« リンゴの木の下で | トップページ | 朝日のあたる家 »

うちの女房にゃ髭がある

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:星野貞志、作曲:古賀政男、唄:杉 狂児・美ち奴

(男)何か言おうと 思っても
    女房にゃ何だか 言えません
    そこでついつい 嘘を言う
 (女)なんです あなた
 (男)いや別に 僕は その あの
    パピプペパピプペ パピプペポ
    うちの女房にゃ 髭がある

(男)朝の出がけの 挨拶も
    格子をあけての 只今も
    何だかビクビク 気がひける
 (女)なんです あなた
 (男)いや別に 僕は その あの
    パピプペパピプペ パピプペポ
    うちの女房にゃ 髭がある

(男)姿やさしく 美しく
    どこがこわいか わからない
    ここかあそこか わからない
 (女)なんです あなた
 (男)いや別に 僕は その あの
    パピプペパピプペ パピプペポ
    うちの女房にゃ 髭がある

(男)地震 雷 火事 おやじ
    そいつは昔の ことですよ
    今じゃ女房が 苦手だね
 (女)なんです あなた
 (男)いや別に 僕は その あの
    パピプペパピプペ パピプペポ
    うちの女房にゃ 髭がある

    パピプペパピプペ パピプペポ
    うちの女房にゃ 髭がある
    パピプペパピプペ パピプペポ
    うちの女房にゃ 髭がある

《蛇足》 昭和11年(1936)12月公開の日活映画『うちの女房にゃ髭がある』の主題歌。

 映画はサトウハチローの小説が原作で、主題歌の歌詞もサトウハチローが星野貞志の別名で書きました。もう1つの主題歌『あゝそれなのに』のレコードは販売禁止になりましたが、こちらはお構いなしでした。

 美ち奴(写真)は、芸者歌手として戦前戦後に市丸や小唄勝太郎、新橋喜代三などと人気を競いました。

 恐妻家を歌った歌です。恐妻家という言葉は、「駅弁大学」「一億総白痴化」「口コミ」「太陽族」「男の顔は履歴書」など、かずかずの名言・名句を造った評論家・大宅壮一が考案したといわれています。

 また、この映画公開の翌々年、徳川夢声が共済組合のもじりで恐妻という言葉を使って流行らせたという記録があります。

 古今東西、恐妻家にまつわる話は、枚挙にいとまがありません。古代ギリシアの哲学者ソクラテスが妻クサンチペに虐げられていたという話は有名ですし、徳川二代将軍秀忠も、正室・於江与に頭が上がらなかったと伝えられています。
 男権社会にあっても、強い妻は存在していたわけで、「妻という座の不思議さよ」というほかありません。

(二木紘三)

|

« リンゴの木の下で | トップページ | 朝日のあたる家 »

コメント

鬚はないですが
怖いことは怖い
てな 思いを
団塊も
することがあります。

投稿: 二宮 博 | 2007年10月22日 (月) 00時56分

家もでぇーす

投稿: 益子   良夫 | 2007年10月28日 (日) 16時51分

わたしは1945年生まれですが、この歌は記憶に残っています。
それにしても、1937年から70年経ったというのに、
妻の怖さというか扱いにくさというか、
夫の弱さというか、
何ほども変わっていないのだと思いました。

投稿: 水谷重秋 | 2007年11月18日 (日) 13時47分

昔通っていた【きっちゃてん】で、この曲が流れていました
当時はレコードやCDなのに、なぜかSP版で
マスターは「好きだから」って言っていたのを憶えています
普段はテープなんですけれど
あたしが行くと
たまに掛けてくれて
凄い雑音や針飛びで
笑いながらも感動したもんです

投稿: サトP | 2011年1月11日 (火) 05時03分

それぞれの曲を聴きたいたいのですが、その方法を教えて下さい。
例えば、「うちの女房にゃ髭がある」の曲を聴くためには、どうすればよいですか。教えて下さい。お願いします。

投稿: 花房 太一 | 2011年4月 1日 (金) 16時22分

花房 太一さん 今晩は

うちの女房にゃ髭がある

トップページの左側 ア行をクリックしてみれば
あります。

題名が解れば その行クリックすれば ありますよ。

題名不明なれば 出だしの歌詞を検索すれば
おおよそ 題名もわかります。

投稿: 青果 | 2011年4月 2日 (土) 23時48分

昭和9年1月生まれの喜寿です。子供のころ家にビクターの手回し蓄音器とこの「うちの女房にゃ髭がある」のレコードもありました。「ああそれなのに」も覚えていますので、A面とB面だったのかも知れません。子供心にどこに「髭が生えているのだろう」と変な想像をしたのを思い出します。

投稿: 林 一成 | 2011年4月 3日 (日) 10時25分

子供のころから面白い歌だとは思っていましたが、男の哀れさがこれほど表現されている歌はないでしょうね。妻を追い出しても、女房に逃げられた亭主になってしまうし、自分から出て行っても女房に追い出された亭主になってしまうし、浮かぶ瀬もないとはこのことなのでしょうかねぇ。
最も、「嬶天下と威張ちゃいてもたかが家来は俺ひり」という川柳もありますね。微妙な力関係、高等数学でも解けそうもないですね。数学の先生、解けますか。

投稿: ハコベの花 | 2011年4月 3日 (日) 12時07分

サトウハチローが小説を書いていた、この歌の作詩もハチローさんだとは知りませんでした。戦前流行したユーモラスな歌にはいいのがたくさんありましたね。戦後も三木鶏郎、その後クレージーキャッツには随分笑わせてもらいましたが、近頃はどうなのだろう、と感じるのは、私がTVをあまり見ないせいでしょうか? ところで、いつか、できれば「洒落男」を楽しませていただければと思っています。

投稿: dorule | 2015年10月14日 (水) 12時15分

dorule様
『洒落男』は外国ポピュラーのジャンルに入れてあります。このほど、戦前歌謡の部にも追加しました。
コミック・ソングの傑作ですね。
(二木紘三)

投稿: 管理人 | 2015年10月14日 (水) 17時56分

わたしは読んでいませんが、佐藤愛子(サトウハチローの異母妹)の著書「ソクラテスの妻」には、「ソクラテスのような男と結婚すれば、女はみんな悪妻になってしまう」という一文があるそうです。
 ソクラテスと言えば、かの有名な古代ギリシア哲学の祖で、西洋哲学の源流を作った泰斗です。しかし、そんなかれも妻のクサンティッペにかかると、罵られ、けなされ、とどのつまりは頭から水をぶっかけられるという体たらくです。どうして彼女がこんな仕打ちをしたかというと、彼女にはヒステリー症状があったことと、夫ソクラテスに生活能力がなく、加えて奇行癖があったからです。今なら、さっさと妻の方から「三下り半」を突き付けられてもおかしくないんですが、妻のクサンティッペから離婚話が出たということはなかったようですし(当時のアテネでは、女性の地位が低かったことと関係があるかも知れませんが)、夫のソクラテスは、友人たちから離婚をすすめられても従いませんでした。この辺りが夫婦間の機微にふれるところで、傍からは「悪妻」に見えても、意外に他人に知られない愛情の交感があったのかも知れません。最後に、ソクラテスは刑死して70歳の生涯を閉じるのですが、クサンティッペは大いに嘆き悲しんだと言われています。
 クサンティッペと言えば、世に悪妻の代名詞のように言い伝えられていますが、泉下のソクラテスに訊けば、「恐妻ではあっても、悪妻ではなかったよ」と応えるように思えてなりません。 

投稿: ひろし | 2015年10月15日 (木) 14時23分

恐妻=悪妻ではないですね。悪妻は生まれつきの性格の悪さが影響していると思いますが、恐妻は家庭を守るために夫を更生させようとの妻の確たる信念に基づいてなるものです。私はお風呂に入って居る夫の頭からバケツの水を掛けた事があります。真冬ですから裸で追いかけられることはないと踏んでいたのです。家のローンの返済、子供の学費そのほか色々な家庭内の問題が山積みなのに、悪友どもと毎夜香水の匂いを付けご機嫌で帰ってくることに怒り心頭だったのです。これが十数年続いていたのです。我慢も限界でいろんな手を使いましたが、最後は無言の行でした。1週間目に夫は根を上げました。一緒に遊んでいた仲間は家屋敷を取られたり、家から出されて組の三下になった者もいました。自殺に追い込まれた人もいました。私は奥さんたちが甘かったと思います。恐妻は良妻に通じると思います。親は子供を育てる責任がありますから、夫の非行をやめさせることは妻の務めだと思います。夫から逃げるより戦うことが老後の幸せにつながります。恐妻万歳です。

投稿: ハコベの花 | 2017年3月14日 (火) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リンゴの木の下で | トップページ | 朝日のあたる家 »