« 愛の讃歌 | トップページ | エル・チョクロ »

アラビヤの唄

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作曲:Fred Fisher、日本語詞:堀内敬三
唄:二村定一・天野喜久代

砂漠に陽が落ちて 夜となるころ
恋人よ なつかしい 歌を歌おうよ
あのさびしい調べに 今日も涙流そう
恋人よ アラビヤの 歌を歌おうよ

       (間奏)

あのさびしい調べに 今日も涙流そう
恋人よ アラビヤの 歌を歌おうよ
              歌を歌おうよ

《蛇足》 原曲はアメリカのポピュラーソングで、作曲者はフレッド・フィッシャー。

 フィッシャーはドイツ・ケルンの出身で、1900年に家族とともにアメリカに移民しました。最初のヒット曲"If the Man in the Moon were a Coon" のあと、"Come Josephine in my Flying Machine"、"Dardanella", "Chicago" など数多くのヒット曲を世に送り出しました。そのうちのいくつかは、今も演奏されています。

 ところが、『アラビヤの唄』(原題は"Sing me a Song of Araby")は、アメリカではほとんど顧みられず、日本でだけ、昭和初期に大ヒットしました。
 日本人に受けた一因は、ヘ長調が途中でニ短調に変わる部分にあるのではないかと思います。短調の哀調が日本人の心情にアピールしたようです。

 NHKの依頼によって堀内敬三が日本語詞をつけ、昭和3年(1928)、NHK東京放送局(JOAK)から放送されました。
 歌ったのは浅草オペラの二村定一
(ふたむら・ていいち)。これが大評判になり、同年、日蓄、コロムビア、ビクターでレコード化されました。

 日蓄がニッポノホンのレーベルで出した『アラビヤの唄』(唄:二村定一・天野喜久代)は、日本最初のジャズレコードでした。A面は『青空 (My Blue Heaven)』で、『アラビヤの唄』はB面でした(ビクター版では『アラビの唄』)
 翌昭和4年
(1929)には、マキノプロダクションが同タイトルで映画化しました。

(二木紘三)

|

« 愛の讃歌 | トップページ | エル・チョクロ »

コメント

この歌を聴くとエノケンを思い出すのですが
上記の映画だったのでしょうか?
錯覚だったのかなあ・・。

投稿: konimo | 2007年10月16日 (火) 02時24分

「砂漠に陽が落ちて…」は私が物心ついて最初に記憶に残る歌です。昭和初年(たぶん4年頃)満4歳位の私が父につれられて東京の下町の銭湯に行って、耳から聞いて口ずさんだのだと思います。両親の話では幼児の私は下腹がまん丸に出ていて、銭湯で座ると自分の「おちんちん」が「あった。」と喜び、立ち上がる「ない。」ときょろきょろと探したそうですが、そんな幼児の記憶にはいり込む程多くの人が歌っていたのでしょうか。兎に角このメロディはとても懐かしい気分にさせてくれます。来歴が判って大変うれしいです。

投稿: 末廣照男 | 2008年6月13日 (金) 02時56分

この曲で驚いたのは、前奏部分の転調の複雑さです。

こちらでは前半部分をカットなさっていますが、
厳密にエノケンのレコードでフルヴァージョンで
見ていくと、イ長調→イ短調→ニ長調→ニ短調→
イ短調→ヘ長調→ヘ短調→ハ長調→ヘ長調
(→イ長調→ヘ長調)と変化します。

前奏としてはかなり長い部類ですが、それでも
恐らく多くて50小節程度?(正式の楽譜がないので、
当てずっぽうで申し訳ありません)の部分で、
9回(ないし11回)の転調というのは
相当ではないでしょうか。

現代のプロ歌手(と称する方々)に、試しに
前奏のみを一度だけ聴かせて、
すぐに暗譜で音程をたどらせてみれば、
案外面白い結果が出るかも知れませんね。

投稿: 若輩 | 2008年6月13日 (金) 03時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛の讃歌 | トップページ | エル・チョクロ »