« 夜汽車 | トップページ | 遠き山に日は落ちて(家路) »

宗谷岬

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:吉田 弘、作曲:船村 徹、唄:千葉紘子/ダ・カーポ

1 流氷とけて 春風吹いて
  ハマナス咲いて カモメもないて
  はるか沖ゆく 外国船の
  煙もうれし 宗谷の岬
  流氷とけて 春風吹いて
  ハマナス揺れる 宗谷の岬

2 吹雪が晴れて 凍(しば)れがゆるみ
  渚の貝も 眠りがさめた
  人の心の 扉を開き
  海鳴り響く 宗谷の岬
  流氷とけて 春風吹いて
  ハマナス揺れる 宗谷の岬

3 幸せ求め 最果ての地に
  それぞれ人は 明日を祈る
  波もピリカの 子守のように
  想い出残る 宗谷の岬
  流氷とけて 春風吹いて
  ハマナス揺れる 宗谷の岬

《蛇足》 宗谷岬に特別の思い入れがあった船村徹は、何度か現地に足を運んでイメージ作りをして、それを曲に表しました。
  昭和49年
(1974)、稚内(わっかない)在住の作詞家・吉田弘がこれに歌詞をつけました。彼は、歌にありがちな嘘はいっさい排除し、地元の人たちに長く愛唱されるような歌を、と考えて作詞したといいます。

 その結果、哀調を帯びた船村演歌とはまったく違う、春風のように暖かく伸びやかなフォークソングができあがりました。
 同年、千葉紘子が吹き込みましたが、一般には広まらず、ほとんど地元だけで歌われていました。

 昭和51年(1976)、NHK旭川放送局のスタッフが宗谷に取材に行った折、この歌を発掘、同年4月、ダ・カーポの歌で「みんなのうた」の1曲として放送され、全国に知られるようになりました。

 宗谷岬は日本の実効支配が及んでいるうちでは最北端の地ということで、もともと旅行客の多い場所でしたが、この歌のヒットにより、訪問者が激増したといわれます。

 3番のピリカはアイヌ語で「美しい」の意。

(二木紘三)

|

« 夜汽車 | トップページ | 遠き山に日は落ちて(家路) »

コメント

ダカーポの 大ファンです。
歌のほうは 弾むような声が素晴らしい。
二木先生の 伴奏は
いままで 聞いたことがないような
演奏ですね。
 有難うございます。

投稿: 二宮 博 | 2008年3月21日 (金) 22時08分

オルゴ-ルのような感じで良いですねぇ。。。heart04

投稿: sunday | 2008年3月24日 (月) 06時58分

 二木さん、ご無沙汰しておりました。「宗谷岬」ゆったりとしたリズムで素敵な曲に仕上がってますね。春の海ひねもすのたりのたりかな(与謝蕪村)の句にあるような雰囲気がただよいます。宗谷岬には何度か足を運びましたが、間宮林蔵がサハリンの方角を指差している大きな像が印象に残っています。

 沖を通る外国船は、どこを目指しているのでしょうか。今、初孫の御守りでサンフランシスコ湾岸のBerkeleyに来ています。80歳前後の日系2世の方々とシニアセンターで交流しました。みなさん、第二次大戦中はキャンプに強制収容された経験をお持ちです。それと、日本への強制送還を受けた方もおられました。日本語を話す機会を月二回の集まりでもっていらっしゃるのです。一緒に日本民謡を歌ってきました。もちろん、かっぽれも踊り、とても喜んでいただけました。では、又。

投稿: tomoe_saloon | 2008年3月27日 (木) 01時06分

カラオケのお友達から二木先生の事をお聞きして私も
歌が大好きなので失礼乍らコメントさせて頂きました。
お気に入りに入れさせて貰いましたのでこれからも
暇を見つけて聴かせて頂きます。

投稿: 川上 槙子 | 2008年4月 6日 (日) 16時49分

この歌は千葉紘子も歌ったのですね。聞いた事がありません。千葉と言えば名曲「折鶴」ですよね。

投稿: M.U | 2008年9月15日 (月) 13時13分

 「知床旅情」の(2)・・・・<岩かげによればピリカが笑う>にもあります“ピリカ”とは何?と最近まで知らなかったのですが、二木先生のアイヌ語で『美しい』と言う意味だとの解説に、目から鱗で・・・娘さんが笑ったので美しいのかもともと美しかったのか・・・
・・・波もピリカの子守のように・・・も『美しい』を置き換え想像すれば、より広くて深いロマンが思われこの歌がとても好きになりました。
見るべきものは二木先生の<蛇足>!有難う御座いました。

投稿: 尾谷 光紀 | 2009年1月13日 (火) 22時23分

昨年の今頃、私は脳梗塞で入院中でした。娘が朝日新聞日曜版を届けてくれました。歌の旅人は宗谷岬です。ダ・カーポの明るい歌声は大好きですが、それと共に掲載の写真に写っているのはサハリンの南端です。遥かに霞んではいますが、あそこは紛れもなく、小生の生まれた大泊町。いや~、懐かしい。この歌が尚一層好きになりました。

投稿: 大門坊 | 2009年6月11日 (木) 00時46分

「ピリカ」は確かにアイヌ語で「美しい」という意味ですが、知床旅情もこの歌でも北日本の海沿いで見られる海鳥の「エトピリカ」を「ピリカ」と略して歌っているのだと思います。「エト」は「くちばし」の意味でその名の通りくちばしの美しい鳥です。宗谷岬付近や知床半島ではポピュラーで愛されている鳥です。海中を飛ぶようにすばやく泳ぐのを水族館で見た事があります。

投稿: 佐藤裕司 | 2009年6月18日 (木) 23時03分

ピリカの解釈についてですが、『知床旅情』のピリカはピリカメノコ(美しい女)の略でしょう。
『宗谷岬』の方はアイヌに伝わるわらべ唄『ピリカピリカ』を指しているのだろうと思います。

投稿: ☆諒 | 2010年1月13日 (水) 19時51分

昭和52年 北海道に行ったとき、稚内に向かう観光バスの車中ではじめて「宗谷岬」を耳にしました。

北海道に詳しく日頃は無口な先輩が口ずさんでいる姿が印象に残っています。

宗谷岬に行くためバスを降りると、ダ・カーポのきれいな歌声がお店から聞こえてきました。
広々とした宗谷海峡の青い海、夏なのに優しく肌をなでる海風、樹木がなく草に覆われたなだらかな丘・・に歓迎されながら 澄み切った温かい歌声を耳にしますと・・「日本人で良かった・・」と感慨にふけりました。

それは 前夜、北方領土から命からがら引揚げてきた友人のお父さんが「恵まれていた北方領土での生活」の話をしてくれたことが耳に残っていたからです。

投稿: けん | 2016年8月10日 (水) 10時22分

 度々のコメント申し訳ありません。
 青春時代に憧れて何度も旅をした北海道に纏わる歌のコメントが続いて嬉しく思います。
 道北では、宗谷岬にはあまり印象が残っていないのですが、稚内港に残る樺太への連絡船のドックの跡と途中で途切れる線路には感慨深いものがありました。
 ところで、私が宗谷岬を訪れた年(1974年)はダカーポのリバイバル前で、他の歌手の歌声が流されていましたが、千葉紘子さんではなかったと記憶しています。この歌には1972年発売の黒木真理という人のレコードが存在しているようです。
http://blogs.yahoo.co.jp/rahyale/35154489.html

投稿: Yoshi | 2016年8月10日 (水) 17時02分

 宗谷岬には行ったことがありません。札幌に行ったとき樺太の郵便局を舞台にした「死んでもブレストをはずすな」という「氷雪の門」の話を聞き感動しました。
 この話を「氷雪の門」は稚内にあると聞きました。またこの話は行かないとよく分からないものと思います。
 宗谷岬という言葉を聞くと「氷雪の門」が連想されます。

投稿: 今でも青春 | 2016年8月11日 (木) 22時14分

 この曲のオリジナルの歌手ですが、先日コメントしたように1972年レコードの黒木真理さんだと思われます。調べた範囲で千葉紘子さんのコピーが1980年です。http://www.chibahiroko.com/data/profile/index.html

投稿: Yoshi | 2016年8月16日 (火) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜汽車 | トップページ | 遠き山に日は落ちて(家路) »