« 武田節 | トップページ | スカボロ・フェア(詠唱付き) »

夜明けのうた

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:岩谷時子、作曲:いずみたく、唄:岸 洋子

1 夜明けのうたよ あたしの心の
  きのうの悲しみ 流しておくれ
  夜明けのうたよ あたしの心に
  若い力を 満たしておくれ

2 夜明けのうたよ あたしの心の
  あふれる想いを わかっておくれ
  夜明けのうたよ あたしの心に
  大きな望みを 抱(だ)かせておくれ

              (間奏)

3 夜明けのうたよ あたしの心の
  小さな倖(しあわ)せ 守っておくれ
  夜明けのうたよ あたしの心に
  思い出させる ふるさとの空


《蛇足》 昭和38年(1963)に日本テレビ系列のテレビドラマ『ぼうや』の主題歌として作られましたが、ヒットしたのは翌年、岸洋子が歌ってからです。

 戦前にも、奥田良三や藤山一郎が歌った『夜明けの唄』というNHK国民歌謡(ラジオ歌謡の前身)があります。歌詞にもメロディにも、「国民はすべからく健全な生活をすべし」を押しつけるような感じがあり、早朝就寝という「不健全な生活」を長年送ってきた私としては、あまり好きになれません。
 早朝就寝という生活は、自分では不健全とは思っていませんが、体内時計がズレているという意味では不健康といえるかもしれません。

 いずれにしても、私は官もしくはお上の意思が背後にあると感じられる歌は好みません。

 朝の爽やかさを素直に謳う岩谷・いずみたく版のほうが気持ちよく聴けます。岸洋子の深みのあるアルトが安らぎを感じさせてくれました。

(二木紘三)

|

« 武田節 | トップページ | スカボロ・フェア(詠唱付き) »

コメント

 きのうの悲しみ 流しておくれ・・・若い力を 満たしておくれ・・・大きな望みを 抱(だ)かせておくれ・・・小さな倖(しあわ)せ 守っておくれ・・・
 岸洋子の歌い方と雰囲気は、定年を過ぎて気力・体力・意欲の衰えを多少なりとも感じている自分への応援歌のような気がします。
 懐メロ番組や、撮りだめしたビデオをみると、故人となった裕ちゃん・ひばり・チエミ・松尾和子・岸洋子等など今の自分より若い姿が映し出されているが、その姿は自分より永遠に先輩であり、不思議な感覚になるときがあります。
 
 

投稿: かんこどり | 2009年10月21日 (水) 18時47分

先日、作詞家の岩谷時子が文化功労賞を受賞しました。同郷の島根県大田市(石見銀山世界遺産のある所)の出身です。
この曲はスケールが大きく、大変好きな曲です。
時子さんは93歳になられたようですが、お元気で長生きをしてください。

投稿: 三瓶 | 2009年10月29日 (木) 16時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 武田節 | トップページ | スカボロ・フェア(詠唱付き) »