« こいのぼり | トップページ | 能登半島 »

高原の宿

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:高橋掬太郎、作曲・唄:林 伊佐緒

1 都おもえば 日暮の星も
  胸にしみるよ 眼にしみる
  ああ高原の 旅に来て
  一人しみじみ 一人しみじみ
  君呼ぶこころ

2 風にもだえて 夜露に濡れて
  丘のりんどう 何なげく
  ああ高原の 宿にみる
  夢ははるかよ 夢ははるかよ
  おもかげ恋し

3 昏(く)れる山脈(やまなみ) 哀しく遠く
  涙うかぶよ 旅の身は
  ああ高原の 夜となれば
  ともすランプも ともすランプも
  せつないこころ

《蛇足》 昭和30年(1955)4月、キングレコードから発売。

 林伊佐緒は明治45(1912)5月11日、山口県下関市生まれ。本名は林勲。明治大学に入学しましたが、アルバイトで歌謡曲のレコードを吹き込んだことが大学側に咎められ、中退。兵役を果たしたあと、本格的な歌手活動を開始しました。

 シンガー・ソングライターの草分けの一人で、多くの歌を自ら作曲し、歌いました。最初のヒット曲『もしも月給が上ったら』は北村輝の作曲でしたが、戦中・戦前派には懐かしい戦時歌謡『「出征兵士を送る歌』は彼自身の作曲です

 戦後も、『ダンスパーティの夜』『真室川ブギ』『高原の宿』などの自作曲をヒットさせました。
 昭和30年代には作曲家としての活動が主体となり、三橋美智也の『リンゴ村から』『母恋吹雪』など、春日八郎の『長崎の女
(ひと)』『ロザリオの島』など、数多くのヒット曲を生んでいます。

 歌手としては、その大声量が評判で、いくつかのエピソードを残しています。
 平成7年
(1995)9月29日、肺炎のため没。

 2番の1行目は「夜霧」としている歌集が多いのですが、林伊佐緒が「夜露」と歌っているので、そのようにしました。私の遠い記憶でも、夜露だったと思います。

 30年代以前の歌には、丘や高原がよく出てきました。
 私にとって、丘は少年時代の記憶を彩る景物であり、高原は青春時代の記憶を鮮やかに再現させてくれるキーワードの1つとなっています。高原では、心躍り、ときめく場面が何度かありました。ときに、苦いスパイスが少々振りかけられていたこともありましたが。

 今、高原に行く機会があっても、もはや心を揺り動かすようなことは何も起こらないでしょう。残念なことです。

(二木紘三)

|

« こいのぼり | トップページ | 能登半島 »

コメント

この時代の歌詞には何となく風情を感じます。
麗人草の歌が好みです。

投稿: 海道 | 2010年5月 8日 (土) 08時01分

この当時、私は7歳くらいで意識しては聴いていないはずですが、何か懐かしい唄です。
長じて経験した心躍り、ときめく場面(二木さんの「蛇足」と同じく苦いスパイス付ですが)を思い出させていただきました。ありがとうございます。

投稿: 竹永尚義 | 2010年5月18日 (火) 16時51分

とても素敵なアレンジで、心地よいひと時を味わいました。
3番の「ともすランプ」の件は、小学生の頃のNEWSでみた「最後のランプ地域解消」を思い出します。
歌の中では叙情あふれる感じですが、今から思えば内側の煤掃除とか大変だったんでしょうね。

投稿: 山ちゃん | 2010年6月 2日 (水) 22時51分

先生の仰る通り「夜露」と歌っていますね。それにしてもこの詞はどこの高原なのでしょうか。信州人としては
信州の高原と思えて仕方がないのですが。

投稿: 海道 | 2010年6月10日 (木) 06時56分

歌のモチーフとなっている高原は、海道 様の仰っている信州の「蓼科」「軽井沢」辺りかも(あくまでも推量です)。そして宿はロッジかヒュッテでしょうか。
この「高原の宿」S31年・「山蔭の道」S32年・「丘にのぼりて」S33年 を、私は秘かに高椅掬太郎の『高原三部作』と呼んでおります。作曲の林伊佐緒、飯田三郎の素晴しいメロディがあればこそですが…。  ランプといえば、ホヤガラスのスス落としは子供の仕事でしたね。

投稿: かせい | 2012年9月10日 (月) 01時07分

高校1年のころ流行っていました。歌謡曲はご法度の学校でしたので歌いませんでしたが、この歌が大好きといった級友がいました。なかなかの美女で大人びた人でした。30歳を前に生まれたばかりの子を残して癌で亡くなりました。この歌を聴くと彼女を思い出します。その頃、高原というところは素晴らしいロマンスが生まれるところだと憧れていました。今でも憧れているのですが、出かける元気のほうが無くなりました。残念です。

投稿: ハコベの花 | 2012年9月10日 (月) 20時04分

また、私の悪いくせ〈ばっかり食い〉が始まりました。お許し下さい。
 かせい様の仰る『高原三部作』は、S31年(高校1年)「高原の宿」 S32年(高校2年)「山陰の道」 S33年(高校3年)「丘にのぼりて」と、青春真っ盛りの歌だけに思い入れが強い歌です。もっとも、これらの歌を知ったのは、多分20才を過ぎた頃だと思いますが…。高原シリーズ(月よりの使者は勿論ですが…)には いずれもロマンがあって夢がふくらんできますね。

投稿: あこがれ | 2017年3月 9日 (木) 21時33分

高橋掬太郎の『高原三部作』と私が勝手に呼んでる3作品のリリース時期はそれぞれS30年、S31年、S32年でしたね。
 その頃私は未だ幼少の身ですから、メロディの一部は頭のどこかにインプットされたかも知れませんが、歌詞の内容など右から左へスルーだったと思います。 しっかり歌詞を覚えメロディを把握したのは50歳を過ぎてからのことです。
 あこがれ様のようにリアルタイムで、青春時にお耳になさったことは、とても羨ましいと私には感じます。
 50歳を過ぎてからでの歌唱経験であっても、この『三部作』は私の大切な『歌』となりました。高原の情景がハッキリと映像として、胸に迫ってきます。本当に秀作品だと思います。白樺にそよぐ風がいつも肌に感じられるようで……。

投稿: かせい | 2017年3月16日 (木) 01時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こいのぼり | トップページ | 能登半島 »