« 夜霧の第二国道 | トップページ | 詩人の魂 »

あばよ

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞・作曲:中島みゆき、唄:研ナオコ

1 何もあの人だけが 世界中でいちばん
  やさしい人だと限るわけじゃあるまいし
  たとえば隣の町ならば となりなりに
  やさしい男はいくらでも いるもんさ
  明日(あした)も今日も 留守なんて
  見えすく手口 使われるほど
  嫌われたなら しょうがない
  笑ってあばよと 気取ってみるさ
  泣かないで泣かないで 私(あたし)の恋心
  あの人はあの人は お前に似合わない

2 あとであの人が聞きつけて ここまで来て
  あいつどんな顔していたと たずねたなら
  わりと平気そな顔してて あきれたねと
  忘れないで冷たく 答えて欲しい
  明日も今日も 留守なんて
  見えすく手口 使われるほど
  嫌われたなら しょうがない
  笑ってあばよと 気取ってみるさ
  泣かないで泣かないで 私の恋心
  あの人はあの人は お前に似合わない

  明日も今日も 留守なんて
  見えすく手口 使われるほど
  嫌われたなら しょうがない
  笑ってあばよと 気取ってみるさ
  泣かないで泣かないで 私の恋心
  あの人はあの人は お前に似合わない
  泣かないで泣かないで 私の恋心
  あの人はあの人は お前に似合わない

《蛇足》 別れ歌の詩人・中島みゆきの傑作の1つ。昭和51年(1976)10月にレコード発売。

 この歌でも、同じ中島みゆき作品の『かもめはかもめ』でも、研ナオコの抑えた歌唱が歌の雰囲気を十分に生かしていました。

 サビの2行がなんとも切ないですね。嫌われた以上、「私には似合わない人だ」と自分に言い聞かせるしかありません。
 ただ、恋を失っても、「人を好きになれた」という幸せだけは残るはずですが……。

(二木紘三)

|

« 夜霧の第二国道 | トップページ | 詩人の魂 »

コメント

突然失礼します。ご面倒をおかけしますが、御存知の方がおられましたらお教えいただければ幸いです。昭和30年代に聞いた島倉千代子の「すずらん哀歌」の歌詞を探しています。また、井上ひろしが歌っていたと思われる『君の名前を呼びながら、悲しい夢から覚めました,いつの間にやら夜が明けて,雨がしとしと降っていた、楡の花咲く青い屋根」の曲名を御存知の人もよろしくお願いします。共に青春の歌だと思います。

投稿: 昭和の庶民史を語る会 | 2008年1月 2日 (水) 11時51分

天才 中島みゆき先生の 曲有難うございます。
 一般的でない?のは
 遍路・狐狩り・タクシードライバー

などあります。
中島みゆき先生は 北海道帯広の
 産科医院の お嬢さんらしいですね。
Pop コンで 優勝

 しかし 歌うのは難しい曲が多いように
 思います。

投稿: 二宮 博 | 2008年1月11日 (金) 00時42分

遅ればせながら新年の御挨拶を申し上げます。早々に「あばよ」「詩人の魂」と、素敵な曲を楽しませていただきありがとうございます。
昔、紅白で研ナオコがセンスの良い黒いベルベットのドレスで唄った場面が印象的でした。(かもめはかもめだったかも知れません・・・)中島みゆきの作品の中でこの歌は大好きす。あの頃からキャリアウーマンとして、女性は強くより美しく輝こうとしていました。失恋ぐらいでメソメソ泣かない!どんな時でも自分を客観視できる人って「いいなぁー」と思ったものです。その後「地上の星」や、近年「Dr.コトー 診療所」の挿入歌「銀の龍の背に乗って」などは、女性ばなれした大きなパワーと知性を感じ、やはり中島みゆきの世界は別格だという思いがいたします。

投稿: 大原女 | 2008年1月14日 (月) 10時03分

いつも有難うございます。以前、お聞きしていた「すずらん哀歌」の歌詞、他で教えてもらいました。有難うございます。返事が大変送れて申し訳ありません。また、井上ひろし?の「君の名前を呼びながら、、、、」の曲名、歌詞がわかれば教えてください。よろしくお願いします。

投稿: 昭和の庶民史を語る会 | 2008年2月23日 (土) 19時43分

いつも有難うございます。島倉千代子の唄、すずらんの花?「すずらん、すずらん、すずらんの花咲く頃が、別れかと、悩んでないた16の、あなたと呼んで見たくなる、ああ恋かしら、あの頃は』?こんな歌詞の曲名を御存知の方がおられましたらお知らせいただければ幸いです。昭和30年代?わからないことだらけですがよろしくお願いします。

投稿: 昭和の庶民史を語る会 | 2009年5月24日 (日) 18時50分

昭和の庶民史を語る会 様
カラオケボックスで曲名入力のリモコンに 歌いだし歌詞を入力すると 曲名が出ますよ!!必ずというわけではありませんが 一度ためしてみてください。

投稿: 二人三脚 | 2009年5月24日 (日) 20時06分

先生の仰る通り最後の二行が何とも言えませんですね。
井上ひろしの歌は「今夜は君を離さない」でしょうか?
自信はありません。

投稿: 海道 | 2009年5月27日 (水) 16時46分

♪もしもあの人が聞きつけてここまで来て あいつどんな顔していたとたずねたならわりと平気そうな顔しててあきれたねと 忘れないで冷たく答えて欲しい、友達に「あの人に忘れないで冷たく答えることを、私が望んでいると」たぶん。よくわからんけど、それが乙女心なんでしょうね?いや乙女の意地かも。読めばかなり悲しい。

投稿: 海道 | 2012年9月27日 (木) 05時38分

井上ひろしが歌っていたと思われる『君の名前を呼びながら、悲しい夢から覚めました,いつの間にやら夜が明けて,雨がしとしと降っていた、楡の花咲く青い屋根」の曲名を御存知の人もよろしくお願いします。共に青春の歌だと思います。
昭和の庶民史を語る会 | 2008年1月 2日 (水)

長い間、探していた歌が、わかりました。偶然、ユーチューブで見つけました.井上ひろしの『雨の旅愁』(昭和38年?)だとわかりました。有難うございました。

投稿: 昭和の庶民史を語る会 | 2015年12月22日 (火) 17時34分

『雨の旅愁』作詞星野哲郎、作曲前田利克、編曲小林郁夫(昭和38年2月発売)歌手井上ひろし
1「君の名前を呼びながら、悲しい夢から覚めました,いつの間にやら夜が明けて,雨がしとしと降っていた、楡の花散る丘のホテルの赤い屋根」~懐かしい学生時代の思い出に浸りながら静かに歌いたいものです
2「愛はとこしへ惜しみなく与えるものと知りながら好きな人ゆえ美しい虹を心にだいていたあれがこの世のながい別れと知らないで」3「春は戻ってくるけれど燕はかえってくるけれど君は帰らず黒ゆりの花はひとりで咲くだろう鐘も泣け泣け雨の港のトラピスト」~近いうちにカラオケで歌えれば有難いが!
3.学生時代に好きで歌っていた井上ひろしの大好きな歌、長い間、探していた曲名が、偶然、ユーチューブで見つけた。『雨の旅愁』(昭和38年?)。久しぶりに聞き、涙が流れた。歌詞を覚えていたが、曲名がわからず、気にしながらもそのままにしていたのが、半世紀もして見つけられてのは有難い。感激!

投稿: 昭和の庶民史を語る会 | 2015年12月23日 (水) 15時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜霧の第二国道 | トップページ | 詩人の魂 »