« すみれの花咲く頃 | トップページ | 大阪ラプソディー »

仲よし小道

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:三苫やすし、作曲:河村光陽

1 仲よし小道は どこの道
  いつも学校へ みよちゃんと
  ランドセル背負(しょ)って 元気よく
  お歌をうたって 通う道

2 仲よし小道は うれしいな
  いつもとなりの みよちゃんが
  にこにこあそびに かけてくる
  なんなんなの花 匂(にお)う道

3 仲よし小道の 小川には
  とんとん板橋 かけてある
  仲よくならんで 腰かけて
  お話するのよ たのしいな

4 仲よし小道の 日ぐれには
  母さまお家(うち)で お呼びです
  さよならさよなら また明日(あした)
  お手手をふりふり さようなら

《蛇足》 昭和14年(1939)に童謡集『ズブヌレ雀』に掲載された三苫(みとま)やすしの詩に、河村光陽が曲をつけてキング・レコードへ持ち込んだ歌。河村の長女・順子の歌でレコーディングされました。

 河村光陽は明治30年(1897)8月23日、福岡県田川郡上野村(現福智町)に生まれました。日本支配下にあった朝鮮で音楽教師をしたのち、上京して東京音楽学校(現東京芸大音楽学部)に学び、やがて童謡の作曲に携わるようになります。
 『かもめの水兵さん』『うれしいひなまつり』『グッドバイ』『赤い帽子白い帽子』『リンゴのひとりごと』など1000余曲を作曲し、日本の童謡史に一時代を築きました。
 昭和21年
(1946)12月24日、胃潰瘍のため、49歳の若さで亡くなりました。

 曲が47抜き(よなぬき)短音階で作られているためか、日本人的な心情にすんなりなじむような気がします。
 子どもたちがなんの心配もなく通学し、外で遊んでいられたころの情景です。こんな時代もあったのです。

(二木紘三)

|

« すみれの花咲く頃 | トップページ | 大阪ラプソディー »

コメント

想い出の歌です。

投稿: 西山 利寿 | 2008年2月14日 (木) 22時22分

 私が三歳の頃、二歳上の姉が幼稚園の学芸会でこの曲に合わせてダンスをしていました。何気ない日常のひとコマですが、私には絶対に忘れられない強い印象があります。当時自営をしていた父が心臓病を患いその後急に元気をなくし、床に伏せることが多くなり病弱な私と療養することが屡でした。
 私が八歳の冬に父は母と私たち姉弟を遺し三十九歳でこの世を去りました。母の懸命の働きで大学を出してもらい何の不満もありませんが、ともすればこの世を悲観的に感じてしまう習性があります。
 父が元気なとき前途に何の不安もないという意味で家族は幸せの絶頂にありました。無邪気に踊る姉の姿と楽しい毎日と優しかった父の思い出としてこの歌を耳にする度に目頭が熱くなります。
 当時は国も復興の真っ只中、幸せは今日より明日、明日より明後日とドンドン暮らし振りが良くなる風潮がありました。どんなにお金を手に入れてもあのときほどの幸せな気持ちになれません。

投稿: 仲よし小道 | 2008年8月22日 (金) 23時04分

「外で遊んでいられた頃の情景」とおっしゃいますが、ここで友達との付き合い方を学んだ。今の子供達はメールで遊ぶ
この先どうなるのでしょうか。

投稿: M.U | 2008年8月28日 (木) 14時15分

小学校へ入って、新しい友達とこの「仲良し小道」を踊りました。
また、「先生の家に行こう」と言う人がいて、何人かが固まって家迄遊びに行ったことがありました。
クラスの友達とは終戦により離れ離れに。いま、懐かしく思い出しています。

当時はどこのご家庭も子供が多く、外に出れば遊び相手がいたものです。缶けり、輪回し、毬つきなど日が暮れるまで遊んでいたものです。

日が暮れたら暮れたで、「人さらいごっこ」が始まります。「お日様が山に隠れる頃には家に帰る」と決められてはいるものの、叱られるのを覚悟で遊び呆けていました。
いつの時代の子供が幸せなのでしょうね。

投稿: 高木ひろ子 | 2008年8月28日 (木) 16時59分

この歌を聞くといつも思い起こす情景があります。

私の生家は山間の小さな村で農業を営んでおりました。まわりは田や畑ばかりで、家の前を小川が流れており、ちょうどこの歌のように小さな板橋が架けてありました。

一番近い隣家は子供の足で4,5分のところにあり、そこに私より歳が一つ下の加代ちゃん(仮名)という女の子がいました。

近所には加代ちゃんしか子供はいませんでしたので当然のごとくいつも彼女と一緒に遊んでいました。

彼女が小学校に通うようになると毎朝私を迎えに来て、手をつないで登校しました。
小学校は町にあり、どうしても40分ぐらいかかってしまうので、彼女の両親に一緒に行って欲しいと頼まれたのです。

通学も、学校から帰ってきた後もいつも一緒で、夕暮れになり双方の親が心配して探しにくるまで二人で遊んでいました。

しかし小学校も高学年になると、私は彼女との事がだんだんうとましくなってきました。
町から来ている同級生達からいつも二人一緒にいることをからかわれるようになったからです。
加代ちゃんは子供ながら飛び抜けて可愛くきれいだったから、皆んなは余計からかったのかも知れません。

私を待っている彼女をおいて一人で帰ったり、家に遊びにきても色々理由をつけて断ったりするようになりました。その度に見せる彼女の悲しそうな顔を今でも思い起こします。

私が中学2年の夏のことです。彼女の一家が引っ越すことになりました。親戚が都会で小さな事業をしていて、彼女の両親がそこで働くと言うようなことでした。
今から考えると寒村での農業に見切りをつけたのでしょう。

引っ越しの当日彼女が別れの挨拶に来ましたが、私は会いませんでした。母の「加代ちゃんがさよならを言いにきてるよ」と言う言葉を無視して部屋に閉じこもったままでした。
母が彼女に「ごめんなさいね」と謝っている声が聞こえていました。それきり私は加代ちゃんとは会っていません。

それから20年以上経ち、30代も半ばを過ぎた頃のことです。家内と子供達を連れて帰省をしていた時のことです。
母が「この前ね、以前隣に住んでいた加代ちゃんが、近くに来たからと言って訪ねてくれたよ」と言うのです。

母によると驚くほどきれいな娘さんになっていて4,5歳ぐらいの女の子を連れていたとか。
母が「加代ちゃんはね、小さい頃はお前のお嫁さんになりたいと思っていたし、なるものと思っていたんだって」と笑いながら言っていました。

それからまた20年ほどの歳月が経ちました。
加代ちゃんは元気で幸せでしょうか。

この歌を聞くと、何も考えず無邪気に遊んでいた頃のことを思い出します。少し大きくなって、彼女につれなくした男らしくない自分の振る舞いに対する後悔と恥じる気持ちと共に。

投稿: Y.Y | 2008年9月 4日 (木) 12時35分

小さな小さな私の故郷の村にも川が流れておりました。ここに架かる橋(小さな板橋)の上で、蛍の出る季節には、菜種を取ったあとの葉のついた茎を竹ざおにつけて蛍を捕まえに行きました。秋には、虫が飛んでくるので、橋の上で竹のさおを刀にして、よく切り落としました。私には、可愛いみよちゃんは居りませんでしたが、幼い思い出の一つで今は離れた故郷を想い出しております。

投稿: 西山 利寿 | 2009年2月 6日 (金) 16時51分

35年ほど前の学生時代に熊本の山奥の友人の家に遊びに行きました。その家の周りには魚が泳いでいる小川が流れ、土手には柿の木が実を一杯付けて誰でも取り放題でした。畦道の両側のおいしいみかんもいくらでも食べてよいとのことでした。満ち足りた日を過ごしました。あれほど幸福感を感じたことはその後ありません。そのときの光景がこの歌のイメージにぴったりでした。目の前に可愛いみよちゃんが走って来そうな気分でした。仲よし小道は幸せを考えさせてくれる歌だと思います。

投稿: 仲よし小道 | 2009年4月 7日 (火) 19時23分

「6歳まではみな神の子」、こんな言葉が確かあったような気がしますが、そんなことを思い出させてくれる可愛いらしい、子供らしい歌ですね。そして、昔の歌は「母(かあ)さま」のようにご両親に「さま」をつける美風がたくさん残っています。

戦前までは日本でも儒教が色濃く残っていて、親に孝を尽くすことが子のつとめと教えられました。親は子の為に、子は親のために命も投げ出しても惜しくない。この「孝経」のみならず、いわゆる儒教の「四書五経」の教えが日本の「道徳」でした。でも、このうちの孝経は、天子さま(天皇)には命を投げ出すべきという毒も内蔵しており、これが軍部の宣伝に利用されました。

敗戦によって、儒教の負の部分(「儒教の毒」)だけが取り上げられ、日教組の先生方によって儒教は「悪」「タブー」と」なり、現在の日本の道徳的腐敗が蔓延したと私は思っています。

儒教の良いところと悪いところを峻別し、もう一度日本人の麗しく、奥ゆかしい美風を取り戻したいと思っています。

投稿: 吟二 | 2009年7月20日 (月) 21時24分

こういう歌を聞くと懐かしいのですが何故か悲しく成ります。
 どうしてでしょう?
 旋律のせい? それとも帰らぬ郷愁や人への思い?

投稿: ミカミ | 2011年8月25日 (木) 12時45分

【愛唱される理由Ⅰ】 できた詩は、起承転結になっています。 ある春の日の一日の「ぼく」のことを歌っています。女の子の名前は「みよちゃん」でかわいらしい響きです。しかし、みよちゃんの家の隣に住んでいる男の子の名前がありません。みよちゃんと学校へ行くのが毎日とても楽しみです。歌を歌うのは、嬉しい心の表れです。あわい初恋は、菜の花の匂いのようです。この歌は、かわいい「みよちゃん」とお話したいという、作者や改作者の願望だったのかもしれません。さらに、歌う人にもその同じ思いが伝わるので、いつまでも愛唱されているのでしょう。
【愛唱される理由Ⅱ】 また、「みよちゃん」と仲の好い女の子の日常とも考えられます。春の明るい光の中、子供の楽しい平凡な一日です。教訓的な内容でない所が共感を呼ぶのかもしれません。小川の板橋に腰かけて話が弾みます。
            (池田小百合―なっとく童謡・唱歌より)

投稿: 海道 | 2012年6月 4日 (月) 18時22分

ミカミ様

こういう歌(たぶん懐かしい童謡)を聴くともの悲しくなるのは旋律よりも
「帰らぬ郷愁や人への思い」でしょう。
この曲に振付されたダンスを幼子が踊るのをみるのは、心ウキウキするような楽しい気持ちになります。
でもふと自分の子どものころを思うと周りに当時とつながる人がほとんどおらずどうしようもないくらいさみしい気分ちになってしまいます。それはこの曲がすぎた昔を時間を越えて瞬時に思い出させてくれるからだと思います。
その時の家族、友だち、先生、ご近所の人たち・・・みな一様に懐かしくそして悲しい思い出です。今の現実につながらないからだと思います。

投稿: 仲良し小道 | 2013年4月10日 (水) 23時49分

私は童謡で嫌いな歌はありません。何故なのか理屈はわかりません。旋律も歌詞も聴いていて不快にならず優しい気持ちになるからです。私の知らない童謡も沢山あると思いますが、あの嫌われもののカラスでさえ可愛いカラスになってしまうのですから童謡は不思議な力を持っているのだと思います。「ほんとにやさしいおかあさま」と歌われるとちょっと困ってしまうのですが、「とんとん板橋かけてある」と歌われるとああ、子供に戻ってみよちゃんとお話したいと涙ぐんでしまいます。最近の子供の歌には面白い歌はあっても優しい気持ちになる歌がないと思っています。人間に情緒が無くなってきているのでしょうか。

投稿: ハコベの花 | 2013年4月11日 (木) 23時50分

 昔、学芸会で女の子がよくダンス?をしていたようですがこの曲ではなかったでしょうか。何もしゃべらなくていいなと思って見ていました。
 その頃の子どもももうお年を召したと思います。とんだり跳ねたりだったのでしょう。なんとなくこの曲は耳に残っています。

投稿: 今でも青春 | 2014年7月 4日 (金) 16時39分

この曲を聴く度に過ぎ去った日々を想い出します。
私は、事情があり幼稚園には通っていません。
童謡唱歌については、改めて習ったこともないし、子どもの頃あまり歌った記憶もないようです。
この歌との出会いは、社会人となり、勤務先の「登山部」の呼びかけで、ハイキングに行った折の「会員制のバスの中」で、ガイドさんが唄われたのがこの曲でした。
もちろん聴くのは初めて、でも、曲の柔らかさと幼な心を
表現した歌詞に感動しました。
それに、ガイドさんの唄が素敵だったこと、今思えば「ガイドさん」一目ぼれしたようです。

投稿: オレンジ街道 | 2015年8月11日 (火) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すみれの花咲く頃 | トップページ | 大阪ラプソディー »