« ブランデーグラス | トップページ | 夢のお馬車 »

津軽海峡・冬景色

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:阿久 悠、作曲:三木たかし、唄:石川さゆり

1 上野発の夜行列車
  おりた時から
  青森駅は 雪の中
  北へ帰る人の群れは 誰も無口で
  海鳴りだけを きいている
  私もひとり 連絡船に乗り
  こごえそうな鴎見つめ
  泣いていました
  ああ 津軽海峡・冬景色

2 ごらんあれが竜飛岬(たっぴみさき)
  北のはずれと
  見知らぬ人が 指をさす
  息でくもる窓のガラス ふいてみたけど
  はるかにかすみ 見えるだけ
  さよならあなた 私は帰ります
  風の音が胸をゆする
  泣けとばかりに
  ああ 津軽海峡・冬景色

  さよならあなた 私は帰ります
  風の音が胸をゆする
  泣けとばかりに
  ああ 津軽海峡・冬景色

《蛇足》 昭和52年(1977)に発表された大ヒットかつロングヒット曲で、『天城越え』と並んで、石川さゆりの代表曲。

 先ごろ、中学だか高校だかの音楽教科書の1つに掲載されたというので、話題になりました。時代の変化を実感させます。かつては歌謡曲が音楽の教科書に載るなど、思いもよらぬことでした。

 石川さゆりはこの曲で、同年の日本レコード大賞歌唱賞などを受賞するとともに、NHK紅白歌合戦への初出場も果たして、演歌の代表歌手と目されるようになります。

 青森・函館間を結ぶ青函連絡船が運航していたころの歌です。青函連絡船は、青函トンネルが完成し、鉄道路線が開通した昭和63年(1988)3月をもって廃止されましたが、旧青函連絡船八甲田丸前および竜飛岬と、歌詞ゆかりの地に歌碑が建てられました。

 なお、竜飛岬の本来の地名は竜飛崎(たっぴざき、またはたっぴさき)です。阿久悠が音数を合わせるために竜飛岬としたわけですが、この歌の大ヒットにより、竜飛岬と呼ぶ人が多くなりました。

(二木紘三)

|

« ブランデーグラス | トップページ | 夢のお馬車 »

コメント

何年か前、妻と札幌・函館などを旅行しましたが、函館港にはたしか「摩周丸」という青函連絡船が残っていたので、その中を見学しました。
その時、一番印象的だったのが「洞爺丸」沈没事故の詳しい展示でした。1954年(昭和29年)9月、死者1155人を出したという未曾有の海難事故は、当時、中学生だった私もよく覚えています。今の気象観測技術からすれば、台風の影響力などは立ち所に分かったはずなのに、“天気図”のあだ名を持つ当時の「洞爺丸」船長でさえ操船に失敗したということです。まことに隔世の感があります。
この歌を聴く時、つい「洞爺丸」事故を思い出してしまいますが、解説にもあるように、この海難事故を切っ掛けに青函トンネルが誕生し、連絡船は姿を消していきました。いま「さよなら あなた」という歌詞を聴くと、それは亡き“連絡船”への挽歌のように聞こえてしょうがありません。連絡船は永遠に消えたのですね。

投稿: 矢嶋武弘 | 2008年7月 8日 (火) 21時06分

こんばんは

昨年、生まれ故郷八戸に帰郷した際、青函トンネルで函館に一人旅をしてきましたが、やはり海を渡るには船のほうがよろしいですね。便利で早いので忙しい方には喜ばれると思いますが。。。

矢嶋様の書かれた(洞爺丸沈没)事件はほんとうに日本中を揺るがす大事件でした。私などはいまだに連絡船というと洞爺丸のことを思います。今は連絡船という言葉も聞くことがなくなりさびしい限りです。

青森生まれなのに 津軽海峡冬景色 を見た事がありません^^ゞ


投稿: おキヨ | 2008年7月 9日 (水) 00時09分

流石「阿久悠」素晴らしい詞です。石川さゆりも見事に歌いあげた。企画、詞、歌手がそろうと良い歌ができるのですね。

投稿: M.U | 2008年7月22日 (火) 14時34分

「天城越え」とこの歌、どちらかを取れと言われれば、この
歌を取ります。詞がどぎつくないからです。

投稿: M.U | 2008年8月11日 (月) 15時51分

1979年(昭和54年)結婚して雪のない横浜からアメリカの雪国ミシガンへ渡りました。それ以来この歌は私の気持をつづる曲となっています。「さよならあなた」は私にとって日本と家族。里帰りしてアメリカへ帰る度にこの歌が胸に溢れます。

投稿: Meg | 2008年8月19日 (火) 06時17分

詞、曲、歌唱。この三者が見事に解け合った戦後歌謡曲中の名曲だと思います。あの大学紛争(大学闘争)時代を過ごした(闘った)学生が、挫折と苦悩を抱えて社会に出て行った時代。彼等の解きがたかった思いの残る心情にぴったりの歌で、教師として彼等とある部分心情を共有し、ある部分反撥した者として、この歌はまさしく自分の人生の一コマに重なります。

投稿: HI | 2008年9月26日 (金) 10時33分

この11月上旬に岩手・青森・秋田と関東からのツアーに参加しました。
青森の大間と竜飛崎のそれぞれの最北端を駆け足でまわりましたが、竜飛崎の風の強さ(1年中とのことですが)を感じながらこの唄の歌碑の前で、多くの犠牲者を生んだ世紀の大工事のことを思い起こしながら、テープから流れるこの曲を聞いておりました。(歌詞は2番の文字が大きく表示されています)
連絡船が通っていたときの時間が、今となってはたいした時間ではないのではないかと思うような気持ちにさせていただいたひと時でした。
時間の短縮だけではないかも知れませんが、反面大間では医療機関にはフェリーで函館に行くことの方が早いとのこと。人々の住環境の違いをみせられたツアーでした。

投稿: 修さん | 2008年11月24日 (月) 21時53分

コメント欄がクラッシック畑になっていますので、この曲を取り上げました。「三木たかし」さんのご冥福をお祈りいたします。

投稿: 海道 | 2009年5月12日 (火) 06時09分

「青森」と聞けば、寂しい街だったなーと思い出します。15年ほど前の記憶ですが駅頭に立った時の人の少ないあの侘しい印象は忘れられません。
駅員に聞いて旧連絡船を桟橋に訪ねましたが、この歌の歌碑を船の傍らに見たときは感動しました。そして歌碑建立賛同者の方々に地元の方でなく仕事で青森に来た転勤族らしき方々が多かったのは何か分かるような気がしました。
この曲の哀れさ侘しさは、そして遥々来た本州最果ての地の寂しさはある意味流され放逐されて来たよそ者の感情にこそ強く訴えたんだろう....と。
桟橋から夕暮れの陸奥湾越しに遠く浅虫温泉らしき灯を見たのも忘れられません。
それとこれこそ蛇足ですが、仕事で何度か参りました、その度に思いましたのは県内どこに行っても大変顔立ちの良い美しい女性達の多い県だという事です。
鹿児島、高知両県でもそう思いましたが本来の日本人の原型が各地に色濃く残ったのでしょうか....。

投稿: 浜のぼくちゃん | 2010年5月 2日 (日) 18時31分

北海道生まれの私にとっては
思い出深い曲です。

1989年 中国西安郊外の
秦始皇帝秦俑博物館の兵馬俑を見に行った帰り
近くの田舎町の臨潼県で食事をすることになり
町中を歩いていると
どこかで聞いた曲が流れてきました。
歌詞は中国語でしたが、やがてそれは
この津軽海峡・冬景色だということに気がつきました。

投稿: みやもと | 2010年5月19日 (水) 22時09分

昭和63年3月をもって廃止された翌年だったか、青函連絡船のお別れ航海が催されると知り青森の連絡船桟橋に見物にでかけました。函館からの最終便が港に姿をみせたときタグボートの福島丸が連絡船に近づき接岸を助けていました。その日の青森から函館に向かう便が後にも先にも最終航路です。数時間後、自力で桟橋をはなれ北に向かって進みだした大きな連絡船に寄り添うようにタグボートの福島丸が後を追っています。私はてっきりタグボートも函館に向かうのかと眺めていると何回かボーと汽笛を鳴らしました。すかさず連絡船からもヴォーと汽笛が返ってきました。陸奥湾の外海にでるまで連絡船と福島丸との汽笛の交換が何度となくつづきました。海に生きた人たちの心のぬくもりを肝に銘じさせてくれた光景でした。この歌をテレビ、ラジオから聞くたびにそのときの福島丸の惜別の汽笛が耳をかすめていきます。連絡船は八甲田丸だったか摩周丸だったかは定かには覚えていません。

投稿: 亜浪沙(山口) | 2012年10月28日 (日) 13時36分

 冬ではないですが、私が津軽海峡を渡ったのはいつも夏でしたので書かせていただきます。
 我が国の歌謡曲の定番では、北へ向かうというのは、夢が破れたというか、失恋したというような、悲しげな雰囲気の設定になっています。この場合の北とは、東北か北陸、つまり上野から鉄道で向かう地方と思われます。『津軽海峡冬景色』の主人公は、北海道の人で、おそらく内地での恋に破れて青函連絡船で北海道へ帰って行くという設定になっています。一方で北海道は憧れの地という歌もあります。(たとえば橋幸夫『すずらん娘』)
 10代の最後に初めて東北一周の旅をしました。この時の東北の印象は概して暗く、殊に青森は最果てというイメージが残りました。青森では出航する青函連絡船を眺めて、いずれは北海道へもと思いながら南へ向かいました。翌年、念願の北海道一周をすべく再び青森に向かいましたが、台風の影響で函館本線が不通になって青函連絡船も欠航になっていました。幸いにも室蘭に向けて臨時の便が運航され、深夜に連絡船に乗り込んだ私は長旅の疲れで、客室に雑魚寝をして寝込んでしまいました。朝方目覚めた私は、噴火湾から眺める北海道の景色の明るさに目を奪われ、ブラキストン線の南北ではこれ程景色が違うものかと思いました。この時の私のイメージは、青森は北の最果て、北海道は別世界というものでした。
 青森へはその後、弘前大学の友人を訪ねて旅行する機会があり、金木町の斜陽館などにも訪れ、津軽地方の美しさも印象に残りました。この時は更に函館へも足を延ばしています。2度目の訪問では旅の印象も変わって来るもので、函館の史跡を訪ね歩くうち、江戸時代に既に藩が置かれていた道南地方は津軽地方とそれ程の違いがないと感じるようになりました。しかし今でも道南以外の北海道は別世界というイメージは残っています。これは我が国における開拓のフロンティアという北海道の歴史に拠るものかも知れません。そういう意味で北海道は米国における西海岸と同じような位置づけになるでしょう。
 今は青函連絡船も廃止されて、現在多くの観光客は飛行機で北海道を訪れるのだと思います。しかし、あの青函連絡船の旅も情緒があって良かったと思います。

投稿: Yoshi | 2016年8月 4日 (木) 13時03分

若い頃仕事で函館から木古内や江差に行くことがありました。洞爺丸の浜に干してある烏賊が記憶にあります。この歌は三木たかしさんがまず曲を作り阿久さんが歌詞をつけたことは有名ですが、冒頭の3連符の連続にまあ見事な詞と感嘆します。Yoshiさんの言われるように主人公は失恋で悲し気に見えますが、阿久さんの描く女性像は明大の吉田教授も言われる、辛くても自立した女だと思います。(ジョニーへの伝言など)歌詞の「さよならあなた私は帰ります」のリフレインはきっぱりと女性の方から別れを宣言しているように聞こえます。

投稿: しょうちゃん | 2016年8月 4日 (木) 14時52分

わたしが初めて青函連絡船に乗ったのは、1964(昭和39)年6月17日のことです。どうしてこの日を正確に記憶しているかというと、その前日に新潟下越沖を震源とする「新潟地震」が起こったからです。わたしの故郷で起きた大地震でしたが、家族は既に埼玉の方に越して来ていましたので、身内の安否を心配する必要はありません。故郷の親戚、友人・知人の安否は気がかりですが、折角休暇をとっての北海道旅行です。後事を家族に託して出発したものの、初めての寝台急行ということもあり、ほとんど眠れないまゝ、翌朝青森駅に着いたのでした。幸いなことに、寝台急行は常磐線回りでしたから、線路点検が比較的早く終わり、定刻を1時間くらいの遅れで出発できたように思います。
 しかし、折角楽しみにしていた青函連絡船の旅は、半世紀も前のこともあり、ほとんど記憶にありません。睡眠不足の上、新潟地震のことが脳裡から離れなかったこともあったのでしょう。ただ、記憶にあるのは、修学旅行の女子高生の一団が、嬌声を上げながら見送りの人に「紙テープ」を投げていたことくらいです。わたしは見送る人もない一人旅でしたから、余計印象に残っていたのかもしれません。後から聞きましたが、この「見送りテープ」の習慣は、後日転落事故があったとかで廃止されたとのことですが、本当でしょうか。
 北海道旅行中、常に頭から離れなかった新潟地震は、その後石油コンビナート火災として燃え広がり、わたしが3泊4日の旅行から帰っても燃え続け、完全消火まで12日間を要しました。この地震による死者数26名は、マグニチュード7.5の規模では奇跡的だそうです。
 

投稿: ひろし | 2016年8月 7日 (日) 14時47分

 青函連絡船と言えば、我が国最大の海難事故、洞爺丸事故が想起されます。この事故が発生したのは1954年(昭和29年)です。
 夏になると寄席などで怪談が演じられますが、巷の怪談に良くある話として、乗せたはずのタクシーの客が目的地に着いたら消えており、雨の日でもないのにその客の座っていたシートがぐっしょりと濡れていた….という類の話があります。実は我が国でこの手の怪談が語られるようになったのは洞爺丸事故の後からだそうです。当時いかにこの海難事故が衝撃的であったかを計り知ることができます。因みに水上勉の『飢餓海峡』は洞爺丸事故を題材にして書かれています。

投稿: Yoshi | 2016年8月 9日 (火) 20時43分

 洞爺丸の遭難事故は小学校6年ぐらいでした。九州の南端にいましたが、新聞で知りました。これまで2回ほど北海道に行きましたが、飛行機です。
 そう言えば最近紙テープを見かけなくなりました。ま、そういう場面に行かない事もあるのでしょうが。
 また、「水上勉」の「飢餓海峡」は洞爺丸事故を題材にしているのですか。そうですか。読んでみたくなりました。

投稿: 今でも青春 | 2016年8月10日 (水) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブランデーグラス | トップページ | 夢のお馬車 »