« 津軽海峡・冬景色 | トップページ | 南国土佐を後にして »

夢のお馬車

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:斎藤信夫、作曲:海沼 実

1 金のおくらに 銀の鈴
  夢のお馬車が シャンシャンと
  青いポプラの 並木道を
  むちをふりふり かけていく

2 るりやしんじゅの かざり窓
  赤いたづなで シャンシャンと
  かわいひめさま 王子様を
  のせてぱかぱか どこへいく

3 金のかんむり 銀のくつ
  二人並んで シャンシャンと
  めえめえやぎさん たのしそうに
  遊ぶ牧場(まきば)を かけていく

4 白いお馬の 二頭立て
  虹のかけ橋 シャンシャンと
  遠い御殿(ごてん)の 夢のお馬車
  はるかちらちら まだ見える

《蛇足》 NHKの注文で作られ、昭和22年(1947)1月に放送されました。
 聴取者からの要望で繰り返し放送され、多くの子どもたちに愛唱されたことから、コロムビアがレコード化して発売しました。

 街にはまだ浮浪児と呼ばれたストリート・チルドレンや、親を失って施設に収容された子どもたちがあふれていました。川田正子と音羽ゆりかご会が澄んだ声で歌うこの明るく活発なメロディは、そういう子どもたちに夢と希望を与えたと伝えられています。

(二木紘三)

|

« 津軽海峡・冬景色 | トップページ | 南国土佐を後にして »

コメント

戦争にかかわる童謡を聴くときはいつもこみ上げてくるものがあります。
私は昭和22年3月に満州から引き揚げてきました。

私にとってイメージは違うのですが、浮浪児とストリートチルドレンはそう、同じですね。

いま、フィリピンのそのチルドレンに送るノートなどを入れる
巾着袋を縫っています。

投稿: 高木ひろ子 | 2008年3月 9日 (日) 09時41分

私の家族も昭和22年3月に大連から引き揚げてきました。私は日本で生まれましたが,この歌を母がよく歌ってくれたのを幼心に覚えています。ちんから峠,歌を忘れたカナリヤという歌とともに,懐かしい歌です。その母ももう77になりました。引き揚げてきて何も娯楽がなかった田舎でラジオは,きっと家族に希望を与えてくれたんでしょうね。

投稿: Hideki | 2008年5月 1日 (木) 23時20分

この歌、歌詞の言葉の用い方が「月の砂漠」とよく似てますよネ・・

ま、要らざることを言うのは、ヨシ子さん

投稿: 伊藤 | 2008年5月 2日 (金) 08時05分

高木ひろ子さんHidekiさんのご家族は、昭和22年3月引き上げですね。
私は、21年6月です。私は比較的南朝鮮に近い北朝鮮だったので9ヶ月早く帰れたのでしょう。
あのころは、子どものための歌を子どもの歌手が歌って、それを親たちも歌っていました。貧しくとも親と子の心が通い合っていました。いつもお腹をすかして、つぎはぎの着物を着て、よく怒られたけど楽しかった・・・。

投稿: 周坊 | 2008年5月 3日 (土) 12時34分

heart04こんにちは。
小学校の学芸会で歌った覚えがあります。
何度もお辞儀の練習をさせられて。。。
ピアノのお辞儀の音まで聞こえてきそうです。
私の子供達の時には学芸会という言葉が死語に
なって音楽会になっていました。
劇などはモンスタ-ペアレントの所為で
行えなくなっているのが現状のようです。

幼稚園の先生をしていた友人が言っていましたが
劇の中で「ごめんね」と謝るシ-ンがあると
親御さんが「何で俺とこの子供がアイツに謝らなあかんねん」
とねじ込んでくると言う事で。。。。

どうなるんでしょうね???これから。。。。

投稿: sunday | 2008年8月12日 (火) 16時38分

【「夢のお馬車」の歌い方について】  少女歌手の川田正子は、一番は「ムチをふりふり かけてくる」と歌い、二・三番は「どこへゆく」「てゆく」と歌いました。これは、海沼實が口移し(ワンフレーズずつ歌って教える)で教えたとおりに歌ったためです。海沼實自筆の楽譜で確認できます。この楽譜は『童謡詩人 斎藤信夫のあしあと』(成東町教育委員会発行)6ページで見ることができます。  しかし、大人になった川田正子は、斎藤信夫が書いた詩のように一番から三番まで「いく」と歌いました。四番の「お馬」は、少女時代も大人になってからも「おんま」と歌っています。この歌い方について「当時の子供たちは、馬が通ると『おんまだ、おんまが通るよ』と指さして言ったものです」と川田正子さんから教えていただきました。【「童謡はおやつ」海沼實の言葉】 川田正子によると、当時の子供たちが童謡 に飛びついたのは、学校で習う堅苦しい唱歌とは違う楽しさがあったからでし た。海沼先生は「唱歌が主食だとしたら、童謡はおやつだね」と語っていまし た。
      池田小百合―なっとく童謡・唱歌より

投稿: 海道 | 2012年5月31日 (木) 16時42分

終戦直後はまだトラックもなく、輸送は荷馬車でした。小さい子供は「おんまさん」と呼んでいましたね。この当時は悲しく淋しい童謡が多かったのですが、「夢のお馬車」は珍しく軽やかで楽しい歌でした。馬をうたった歌は優しい愛情があふれるものが多いですね。人間との関わり合いが深かったからでしょうか。おやつは食事よりも美味しくて子供には嬉しいものです。いい歌がいっぱいあって年を経ても楽しめるのは童謡作家のおかげですね。

投稿: ハコベの花 | 2012年6月 3日 (日) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 津軽海峡・冬景色 | トップページ | 南国土佐を後にして »