« 流転 | トップページ | 知床旅情 »

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:武島羽衣、作曲:瀧廉太郎

1 春のうららの 隅田川
  のぼりくだりの 船人が
  櫂(かい)のしづくも 花と散る
  ながめを何に たとうべき

2 見ずやあけぼの  露浴びて
  われにもの言う 桜木を
  見ずや夕ぐれ 手をのべて
  われさしまねく 青柳を

3 錦おりなす 長堤(ちょうてい)
  くるればのぼる おぼろ月
  げに一刻も 千金の
  ながめを何に たとうべき

《蛇足》 明治33年(1900)11月1日付で、東京の共益商社楽器店から刊行された歌曲集『四季』のうちの最初の曲。瀧廉太郎の作品では、『荒城の月』『箱根八里』と並んで最も長く親しまれてきた曲です。
 
共益商社楽器店は全音楽譜出版社の前身。

 武島羽衣の原稿では、『花盛り』というタイトルになっていましたが、同曲集に収録された『月』および『雪』と合わせて「雪月花」のコンポジットにしようということで、『花』に変更されたそうです。

 隅田川は荒川の支流で、北区の新岩淵水門で荒川から分かれ、新河岸川(しんかしがわ)、石神井川(しゃくじいがわ)、神田川、日本橋川などを合わせて、東京湾に注ぎます。昔は墨田川、角田川とも書きました。
 江戸時代には、吾妻橋あたりから下流は大川
(おおかわ)とも呼ばれていました。古典落語や時代劇には、大川とか大川端といった言葉がよく出てきます。

 隅田川の桜は、徳川四代将軍家綱が隅田川御殿跡に植えさせたことに始まります。さらに、八代将軍吉宗が治水の観点から土手を踏み固めさせようと、川沿いに桜並木を作らせたことから、桜の名所となりました。

 むずかしそうな言葉について、少しばかり見ておきましょう。
 1番と3番末尾の
「何にたとうべき」は「何にたとえたらよいのだろう」ということ。
 2番の「見ずや」の「や」は疑問・反語の係助詞ですが、ここでは反語で、「見ないでいられようか。いや見ずにはいられない」の意。
 3番の「げに」は「実に」とか「まことに」の意。

 「一刻も千金の」は、北宋の文人・蘇軾(そしょく)(号は蘇東坡〈そとうば〉の七言絶句『春夜』からとったもので、その最初の行「春宵一刻値千金」を踏まえたフレーズ。

 元禄時代に勘定奉行を務めた荻原重秀の句に「夏の夜や(or夜は)蚊を疵(きず)にして五百両」があり、同世代の俳人・宝井其角も「夏の夜蚊を疵にして五百両」と詠んでいます。
 どちらがまねをしたのか、はたまた偶然の一致かわかりません。
 意味は、「夏の夜も春の宵に劣らず趣があるが、蚊がいるという欠点があるので、春の宵の半値の500両だ」ということで、「春宵一刻値千金」を下敷きにした雑俳です。
 昔、国語の試験に出たことがあるような……。

(二木紘三)

|

« 流転 | トップページ | 知床旅情 »

コメント

 毎年恒例で桜の下での福祉主催「花見コンサート」の今年は4/5で、来客全員に“おはぎ”ではなく“ぼたもち”で招待します。
そしてラストはバンド・来客・お手伝い全員で「花」を合唱しますが、その際に《蛇足》を少し引用させていただき今回はこの歌の作詞・作曲者の思いと品位を伝えます。
 下手な横好きもハモレるVery Good!の歌をありがとうございました。

投稿: 尾谷光紀 | 2014年3月28日 (金) 12時17分

ごめんなさい。初めて素晴らしい(うたのサイト)にであいました。

投稿: chano takeo | 2014年3月28日 (金) 17時55分

 詞の一番は源氏物語に元歌があると田辺聖子さんが書いています
 春の日のうららにさしてゆく舟は
      棹のしづくも花ぞ散りける
がそれだそうです さる女房が詠んだ歌となっているそうですが 紫式部が作ったものか 他の人のものを取り入れたものか 専門家なら分かるかも知れません
 千年前の歌がもとになって 今もこの時期に多くの人たちに歌い続けられている なんと素晴らしいことではありませんか 

投稿: 竹松哲男 | 2014年4月 1日 (火) 18時24分

近くのお宮に大きな桜の木があります。満開の桜の木の下に立って見上げながら、隣にもう一人一緒に見上げてくれる人がいたらもっと楽しいだろうと思いました。それを誰にしようかと考えたら来年の桜が楽しみになりました。不幸な境遇にいる友人にその話をしたらとても喜んでくれました。一緒に桜を見上げる人、皆さんは想像したことがありますか。懐かしい昔の人か、新しい素敵な人か。やっぱり桜はロマンを誘います。生きていようと思います。

投稿: ハコベの花 | 2014年4月12日 (土) 22時19分

ハコベの花さん
 来年(鬼に笑われてもOK)日時を決めて某所の桜を眺めましょう。それまでに“この指とまれ!”で『花』にコメントを寄せられた方も募っていかがですか?
 私の№ワンは岐阜の根尾谷の樹齢1500年と言われる「薄墨桜」でfacebookの壁紙にしており、№2は大阪造幣局の「八重桜の通り抜け」№3は‘06年に建築家・安藤忠雄氏発案の「平成の通り抜け(桜宮から大川沿いの1000本の内プレート№337)」幹周り60cmで小さいですが30名の中に私の名前が在ります。
そして皆さん一緒に『花』を歌いましょう!!!

投稿: 尾谷光紀 | 2014年4月12日 (土) 23時33分

尾谷様 ご提案に驚いています。私はどちらかというと賑やかなお花見は苦手です。一本の桜が静かに咲いている所が好きです。そして何にも言わなくても心が通じ合う人と静かに桜を見上げることが出来たらとても幸せだろうと思ったのです。桜は私にとってはそんな花なのです。実は先ほど投稿したあと、思いがけなく(東京ブルース)に書いた懐かしい彼が生きているのがわかったのです。10年ぐらい前に癌で大手術をしたと聞いたのでもう生きておられないのだと思っていました。会うことはないと思いますが来年は彼と桜の木の下で黙って立つ姿を想像したいと思います。尾谷様、せっかくのお話を申し訳ありません。私の友人も誰かを見つけて桜を眺めるだろうと思います。

投稿: ハコベの花 | 2014年4月13日 (日) 00時41分

 容喙桜談議ーー漫才師の確か内海桂子師匠の言「墨堤の桜並木は観るに忍びない、爆撃で黒焦げの丸太の様になった死屍累累をここで目撃したことが眼に焼き付いているから。」同感です。それに、ここの桜はみな染井吉野で花のつき方は天こ盛り、山桜の様な気品は無い。
 東京上野の谷中の墓地にいい枝振りの桜があると、近くに住む人から聞いた。場所は内緒だからと教えては呉れなかった。しかし、墓地で花見とは、、、。ところで、「一本の静かに咲く桜」がお好きなハコベの花さま、京都東山の法然院にある潤一郎の墓石の背後には枝垂れ桜が一本あった筈、お気に召すかも知れません。

投稿: 槃特の呟き | 2014年4月13日 (日) 23時42分

ハコベの花さん 了解しました。ロマンチストなんですね・・・。
 やっと豊中市蛍池公民館の登録グループになり、4月から第1・第3木曜日に『日本の歌百選を歌おう会』を正式に結成することが出来ました。
『日本の歌百選』というのは、当時の文化庁長官:河合隼雄氏(故)が少年犯罪の報道を見るたびに世代間の断絶や人間関係の希薄化などの風潮を心配して、世代を超えて歌い継ぎたい歌をと発案され国民から募集した歌百曲を、‘07年1月に発表されました。
以後、歌声喫茶等のプロやアマのグループに発信しましたが乗って来ず、灯台下暗しというか12年前に結成した「みんなで700曲歌おう会“豊中さくら草”」と「箕輪トリオ(ピアノ・フルート・サックス(自分))」の皆さんが待ってましたと・・・。
 最終目標は、連続6時間・1会場・500名以上で『日本の歌百選』を歌うこと・・・ですが・・・。  無論この名曲「花」も入っています。

投稿: 尾谷光紀 | 2014年4月15日 (火) 21時23分

尾谷様 歌ばかりではなく世の中の歴史も今の若者と話をすると断絶を感じます。私たちは明治時代に流行った歌などもいつの間にか聞き覚えて知っていますが、今の若者は昭和の歌すら知らない人が多いのです。大きな事件も知りません。そういう意味では尾谷様がやって居られることはとても素晴らしく大切な事だと思います。遠くて応援にいけませんが、後世のために頑張って頂きたいと願っています。
槃特様 先日谷中の墓地の桜、テレビで映していました。飲食禁止になったみたいですね。京都の潤一郎の桜、想像したらあの彼の頭から桜が生えているような景色が見えてきて笑ってしまいました。彼ならやりかねないと思いませんか。来年の桜が楽しみになってきました。ありがとうございました。

投稿: ハコベの花 | 2014年4月15日 (火) 23時44分

歌曲の『花』といえば、わたしたち世代は条件反射的に瀧廉太郎のものを思い出しますが、今の若い世代はどうでしょうか。多分、喜納(きな)昌吉のものを思い出す人が多いように思われます。「川は流れてどこどこ行くの」で始まる『花』も、聞く人の胸に優しくしみこんで、幸せや平和な暮らしの大切さを教えてくれます。いい歌ですが、わたしは、やはり隅田川のさくら堤をテーマにした、この合唱曲を推します。瀧廉太郎は明治33年に、この歌を世に出したようですが、それから1世紀以上にわたり歌い継がれて来たのは、歌詞も、メロディも新しさを失っていないからだと思います。確かに歌詞の中に難しいことばが散見されますが、それを補って余りある魅力があるからでしょう。もっとも、隅田川の今のウォーターフロントと、江戸時代の名残を留めた、明治時代のそれとを比較するのは野暮ですが。

 「春宵一刻値千金」について、俳人の宝井其角がこの漢詩をネタに句を作ったことは知っていましたが、勘定奉行の荻原重秀が同じ句(1字違い)を作っていたとは初耳です。調べてみましたが、荻原重秀も「上風」という俳号で句を詠んでいたことは分かりましたが、どちらが先に句を作ったのかは判明しません。偶然にしては出来過ぎていますから、わたしの独断では、其角が作った句を聞きかじった荻原重秀が、換骨奪胎どころか、たった1字だけ違えて発句したのではないかと思えてなりません。当時、元禄の世は、荻原重秀の金銀改鋳でミニバブルの時代だったので、芭蕉の高弟とはいえ、一介の俳人が文句を言えるような、ご時勢でなかったことだけは確かです。

投稿: ひろし | 2014年4月24日 (木) 12時05分

春爛漫の明治の隅田川が脳裏に浮かぶ名曲です。
現在の隅田川は、高速道路と高層マンションに囲まれていますが、橋の名前や両岸の地名に風情があり、私は好きです。

投稿: 川口雄二 | 2014年5月21日 (水) 23時48分

「春宵一刻値千金」をもじったとおもわれる「夏の夜や ・・・」のくだりはおもしろいです。なるほど「五百両」ですか。この話はじめて知りました。考える人がいるものだと感じ入りました。
 また、花という題についてですが、中学で習ったときに何となくしっくり来なかった感じがしていました。題名を「墨田川」と言い間違ったこともありました。「月・雪・花」のセットだったとはこれも初耳です。
 いい歌であることは申すまでもありません。

投稿: 今でも青春 | 2014年7月 2日 (水) 21時11分

さきのコメントには、あまりに個人的な思い出なので書かなかったのですが、やっぱり書きたくなってしまいました。この歌を聴くたびに蘇ってくる情景です。
中学に入学して間もないころ、自転車で登校する途次ある会社の寮の前を通りかかると、屋上で二人の若い女性が手すりにもたれてこの歌を合唱していました。
その歌声の、またその女性たちの何と美しかったことか!思わず自転車を停めて、しばらく動けなくなってしまいました。
まあしかし、多感な少年だったからそう思っただけで、実際はどうであったかわかりませんが・・・。

投稿: 川口雄二 | 2014年7月19日 (土) 16時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 流転 | トップページ | 知床旅情 »