« バラ色の人生(ラ・ヴィ・アン・ローズ) | トップページ | 帰らぬひとを… »

男一匹の歌

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:夢 虹二、作曲:佐藤長助、唄:岡 晴夫

1 赤い夕陽は 砂漠のはてに
  旅を行く身は 駱駝(らくだ)の背中(せな)
  男一匹未練心は さらさらないが
  なぜかさびしい 日暮れの道よ

2 昨日ラマ塔の 花咲くかげで
  ちらと見た娘(こ)の 似ている瞳
  男一匹何もいうまい 昔の夢だ
  空にゃほのかに 七つの星よ

3 月の出潮は 心がぬれる
  吹くなモンゴーの 砂漠の風よ
  男一匹あすの希望を 心に秘めて
  行けば鳴る鳴る 駱駝の鈴よ

《蛇足》 昭和14年(1939)に『赤い夕陽は沙漠の果てに』というタイトルでキングレコードから発売されました。ソ満国境で活動していた特務機関員にとくに愛唱されたという話です。

 昭和23年(1948)、タイトルを『男一匹の歌』と変えて再発売され、ヒットしました。

(二木紘三)

|

« バラ色の人生(ラ・ヴィ・アン・ローズ) | トップページ | 帰らぬひとを… »

コメント

またまた懐かしい歌をありがとうございます。わたしはこの歌を聞くと、なぜか戦時中の国定教科書で読んだ、うろ覚えの「赤い夕日の満州は‥‥」という叙景詩を思い出します。そのページには、真っ赤な夕日が高粱畑の果てに沈む画があって、こどもの心に、当時、王道楽土と謳われた満州への憧憬を強く訴えるものでした。わたしのいとこの家族が新京(現在の長春)にいたこともあって、わたしもやがては満州に行くんだ、と夢を膨らませていた頃でした。敗戦後、満州はけっして王道楽土などではなく、満蒙開拓義勇団の悲劇にみられるように国策遂行の犠牲となった鎮魂の大地であることが明るみに出ましたが。
 この歌とわたしのこどもの頃の夢がなぜつながっているのか、われながら不思議なのですが、この歌の「赤い夕日‥‥」の出だしが、教科書の詩の出だしと同じだったからかも知れません。

投稿: ひろし | 2009年11月23日 (月) 15時45分

二木様
曲名を現在通用しているもので表記すると、いう二木さんの編集方針だと理解は出来ますが、ひとつ悩ましい点があります。
戦後吹き込んだ「男一匹の唄」の一番の最後「日暮れの道よ」は、戦前盤では「日暮れの風よ」になっています。この違いが起きた理由は、寡聞にして知りません。「道」のほうは、ちょっと散文的になっているかな、と感じます。

投稿: 周山 | 2010年7月 6日 (火) 11時30分

始めまして。
7月に御投稿の周山様の御指摘は大変興味深く思いました。大分、時間が経ちましたが、私の、独断的な意見を
述べてみます。
 一番の「日暮れの道よ」ですが、戦前盤では「日暮れの風よ」だった由。作詩上の技術論からみますと、三番に「砂漠の風よ」とあり、なんだか「風」ばかりの風景描写になるので、そのあたりを新盤製作の時、改めたのではないかと、推論いたします。
 もっとも、砂漠に「道」があったっけ?という御意見があるかもしれませんね。ともあれ、私の勝手な想像で
すので、悪しからずお許し下さい。

投稿: 絵巻 | 2010年11月18日 (木) 13時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バラ色の人生(ラ・ヴィ・アン・ローズ) | トップページ | 帰らぬひとを… »