« 圭子の夢は夜ひらく | トップページ | 旅愁(西崎みどり) »

港の灯(ハーバー・ライト)

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:Jimmy Kennedy、作曲:Hugh Williams
日本語詞:白石 信、唄:Vera Lynn/The Platters他

夜のハーバーライト
聞いてよ この胸を
霧の海に 捨てた恋を
波ににじむ 赤い灯(ひ)二つ三つ
はてぬ想い 別れの夜
今ひとたびの 口づけを
求める心も むなしく
きみの船は 波路遠く消えて
霧にうるむ 乙女心

求める心も むなしく
きみの船は 波路遠く消えて
霧にうるむ 乙女心

    Harbour Lights

One evening long ago
A big ship was leaving.
One evening long ago
Two lover's were grieving.
A crimson sun went down,
The lights began to glow
Across the harbour 
One evening long ago.

I saw the harbour lights,
They only told me we were parting.
The same old harbour lights
That once brought you to me.
I watch'd the harbour lights,
How could I help if tears were starting ?
Good-bye to tender nights,
Beside the silv'ry sea.

I longed to hold you near
And kiss you just once more.
But you were on the ship
And I was on the shore.
Now I know lonley nights,
For all the while my heart is whisp'ring,
Some other harbour lights
Will steal your love from me.

I longed to hold you near
And kiss you just once more.
But you were on the ship
And I was on the shore.
Now I know lonley nights,
For all the while my heart is whisp'ring,
Some other harbour lights
Will steal your love from me.

《蛇足》 ナチスの迫害から逃れてイギリスに亡命したユダヤ人の作曲家とアイルランド生まれの作詞家がロンドンで出会ったことから、数々の傑作が生まれました。作曲家はヒュー・ウィリアムズ(Hugh Williams、本名はWilhelm Grosz)、作詞家はジミー・ケネディ(Jimmy Kennedy)。2人の略歴については、『カプリ島』をご覧ください。

 この『港の灯』も、2人のコラボから生まれたヒット曲の1つで、夜の波止場での恋人との別れを歌った切ないラヴソングです。
 1937年にロンドンで楽譜が発売されましたが、最初に歌ったのはアメリカの人気歌手フランセス・ラングフォード
(Frances Langford)でした。

 そのすぐあとにイギリスの人気歌手で女優のヴェラ・リン(Vera Lynn)が、ケネディの詞の前に8行加えた歌詞で歌いました。
 多くの人が『ハーバー・ライト』として記憶しているのは、I saw the harbour lightsで始まるヴァージョンだと思います。日本語詞もこの部分から始まっていますが、イギリスではヴェラ・リン版がスタンダード・ナンバーになっています。

 ヴェラ・リンは1917年生まれですが、2013年9月現在存命で、イギリスでは非常の尊敬されている女性の一人です。
 いくつものヒット曲をもち、92歳のとき発売されたベスト・アルバムがイギリスのアルバム・ヒットチャートの1位に輝きました。これは存命中のアーティストによるアルバムとしては最高齢記録です。

 2人のほか、サミー・ケイ(Sammy Kaye)、ガイ・ロンバード(Guy Lombardo)、パット・ブーン(Pat Boone)、エルヴィス・プレスリー(Elvis Presley)、ザ・プラターズ(The Platters)など非常に多くの有名歌手がカヴァーしていますが、最もヒットしたのはプラターズ版で、1960年にビルボードのヒットチャートで8位になっています。
 私と同年配だと、プラターズ版で記憶している人が大多数ではないでしょうか。

 ヴォーカル付きのほか、ビリー・ヴォーン楽団などによるインストゥルメンタルも人気を博しました。

(二木紘三)

|

« 圭子の夢は夜ひらく | トップページ | 旅愁(西崎みどり) »

コメント

 私はこの曲はやはりPlattersの歌声に馴染みがあり、時々出掛けるカラオケでもPlattersの曲として登録されています。8年前にLas Vegasへ滞在した際に、彼らのショーが演じられていたのに見逃してしまいました。その後主要メンバーが死亡しており、見逃したことを今更ながら残念に思っています。当たり前の事ですが、毎年多くのミュージシャンの訃報が届きます。機会があれば無理にでも聞いておくものだと痛感します。

投稿: Yoshi | 2013年9月 8日 (日) 11時13分

これもいい曲ですね。
その昔友人のトランペットにサックスでハーモニーやオブリガードで盛り上げていましたが、先輩に感情を込めて楽器で歌えとよく言われました。
もっと早く先生の《蛇足》を知っていたらもっといい演奏ができたのに・・・別れの歌とは知りませんでした。

投稿: 尾谷光紀 | 2013年9月 8日 (日) 21時06分

大好きな曲です♪
当時、パット・ブーンの甘い歌声に魅せられていてよく聴いていました。
新婚の頃は港の見渡せる社宅住まいだったので、ケンカの後にはよく
ベランダから港の灯をみつめたものです。

投稿: mint | 2017年1月18日 (水) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 圭子の夢は夜ひらく | トップページ | 旅愁(西崎みどり) »