« 達者でナ | トップページ | 思い出のグリーン・グラス »

紅屋の娘

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:野口雨情、作曲:中山晋平、唄:佐藤千夜子

1 紅屋で娘の いうことにゃ
  サノ いうことにゃ
  春のお月様 うす曇り
  トサイサイ うす曇り

2 お顔に薄紅 つけたとさ
  サノ つけたとさ
  私も薄紅 つけよかな
  トサイサイ つけよかな

3 今宵もお月様 空の上
  サノ 空の上
  一はけさらりと 染めたとさ
  トサイサイ 染めたとさ

《蛇足》 大正13年(1924)、『令女界』の3月号に『春の月』という題名で曲と詞が発表されました。
 『令女界』は、今の'an.an'、'non.no'等に相当する女性誌で、二十歳前後の女性を対象としていました。上の写真は、左が昭和3年
(1928)3月号、右が昭和4年(1929)4月号の表紙。

 昭和4年(1929)5月、日活映画『東京行進曲』の主題歌として同名のレコードが発売されましたが、そのB面に入っていたのがこの曲でした。ただし、タイトルは『紅屋の娘』に変えられました。

 『東京行進曲』は日本における映画主題歌の第1号で、大ヒットとなりました。それにつられるかのように『紅屋の娘』もヒットしたので、日活と東亜キネマが競作で映画化しました。

 紅屋は要するに化粧品屋で、紅花から取った頬紅や口紅を貝殻の皿に入れて売っていたことから、一般には紅屋と呼ばれていました。

 「春の目覚め」を迎えた娘たちは、情緒の揺れが大きくなり、何か物思いにふけっていたかと思うと、意味もなくソワソワし、つまらないことに笑い転げ、すぐメソメソし、あらぬ事を口走ったりします。一見支離滅裂な歌詞には、そうした年頃の娘の心情がよく表されています。

(二木紘三)

|

« 達者でナ | トップページ | 思い出のグリーン・グラス »

コメント

二木先生、本当に懐かしい歌を有難うございます。明治39年
生まれの私の母が、口ずさんでいた日を、懐かしく思い出し
ながら、何度も聴いてしまいました。思い出の中の母は、まだ
若い姿をしておりますが、私自身喜寿を迎えた今、母はどんな
気持ちで晩年を過ごしたのかと、そんなことばかり考えて
しまうこの頃、幼いころ見た丸髷姿の母を偲びながら、久しぶり
に嬉しい気持ちで聴かせて頂いております。有難うございました。

投稿: れいこ | 2008年9月23日 (火) 07時41分

懐かしいですね。わたしの母(明治41年生まれ)も生前家事をしながらよく歌ってました。ですから小学生だったわたしも、自然に覚えてしまったんですが、母がこの歌を唄っていたのは戦後なんです。戦時中は重大な戦局にかんがみ、“軽佻浮薄”な歌として軍部が唄わせなかったんだろうと思いますが、戦後40歳近い母が好んでくちずさんでいたことを思い出すにつけ、この歌が発売当時、如何に若い女性の心を惹きつけていたか、分かりますね。二木様ありがとうございました。

投稿: ひろし | 2008年9月24日 (水) 15時20分

二木先生、この歌は日露戦争に行ったこともある祖父が好きな歌でした。祖父は昭和45年に亡くなりましたが、この歌を聴くと生き生きと思い出します。アップしていただいてありがとうございます。

投稿: 江尻 陽一 | 2008年10月15日 (水) 21時47分

お年寄りの施設でよくご一緒して歌いますが、先日「トサイサイ」って?というご質問を頂きました
合いの手ではと思いますが、少し変わっているのでこの語源など教えて頂けますか

投稿: 上野真理子 | 2009年4月21日 (火) 07時19分

私は団塊世代ですが大正3年生まれの母が唄っていた事を覚えています。おそらく小学校以前だとい思いますが何故かこの歌だけ覚えています。久しぶりに聞いたときは感動しました。日光の竹下夢二美術館にはた夢二が書いた挿絵つきのSPレコードのジャケットとレコードがありました。残念ながらこの絵の複製は売っていませんでした。

投稿: 冨太郎 | 2011年2月12日 (土) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 達者でナ | トップページ | 思い出のグリーン・グラス »