« 詩人の魂 | トップページ | 昭和ブルース »

ハバロフスク小唄

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


補作詞:野村俊夫、作曲:島田逸平、
唄:近江俊郎/伊藤久男

1 ハバロフスク ラララ ハバロフスク
  ラララ ハバロフスク
  河の流れは ウスリー江
  あの山もこの谷も 故郷(ふるさと)
  想い出させる その姿

2 母の顔 ラララ 母の顔
  ラララ 母の顔
  浮かぶ夜空に 星が出る
  ただひとつ呼んでいる あの星は
  遠い我が家の 窓あかり

3 元気でね ラララ 元気でね
  ラララ 元気でね
  やがて帰れる その日まで
  今宵また逢いに行く 夢で行く
  可愛いあの娘(こ)の 枕元

《蛇足》 ハバロフスクは、アムール川とウスリー川合流点のすぐ下流にある極東シベリアの中心都市です。写真は現在のハバロフスク。旧ソ連時代、この近辺には強制収容所がいくつかあり、敗戦後、多くの日本軍将兵や民間人が抑留され、強制労働に従事させられていました。

 作曲家・米山正夫もその一人でした。彼は収容所で覚えたある歌を多くの人にも歌ってほしいと思い、帰国後、記憶を頼りに楽譜に起こし、作詞家・野村俊夫に歌詞を補作してもらって、1つの作品に仕上げました。それが『ハバロフスク小唄』です。

 この歌は、近江俊郎が吹き込んで、コロムビアレコードから昭和24年(1949)4月に発売され、一躍多くの人たちの口の端にのぼりました。

 ところが、その後、この歌は昭和15年(1940)に林伊佐緒が吹き込んだ『東京パレード』(作詞:中川啓児、作曲:島田逸平)の替え歌だったとわかりました。コロムビアはあわてて発売を中止しましたが、そのときにはすでに相当数を売り尽くしていました。

 元歌の発売元・キングレコードは歌詞を作り直して、昭和35年(1960)に発売しましたが、あまり売れませんでした。この時期にはもう、敗戦前後のさまざまな」記憶が鮮烈さを失いつつあったからでしょう。

 吉田正作曲の『異国の丘』とともに、シベリア抑留者の悲哀を今に伝える歴史的な1曲です。

 なお、曲名や歌詞は「ハバロフスク」ですが、たいていの人が「ハバロスク」と歌っていました。

(二木紘三)

|

« 詩人の魂 | トップページ | 昭和ブルース »

コメント

 昭和24年の「ハバロフスク小唄」は売れたが、昭和35年の改定版は売れなかった。戦争の記憶をいまわしいと思う、忘れたいと思う傾向がでてくる。人間とは忘れやすい動物なのかとすこし考えました。
 「異国の丘」は知名度も高く、このサイトのコメントも多い。きっと日本人好みなのだろう。悲痛さの純度100%の歌です。
 しかしこの「ハバロフスク小唄」は小唄というとおり手拍子もOKの、すこしふざけた調子の歌だ。抑留者には死亡率の高さが語っているとおり、過酷な強制労働の日々があった。「可愛いあの子の枕元」といったくだけた歌詞でもないとやってられなかったのでしょう。苦しいからこそ、から元気を出してでも乗り切らねばならなかったと思います。わかるような気がします。「可愛いあの子の枕元}のところは女性から総スカンをくらいそうな感じ、それもわかります。 

 大阪市大正区に「クラスノ」という居酒屋があります。昭和24年にできた老舗酒場です。ここの主人がかつてシベリアのクラスノヤルスクの収容所に抑留されていたことからつけられた店名です。95歳の主人は出し巻きがとくに上手いそうです。私は一度訪問したが定休日でした。

投稿: 七色仮面 | 2012年11月 8日 (木) 02時11分

追記
 居酒屋「クラスノ」の壁にかけてある言葉

クラスノヤルスク、ソ連の中央に当たる街です
抑留中の苦労をしのび 
いかなる難関にもたえ
今をくいなく
我が身をやしない
世の為人の為

投稿: 七色仮面 | 2012年11月 8日 (木) 02時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 詩人の魂 | トップページ | 昭和ブルース »