納得出来ない。どなたか見つけてください。

できればこのブログに載っている歌詞全体は転載できればと思いますが、それは無理でしょうね。

投稿: やすいゆたか | 2015年1月24日 (土) 18時25分

今気付いた素朴な疑問ですが、「小雨降る路」ではなく、「小雨降る径」ではないでしょうか。

投稿: 吟二 | 2015年1月25日 (日) 21時17分

シャンソンを習って9年になりますが、楽譜には♪小雨降る径 となっています。若い時は淡谷のり子さんの 静かな雨
・・・の出だしの歌詞を覚えていますが!?シャンソンでタンゴは♪恋心 とこの曲ぐらいしか知りません。

投稿: 畠中 雄介 | 2016年4月 6日 (水) 12時34分

小雨降る径といえば、なんといってもティノ・ロッシです。 是非一度お聴きになってみてください。 
60年前、学生時代に入っていた合唱団で初めてこの唄を歌って以来、私の愛唱歌になっています。
歌詞は「小雨けむる夜の街に ともしび消えわれ一人・・・」でした。
                   2017年12月5日(火)

投稿: 酒井 雍憲 | 2017年12月 5日 (火) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴッドファーザー愛のテーマ | トップページ | 恋心 »