« カロ・ミオ・ベン | トップページ | 東京ナイトクラブ »

傷だらけの人生

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo



作詞:藤田まさと、作曲:吉田 正、唄:鶴田浩二

  (セリフ1)
   「古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ新しいものを
   欲しがるもんでございます。どこに新しいものがございま
   しょう。生れた土地は荒れ放題、今の世の中、右も左も
   真っ暗闇じゃござんせんか」

1 何から何まで 真っ暗闇よ
  筋の通らぬ ことばかり
  右を向いても 左を見ても
  馬鹿と阿呆(あほう)の 絡み合い
  どこに男の 夢がある

  (セリフ2)
   「好いた惚れたとけだものごっこがまかり通る世の中でご
   ざいます。好いた惚れたはもともと「こころ」が決めるもの
   ……こんなことを申し上げる私もやっぱり古い人間でござ
   んしょうかねえ」

2 一つの心に 重なる心
  それが恋なら それもよし
  しょせんこの世は 男と女
  意地に裂かれる 恋もあり
  夢に消される 意地もある

  (セリフ3)
   「なんだかんだとお説教じみたことを申して参りましたが
   そういう私も日陰育ちのひねくれ者、お天道(てんと)様
   に背中を向けて歩く……馬鹿な人間でございます」

3 まっぴらご免と 大手を振って
  歩きたいけど 歩けない
  いやだいやです お天道様よ
  日陰育ちの 泣きどころ
  明るすぎます おいらには


《蛇足》 昭和45年(1970)12月にシングルリリース、翌年100万枚以上を売る大ヒットとなりました。

 昔気質(かたぎ)の侠客が世情の乱れを嘆くといった設定ですね。
 セリフ1の「生まれた土地は荒れ放題」と、1番を少し変えて「
何から何まで真っ暗闇よ 筋の通らぬことばかり 右を向いても左を見ても 馬鹿と阿呆の絡み合い どこに日本の夢がある」とを合わせると、我が国の、とくに政界の現状そのものですね。 

(二木紘三)

|

« カロ・ミオ・ベン | トップページ | 東京ナイトクラブ »

コメント

「膝を打つ」とはまさにこのことでしょうか。 まったく同感です。
40年前より現在のほうがよほど事態は深刻なようにも思えますが。

投稿: hnomura1 | 2012年4月28日 (土) 09時14分

鶴田浩二は「同期の桜」やこの歌のような世相を歌った曲にも味がありますが、「好きだった」「赤と黒のブルース」のようなムード歌謡も上手でしたね。だから美女にもてたのでしょうね。

投稿: 海道 | 2012年4月28日 (土) 16時23分

国民の大半が黒と思っているのに、一瞬にして白くなってしまった不思議な政治の世界、誰かが手品をしたのでしょうか。同じ侠客でも名月赤城山の国定忠治とこの歌の侠客は品格が違うように思われます。そういえば政治家にも侠客にも品格など必要がない国になっていたのですね。「奢れる者久しからず」を待つしかないのでしょうか。

投稿: ハコベの花 | 2012年5月 2日 (水) 23時00分

カラオケでは必ずセリフまで歌います。
いまだに残っているのは、歌手の魅力、今の世の中に見事に当てはまっているからでしょう。一度カラオケスナックのママさんからセリフまで歌い上げたのはあなただけですと言われました。いつの間にか私の十八番になりました。

投稿: newton | 2012年6月 5日 (火) 10時04分

この歌を最初に聞いたときの思い出です。
「今の世の中、右も左も真っ暗闇じゃござんせんか」
で始まり
その闇が「明るすぎます おいらには」
で終わるにはいくら比喩でもぶっ飛びすぎではないかと思っていました。

現在の世相をみるとこの明るさは戦後リベラリズムの行き着いた先、と同時に人間の心の中には闇を作ることもできるのだなと改めて思えました。

ノンポリ・リベラリズムの右のほうで過ごしてきた身にはアメリカ以外の外圧にさらされ始めた「戦後リベラリズム」の中核にあった人たちや論壇がどう変わるのか変われないのかそちらのほうが興味を引きます。

投稿: タンゴK | 2012年9月16日 (日) 10時38分

かつてやたらと人を「明るい人」と「暗い人」に分けたがる風潮が支配していた時代がありました。暗い人は生きる権利がないかのように言う人もいました。私はそんな思考が大嫌いで、そんなにいつもいつも明るく振舞えるはずはない、そんな人は余程無理をしているか、そうでなければ何も考えていないかのどちらかだ、と思っておりました。
そんな時、この歌を聴いたり歌ったりすると、むしろ救われる思いがしたものです。
鶴田浩二が歌うと、セリフ3の「馬鹿な人間・・・」の前に、失笑が入るところが好きでした。

投稿: 川口雄二 | 2014年8月23日 (土) 19時43分

吉田正は本曲の任侠歌謡を始め、都会派歌謡、ムード歌謡、股旅歌謡、企業イメージ歌謡、青春歌謡、恋愛歌謡…何でもござれの天才的作曲家でした。茨城の工業専修学校卒業後、タービン製造会社に就職という異色の経歴ですが(歌謡界では)、応召前に作曲の基礎を学んでいたそうです。
作曲家小林亜星氏が今年某スポーツ紙のインタビューで、「流行歌の世界が全くダメ。紅白もみんな昔の歌を歌っている…演歌なんて何も新しいものがない…作曲家、作詞家がいけない…何とか船とか何とか道中とかまだ作っている…いろんな経験と音楽的成熟が必要で、そういう人がいなくなった…」と語っていました。

投稿: 焼酎百代 | 2016年7月30日 (土) 17時59分

私も焼酎百代さんのコメントに大賛成です。
吉田正さんに限らずその時代前後の作曲・作詞には素晴らしい名曲が数多くあり、聴く者に喜怒哀楽への多くの想い出を誘ってくれたと思います。
私も後期高齢者、今現在の歌謡曲にはあまりピンときません。
何とか、以前の流行歌時代が再現できないものでしょうか。
時の流れといえばそれまでですが、何か寂しいものが感じられる今日この頃です。
コメントありがとうございました。

投稿: 一章 | 2016年7月31日 (日) 00時32分

松方弘樹逝去 合掌
東映は時代劇の斜陽化後は本曲の映画化「傷だらけの人生」、「網走番外地」、「兄弟仁義」…任侠路線に転換後、飯干晃一「仁義なき戦い」シリーズが大ヒットし、松方弘樹は金子信雄親分の山守組若衆頭の役でした。
「仁義なき戦い」シリーズの後は松方弘樹はTVドラマが中心でしたが、父親の近衛十四郎(素浪人月影兵庫、素浪人花山大吉シリーズ)に比べると線が細い感じがあり(個人的感想)、それはともかく鶴田浩二・菅原文太・高倉健に続き東映任侠スターが冥途に旅立ったのは寂しい限りです。

投稿: 焼酎百代 | 2017年1月25日 (水) 17時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カロ・ミオ・ベン | トップページ | 東京ナイトクラブ »