« 城ヶ島の雨 | トップページ | 帰ろかな »

すずらん

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:オリガ・ファジェーエヴァ、作曲:オスカル・フェリツマン
日本語詞・唄:ダークダックス

1 ある夏の夜 静かな森を
  一人歩くとき
  いずこともなく 漂うその香(か)
  すずらんの花よ
  (*)ランディシュー ランディシュー
     やさしい乙女よ
     ランディシュー ランディシュー
     きみこそ

2 すずらんの花 胸に抱いた
  可愛い娘よ
  きみの心は すずらんのよう
  気高く薫るよ
  (* 繰り返す)

3 愛のかおりが 夜にただよう
  今日もまたきみと
  きみとぼくだけ ふたりの花よ
  すずらんの花よ
  (* 繰り返す)

《蛇足》 男声4人のコーラスグループ「ダークダックス」が、歌声喫茶真っ盛りの昭和30年代~40年代に歌ってヒットしました。
 日本にはロシア民謡として紹介されましたが、実際は1959年に発表された旧ソ連のポピュラーソングです。

 原曲は女性が歌う恋の歌ですが、ダークダックスの詞では、男性の恋歌に変わっています。
 昭和40年代以降、日本の歌謡界では男の歌手が女心を歌うのは珍しくなくなりました。しかし、当時はまだそういう例が少なかったので、男性コーラスグループの歌ということで、あえて変えたのでしょう。

 もう1つ奇妙なことがあります。
 すずらんは4月~5月に咲く春の花で、原詞でもそうなっていますが、この歌詞では夏になっています。訳詞者にそのわけを訊いてみなければわかりませんが、初夏の森のほうが初々しい恋の歌には合っていると思ったのかもしれません。

 すずらんはユリ科の多年草で、君影草というロマンチックな別名があります。緑の葉陰に下向きに咲く白い花は、「純潔」という花言葉にぴったり。フランスでは、5月1日にすずらんの花をもらうと幸せになれるといわれています。
 ただし、見た目の可憐さとは逆に、全草毒性が強く、うっかり食べると大変なことになります。

 ダークダックスは、慶應義塾大学の合唱団「ワグネルソサエティ」のメンバーだった4人が昭和26年(1951)に結成したヴォーカルグループ。当初はジャズや黒人霊歌を中心に歌っていましたが、やがてロシア民謡や山の歌、抒情歌などを歌うようになって人気が上がってきました。
 同じころ、ボニージャックスやデューク・エイセスなど、同じような男声ヴォーカルグループが活動していました。歌のうまさでは甲乙つけがたいライバル同士でしたが、一般への人気という点では、ダークダックスが一頭地を抜いていました。

(二木紘三)

|

« 城ヶ島の雨 | トップページ | 帰ろかな »

コメント

耳に残る とはこういう歌を
 いうのでしょうか。
あと かねての疑問は
 
 星影さやかに 澄みゆく御空 

 から 歌いだす
 たしか ピレネー地方の
 民謡と 見た記憶がありますが
 確認できないのがざん念です。

いつも有難うございます。

投稿: 二宮 博 | 2008年4月 8日 (火) 23時03分

ダークダックス、好きでした。パクさんや、きそうさん、マンガさん、ぞうさんの4人で、素敵でした。昔は歌声喫茶にも行きましたが、今も歌声喫茶が出来ているようですね。歌を歌うことは健康にも良いそうです。こちらに来させていただいて、歌うのも楽しみになりました。有難うございましたm(__)m

投稿: 摂チャン | 2010年5月 7日 (金) 22時50分

二宮 博さんがお探しの曲は、 「追憶」 (スペイン民謡 訳詩古関 吉雄)ではないでしょうか。下記を をクリックしてみてください。

http://bunbun.boo.jp/okera/w_shouka/s_sengo/ch3_tui_oku.htm

投稿: 眠り草 | 2011年6月17日 (金) 20時14分

幼い時から二十数年を札幌で過ごした私には、すずらんは身近な花でした。小学校ではスズランを活けた水も、毒があるので飲んではいけないと教わったり、薄い色水にスズランを挿して花の色が染まるのを観察したものでした。今は乱獲で自生のスズランが少なくなってしまったと聞くのは寂しい限りです。道北は若い時に稚内と利尻礼文を旅したことがありますが、時間が無くてサロベツ原野を歩けなかった事が悔やまれます。すずらんの咲く6月頃に訪れてみたいと夢を見ています。
ところで、この歌の「ランデシュー」はどういう意味なのでしょうか……。ダークダックスが歌っていた頃から、ずっと不思議に思っていました。

投稿: 眠り草 | 2011年6月18日 (土) 08時36分

歌詞は“ランディシー”ロシア語で“すずらん“だそうです。
「ЛАНДЫШИ」で検索して上の「画像」へ行くと、
http://www.google.com/search?q=%D0%9B%D0%90%D0%9D%D0%94%D0%AB%D0%A8%D0%98%E3%80%80&hl=ja&um=1&biw=995&bih=835&ie=UTF-8&tbm=isch&source=og&sa=N&tab=wi

投稿: なち | 2011年6月18日 (土) 11時14分

なちさん、ありがとうございます。長年の謎が、お陰さまで解けました。クリックすると素晴らしい画像が……清らかな香りがあふれるよう……しばらくの間、感激のあまり言葉も無く眺めるばかりでした。すずらんの赤い実も写っていました。馬は毒があることを知っていて(?)食べないのだとか…。神様は可憐なすずらんに身を守るために毒を持たせたのかも知れません。

投稿: 眠り草 | 2011年6月18日 (土) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 城ヶ島の雨 | トップページ | 帰ろかな »