« 吾亦紅(われもこう) | トップページ | 北の宿から »

君は心の妻だから

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:なかにし礼、作曲:鶴岡雅義、
唄:鶴岡雅義と東京ロマンチカ

1 愛しながらも 運命(さだめ)に敗けて
  別れたけれど 心はひとつ
  ぼくの小指を 口にくわえて
  涙ぐんでた 君よ
  ああ 今でも愛している
  君は心の 妻だから

2 めぐり逢えたら はなしはしない
  二人といない やさしい人よ
  君のうなじの あのぬくもりが
  忘れられない 今日も
  ああ 思えば涙が出る
  君は心の 妻だから

3 強く生きるよ 生きてることが
  いつかは君に 幸せ運ぶ
  ぼくにすがって 胸をたたいて
  きっと泣くだろ 君は
  ああ その日を夢見ている
  君は心の 妻だから


《蛇足》 昭和44年(1969)3月にシングル発売。
 鶴岡雅義と東京ロマンチカとしては、この2年前に発売した『小樽のひとよ』に次ぐ大ヒットで、50万枚以上が売れました。

 この年は前年から続く大学紛争が激化し、1月18日には東大・安田講堂を占拠した全共闘系の学生を排除するため、機動隊が導入され、激しい攻防戦が繰り広げられました。

 その一方で、人びとは“昭和元禄”と呼ばれる奢侈・安逸を享受していました。同年の『読売年鑑』世相の項に次のような記述があります。

「政・官界は汚職につつまれ、国民は政党に失望し…(中略)…カラーヌードと露骨なセックスを売り物の娯楽、漫画雑誌はぞくぞくと巷に登場し、若い人達の服装は派手になり……」

 41年後の現在は、経済低迷で奢侈・安逸を貪れる人は少なくなり、雑誌も売れなくなりましたが、政党への失望感だけは変わっていません。

(二木紘三)
 

|

« 吾亦紅(われもこう) | トップページ | 北の宿から »

コメント

随分と前スキーバスの中であるお喋りなお嬢さんがこの
唄を歌った。そうしたらその上司が「お前は話のつまに
は成っても心の妻には成れないな」と言っていた見事な
タイミングで大笑いになった。

投稿: 海道 | 2010年12月 7日 (火) 17時16分

先生、この曲を待っていました。
ありがとうございます。
今での三條正人の哀切に満ちた歌い方にほろりと来ます。
「僕にすがって胸をたたいて・・・」もうここでは堪らない気持ちになります。
とても難しい歌だと思いますが三條以上の歌い方を聞いたことがないような気がします。

今一度ありがとうございます。

投稿: おばさま@北海道 | 2010年12月11日 (土) 22時18分

「君は心の妻だから」

「愛しながらも 運命にまけて 別れたけれど 心はひとつ 僕の小指を 口にくわえて 涙ぐんでた 君よ ああ今でも 愛している 君は心の妻だから」

これを聞く時、歌う時、何故か、訳もなく心が寂しく、切なくなる。過ぎていった懐かしい遠い昔を思い出しながら今日も好きな歌を涙ぐみながらながら口ずさむ,「故郷の話をしよう」、「白い花の咲く頃」、「別れた人と」、「いつまでもいつまでも」などあの人に聴いてもらいたい歌の一つである。

投稿: ナツメロ太郎 | 2011年2月21日 (月) 12時03分

間違った結婚もあれば正しい不倫もあるでしう。
正しい結婚をされた方は幸せだが、残念ながら不幸にしてこの歌の心情は分らないかも知れない。これは正しい不倫をされてる方の為の賛美歌でしょう

投稿: パウロ | 2011年4月11日 (月) 23時40分

「林檎さんが言いました。愛、愛とは齧られる事なんですよ。ねずみさんが言いました。愛、愛とは齧る事なんですよ。そのとき屋根裏に差し込んだ月の光が、やさしく嗜めるように言いました。愛とは祈る事なんですよ?」
 学生時代失恋の痛みに打ちひしがれていた時、聞いた詩、何時も泣きながら口ずさんだ。

 昭和40年代前半、うろ覚えの詩、作者、詩の題などわかりません。もし。ご存知の人がおられましたら、教えてください。よろしくお願いします。
 ナツメロ太郎。

投稿: ナツメロ太郎 | 2011年7月22日 (金) 10時36分

好きで添えなかった友人の事ですが
彼は71歳 愛しながら反対され 生木を裂かれる思いで
他の人と結婚したそうです・・・
その彼女の旦那さんが先日亡くなったと知り会いたい、会いたいそうです。
彼女のことを、いつも心の妻と思ってたんでしょうね。
悲しい結婚生活だったんかな・・・

君は心の妻だからをいつも聞いてるそうです。

投稿: 暇な婆さん | 2012年8月25日 (土) 22時46分

 上記投稿を拝見して、ある古い物語を思い出しました。平重盛の郎党、斉藤時頼は、建礼門院に仕える、横笛と二世を契る仲となりますが、父は許しません。悩みに悩んだ時頼は、すべてを捨てて出家し、山中にこもります。それを知った横笛は、あとを追い、やっとの思いでたどり着きます。しかし時頼は会おうとしません。世を儚んだ横笛は、「恋しきひとと後の世は、おなじ台に迎え給え」と書置きして、近くの淵に身を投じます。
 変わり果てた横笛を掻き抱き、時頼は泣くより外ありません。その後、高野山に上り、横笛の後生を弔いつつ一生を終えたということです。

投稿: MAEDA | 2012年8月27日 (月) 02時28分

なかにし礼さんは、実にいろんな傾向の歌詞を書いておられますが、なかでも石狩挽歌とこの歌が好きです。特に三番の「強く生きるよ 生きてることが いつかは君に幸せ運ぶ」というところに共感し、この人は本当の詩人だなあと思うのです。

投稿: 三流詩人 | 2015年7月24日 (金) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吾亦紅(われもこう) | トップページ | 北の宿から »