« 麗人草の歌 | トップページ | ねんねのお里 »

コロラドの月

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:ビリー・モール、作曲:ロバート・A・キング、日本語詞:近藤玲二

1 コロラドの月の夜 ひとり行く岸辺に
  想い出を運びくる 遥かなる流れよ
  若き日今は去りて きみはいずこに
  コロラドの月の夜 はかなく夢は返る

2 コロラドの山の端(は)に 涙ぐむ星かげ
  今もなお忘れられぬ うるわしき瞳よ
  夜空に君の幸を 遠く祈れば
  コロラドの山の端に はかなく夢は返る


    Moonlight On The Colorado

1. Each night I sit beside the campfire dreaming
   In England's hills and dales across the sea
   And as I watch the embers softly gleaming
   I always picture in my memory;
       Moonlight on the river Colorado
       How I wish that I were there with you
       As I sit and pine, each lonely shadow
       Takes me back to days that we once knew
       We were to wed in harvest time, you said
       That's why I'm longing for you
       When it's Moonlight on the Colorado
       I wonder if you're waiting for me, too.

2. Sweet heart, do you recall the night we parted
   Beneath the moonlight on the river's shore
   Each time I see the moon I'm broken hearted
   Just longing to return to you once more;
       Moonlight on the river Colorado
       How I wish that I were there with you
       As I sit and pine, each lonely shadow
       Takes me back to days that we once knew
       We were to wed in harvest time, you said
       That's why I'm longing for you
       When it's Moonlight on the Colorado
       I wonder if you're waiting for me, too.

《蛇足》 1930年に発表された比較的新しい曲ですが、ほとんどアメリカ民謡のように歌われています。ロバート・A・キングの晩年の作品で、彼は発表から2年後に亡くなっています。

 わが国では、カフェやダンスホールが隆盛した昭和初期に大流行しました。日本におけるカフェは、最初は喫茶店でしたが、大正の終わりごろから女給のサービスを売り物にするところが増えてきました。今でいうクラブのような風俗営業店に変化したわけですね。

 コロラド州はアメリカ南西部に位置する四角な形の州で、東側はグレートプレーンズ(大平原)、西側はロッキー山脈に属する高地で、州の平均標高は全米一。州都デンヴァーは、平原部と高地部の境目にあります。
 曲に歌われているコロラド川は、ロッキーマウンテン国立公園内に源を発し、南西に流れてカリフォルニア湾に注ぎます。かつては大河でしたが、灌漑のため、途中でどんどん水を取られ、流れが痩せてきました。

 曲は当初、カントリー・ウェスタン風に歌われていましたが、次第にムードミュージックないしイージーリスニング風に歌われるようになりました。
 また、最初の4行は省略して、Moonlight on the river Colorado……から歌うケースが増えてきました。ザ・プラターズがそう歌っていますし、
近藤玲二の日本語詞もそうなっています。

 原詞は、イギリスの高地地方を彷徨している男が、コロラド川の月光の下で愛を誓ったものの、何らかの理由で別れてしまった恋人を偲んでいるといった筋書きになっています。
 daleはイギリス北部に多くある谷を示す古語、pineは松ではなく、恋い焦がれるという意味の動詞。この2語を除けば、わかりやすい詞だと思います。

(二木紘三)

|

« 麗人草の歌 | トップページ | ねんねのお里 »

コメント

 この曲は良く知っていますが歌詞の内容を知り一層愛着をおぼええました。
そして良く似たイメージのH.カーマイケル作曲「Stardust」を思い出しました。
弁護士の彼はある夏の夜母校インディアナ大学の庭で星空を見ていた時、ふと学生時代に交際をしていたドロシー・ケイトという女性を思い出し彼女に思いを馳せて作ったと謂われています。
 Jazz曲の場合ボーカルでは初めのVerseの部分から歌っていますが、楽器ではVersrを省いて演奏されており、唯一この「スターダスト」だけは初めから演奏されていて名曲と謂われている理由のひとつだと思います。
 1昨年、半年がかりでT.saxシル・オースチンのフレーズをコピーして練習していますが、彼の様にSaxでうまく歌えません。
 尚、「Stardust」の歌詞を教えてください。

投稿: 尾谷光紀 | 2013年12月11日 (水) 23時42分

中学生のころの「コロラドの月」は主人公が豊かに流れる水辺を月光を浴びて逍遥するという日本的な光景を思い描いていましたが…。50歳過ぎてグランドキャニオンから見下したら、はるか下のコロラド川は水量が少なくて意外でした。またこの記事を読みますと、作者はイギリスにいて、故郷のコロラドを思い出しているとのことで…またまた意外でした。しかし戦前の日本のカフェやダンスホールで流行していたと聞くと、女給がらみの頽廃的な情緒も感じられ、これまた三度目の意外です。知識が得られて少し悲しいような。

投稿: Bianca | 2013年12月13日 (金) 13時17分

 昨日BSプレミアムで、コロラド高原269kmを7日間駆けて走るウルトラ・マラソンを放映していました。
雨・風・嵐・氷河等の大自然が、想像を絶するような5500万年前から破壊しなが創り上げたホワイトクリフやレッドクリフの岩塔の造形と、月や星やコロラド川を重ね合わせたシーンの思い出の歌は想像を超越し、縮小すれば故平山郁夫先生がシルクロードを数回訪れて描かれた奈良薬師寺の長さ49Mの壁画「大唐西域壁画」を思い出します。
 尚、‘10年9月に『奈良平城遷都1300年祭』に於いて二胡・key・S.saxで「シルクロード」「ガンダーラ」「月の沙漠」「キャラバン」「平城山」「薬師寺東塔讃歌」等の奉納演奏をいたしました。

投稿: 尾谷光紀 | 2014年2月 9日 (日) 23時52分

「dale、pine」の解説で良く判りました
勝手ながら、歌われているのは「グランビー湖」からコロラド・ロッキー国立公園入り口周辺の、まだコロラド川が小川である場所だと思っています
2017のアメリカ皆既で是非行きたいと思っています。

投稿: mesato | 2014年3月12日 (水) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 麗人草の歌 | トップページ | ねんねのお里 »