« 大きな栗の木の下で | トップページ | 黒いパイプ »

湯島の白梅

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:佐伯孝夫、作曲:清水保雄、唄:藤原亮子・小畑 実

(女)
  湯島通れば 想い出す
  お蔦(つた)主税(ちから)の 心意気
  知るや白梅 玉垣(たまがき)
  残る二人の 影法師

(男)
  忘れられよか 筒井筒(つついづつ)
  岸の柳の 縁むすび
  かたい契りを 義理ゆえに
  水に流すも 江戸育ち

(男女)
  青い瓦斯燈(がすとう) 境内を
  出れば本郷 切通(きりどお)
  あかぬ別れの 中空(なかぞら)
  鐘は墨絵の 上野山

《蛇足》 文豪・泉鏡花が明治40年(1907)元旦から4か月間、『やまと新聞』に連載した小説『婦系図(おんなけいず)』をテーマとした歌。

 歌自体は、昭和17年(1942)7月、東宝映画『続婦系図』(マキノ正博監督)の公開に合わせて、『婦系図の歌―湯島の白梅―』として作られました。当時の新聞広告では「東宝映画主題歌」となっていますが、映画の中では歌われていません。戦後、『湯島の白梅』と改題されました。

 『婦系図』は、尾崎紅葉の『金色夜叉』、徳富蘆花の『不如帰(ほととぎす)』とともに、明治の三大メロドラマともいうべき作品で、大ベストセラーになりました。3つとも、人口に膾炙(かいしゃ)した名ゼリフが含まれていることで有名です。

 『金色夜叉』では、熱海の海岸での寛一のセリフ、『不如帰』では、逗子(ずし)の海岸で浪子が夫・武男にいう「なおりますわ、きっとなおりますわ、――あああ、人間はなぜ死ぬのでしょう! 生きたいわ! 千年も万年も生きたいわ!」というセリフ。

 『婦系図』では、東京本郷の湯島天神社頭で、早瀬主税がお蔦と交わす次のセリフ。

早瀬 月は晴れても心は暗闇だ。
…………

お蔦 切れるの別れるのって、そんな事は芸者の時に云うものよ。……私にゃ死ねと云って下さい。

 これらの名セリフは、かつてのラジオ時代には漫才のネタとして盛んに使われました。私も、子ども時代に3つともラジオで覚えました。
 のちに
(たぶん高校のころ)『婦系図』の原作を読んだとき、このセリフや場面がなかったので、不思議に思った記憶があります。そのときは、たぶん芝居か映画にした際に付け加えられものだろう、と思っていました。

 今回調べてみたところ、まさにそのとおりで、明治41年(1908)9月、新富座で初演するにあたって、主演の喜多村緑郎らによって付け加えられたものだということがわかりました。
 この別れの場面はかなり雑駁なものでしたが、場面自体は泉鏡花の気に入り、大正3年
(1914)9月に明治座で上演するに当たって、この場面を鏡花自ら一幕分の脚本『湯島の境内』として書き下ろしました。

 原作は早瀬主税が師によってお蔦と別れさせられる悲恋に、権威主義への反抗を絡ませて描いた小説ですが、これには鏡花の実人生が色濃く反映されているといわれます。
 すなわち、鏡花は神楽坂の芸者桃太郎
(本名:伊藤すず)と同棲したものの、それを文学の師・尾崎紅葉から反対されて、やむなく別れたことがあります。のちに正式に結婚しましたが、このときの経験が小説に投影されているというのです。

 2番に出てくる筒井筒は、筒井(筒状に丸く掘り抜かれた井戸)の上部に取り付けられた木枠のことで、『伊勢物語』などでは幼馴染みの男女を象徴する言葉として使われています。

 上の写真は昭和37年(1962)公開の大映作品『婦系図』における湯島境内別れの場面。三隅研次監督で、主演は市川雷蔵と万里昌代でした。

(二木紘三)

|

« 大きな栗の木の下で | トップページ | 黒いパイプ »

コメント

懐かしい歌をアップしていただきありがとうございます。この歌で小畑実は世に出たんですね。口をすぼめるようにして、高い音域で甘くささやくように唄っていたのが印象的でした。戦後は『高原の駅よさようなら』や、『山の端に月の出る頃』がヒットしてましたね。藤原亮子については、ほとんど印象に残っていません。小畑実ほど特徴がなかったんでしょうか。
 戦後、娯楽に飢えていた人々は競うように素人演劇集団を結成し、悲恋ものや母子ものなどを演じていた記憶があります。わたしの田舎でも、青年団を中心に年に一度、演劇公演があって、その演目の一つに、この「湯島の白梅」がありました。もちろん新派のプロ集団が演ずるのとは天と地の差があるのですが、その日は集落全員が集まるようなメインイベントでした。見せ場の「湯島の境内」の別れの場面ではバックミュージックとして、この曲が流れていました。わたしがこの歌を覚えたのは、多分その時だったように思います。
 一時期とはいえ、全国に澎湃として興った、あの熱気は今はどこに行ってしまったんでしょうね。演劇に限らず、新しい農村や町を建設しようとする若人の情熱と行動力を望むのは、もはやないものねだりなのでしょうか。
 蛇足ですが、わたしが今住んでいるところは、逗子の隣町です。泉鏡花が原作の「婦系図」を書いたのは、この逗子にいた頃だということを意外に知らない人が多いようです。明治30年代の逗子は温暖な気候や東京に近い(といっても、当時は東京から横須賀線で3時間)別荘地として脚光を浴びつつあったようで、泉鏡花に限らず、国木田独歩や徳富蘆花なども滞在した時期がありました。くだっては『さくら貝の歌』の土屋花情や「太陽の季節」の石原慎太郎などもおり、文学碑めぐりには格好の地です。

投稿: ひろし | 2010年2月25日 (木) 12時50分

このメロディ、そして三つの名セリフ、懐かしいです!湯島の境内、ちょうど今頃は白梅が咲いているでしょうね。

投稿: Bianca | 2010年2月26日 (金) 18時54分

昨年10月に夫婦で台北に遊びに行きました。孔子廟に行った時、境内で二人の男性がハーモニカと尺八に似た管楽器(もしかしたら尺八そのものだったのかも知れません)で演奏をしていました。何曲目かに演奏し始めたのが、どこかで聞いたような、、、と思ったらこの曲でした。

我々が日本人であると察して演奏してくれたのかどうかはわかりませんが、改めて台湾は昔は「日本」だったのだなぁと思わされました。「旧宗主国」の人間としてはちょっと複雑な気持ちでした。

投稿: boriron | 2010年3月 4日 (木) 00時39分

小畑実さんは、「なかそら」と発音していたと記憶しています。晩年「たれか夢なき」を唄っていらっしゃいました。急に亡くなったのが惜しまれます。

投稿: Hurry | 2010年3月18日 (木) 17時01分

新派の『婦系図』は先代の水谷八重子のお蔦がはまり役で、何度となくNHKで放送されました。将来を嘱望された主税は真砂町の先生から、芸者と夫婦になるなどもっての他と、お蔦と別れさせられます。主税は少年の頃はスリでしたが、今は更生した書生の身です。しかし、真砂町の先生のお嬢様も実は芸者に産ませた子であり、それが知れて縁談が破談になってしまう相手方の名家の一族も不貞にまみれていることが明らかになります。原作とは多少設定が異なりますが、私には世の中に聖人君子などいないと泉鏡花が訴えかけている気がします。
それにしても『婦系図』という題名は意味深ですね。たとえ不義の子であっても出産をした母親から生まれたことは確かという意味でしょうか。この動物学的特性から、人類の歴史を辿ると母系が正統という時代があったとされています。
遺伝の話になりますが、ミトコンドリアのDNAは母からのみ伝わるDNAであり、ミトコンドリアのDNAを母、祖母、曾祖母...と辿っていくことによって、原生人類がアフリカに存在したある一人の女性(great mother)から派生したことが示唆されています。「これを『婦系図』という」と冗談を言ってみましたが、今の学生には通じませんでした。

投稿: Yoshi | 2011年6月19日 (日) 16時06分

 私は「湯島の白梅」という歌が好きですから、ときどき思い出
してはICレコーダーからさがし出して聴いています。「湯島通
れば思い出す お蔦主税(おつたちから)の心意気、知るや白梅
玉垣に、、」ではじまるあの歌です。

 その昔、私が学生の頃のある日、湯島天神は泉鏡花の小説「婦
系図・おんなけいず」で有名だから行ってみようと、女友達を誘
って散歩がてら訪ねたことがあります。思ったより狭い境内に驚
いた記憶があります。

 そのあと、私たちは本郷の切通しに出て春日町にむかって広い
道をぶらぶらと歩き、ここらが「真砂町」だろうと話ながら、彼
女の横顔を眺めていました。小説では「真砂町の先生」が出てき
ますが、いまは「真砂町」という地名は残っていません。

 歌の2番の「忘れられよか筒井筒、、」を私は「幼なじみのの
筒井筒」と間違えて歌ってしまいます。それと言うのも、高校生
の頃に習った「伊勢物語」で見た筒井筒に男の子と女の子が並ん
いる挿絵の印象が強く頭に残っていたからでしょうか。

 また3番の「青い瓦斯灯 境内を出れば本郷切通し、」の歌詞
は、夜霧にうかぶ青白い瓦斯灯のそばにたたずむ、お蔦主税のイ
メージが美しく、懐かしい気分になって明治の雰囲気がわきおこ
り、感慨しきりです。

 若き日に「湯島天神」に連れ立って行った女友達は50年余り
たったいま、白髪の目立つ老妻になって私達が一緒になった結果、
この世に現れてきた孫たちと並んでテレビを視ています。

投稿: かっちゃん | 2012年11月11日 (日) 12時02分

「あああ、人間はなぜ死ぬのでしょう!」
 これが『不如帰(ホトトギス)』の浪子のせりふだとは 昔、知りませんでした。
 しかし、その答えは子どもの頃から知ってました。
「あとがつかえているからだよ」
「ハア?」
「死ななかったら、地球が人間だらけであふれかえるだろう」

 深刻ぶった問いかけほど 当事者でないは者にとって 可笑しいものはない。なぜでしょうね。

投稿: 紅孔雀 | 2012年11月11日 (日) 15時34分

西園寺公彦氏がこの歌にお寄せになったコメントとそれに関連したコメントをすべて削除しました。削除に先立って、西園寺氏に通知しましたが、メールアドレスが誤記だったようで、不達になりました。以後当サイトの趣旨に合わないコメント、およびこの件に関連したコメントはご遠慮願います。(管理人)

投稿: 管理人 | 2013年10月11日 (金) 11時58分

暫くぶりで投稿します。
川口ハーモニカ倶楽部入会後、10年目です。
2月26日の「歌う会」で「湯島の白梅」演奏して会員皆なで合唱します。
小畑実の甘い歌声を偲んで、歌うつもりです。
前奏;後奏も入れたいです。

荒澤より。

投稿: あらちゃん | 2017年2月 7日 (火) 08時35分

実は「山の端に月の出る頃」の情報を探していて、ここに来てしまいました。よくあることではあるのですが。
小畑実さんの「湯島の白梅」は、小学校へ入る前から聞きおぼえたいくつかの「大人の唄」の一つです。疎開先の我が家には、終戦後近所の若い衆のたまり場のようになっていて、戦争中の重苦しさから解放された青年たちが口ずさむ、唄のほとんどは、戦前戦中の歌でした。
「婦系図」の名台詞は、疎開から帰ってから知ったのですが、最近、「他人舟」の「別れてくれと いう前に、死ねよといって ほしかった」の歌詞と重なって、何かつながりがあるのかな、と考えることがあります。

投稿: solong | 2017年5月16日 (火) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大きな栗の木の下で | トップページ | 黒いパイプ »