« もしも明日(あした)が | トップページ | 霧のロンドン・ブリッジ »

お富さん

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:山崎 正、作曲:渡久地政信、唄:春日八郎

1 粋な黒塀 見越しの松に
  仇な姿の 洗い髪
  死んだ筈だよ お富さん
  生きていたとは お釈迦様でも
  知らぬ仏の お富さん
  エーサオー 玄冶店(げんやだな)

2 過ぎた昔を 恨むじゃないが
  風もしみるよ 傷の跡
  久しぶりだな お富さん
  今じゃよび名も 切られの与三(よさ)
  これで一分じゃ お富さん
  エーサオー すまされめえ

3 かけちゃいけない 他人の花に
  情けかけたが 身のさだめ
  愚痴はよそうぜ お富さん
  せめて今夜は さしつさされつ
  飲んで明かそよ お富さん
  エーサオー 茶わん酒

4 逢えばなつかし 語るも夢さ
  だれが弾くやら 明烏(あけがらす)
  ついて来る気か お富さん
  命短く 渡る浮世は
  雨もつらいぜ お富さん
  エーサオー 地獄雨

《蛇足》 昭和29年(1954)8月、キングレコードから発売。

 発売されてから半年あまりは、歌謡曲といえば日本中この歌一色でした。各地の祭礼では若い衆がこのレコードを繰り返しかけ、町場では街頭スピーカーから流れ、ラジオの歌番組では必ずこの歌が歌われました。
 大人はもちろん、歌謡曲は歌ってはいけないといわれた小中学生たちも歌い、やっと言葉を覚えたかと思われる幼児さえも、「ちんだはずだよ、おとみしゃん」などと口ずさむ始末。

 レコードの売り上げ枚数では、この歌を上回る曲はいくつもありますが、"社会現象”とまでいわれた曲は、少なくとも戦後ではこの歌ぐらいでしょう。
 新人だった春日八郎は、この1曲でスターダムにのし上がりました。

 この大成功の一因は、作曲者がブギboogieを基礎としたリズムを取り入れたことでしょう。ブギはシャッフルまたはスイングのリズム形式を反復させるのが特徴です。

  シャッフルまたはスイングは、長めの音符と短めの音符を組み合わせるリズム形式です。この組み合わせを繰り返すと、波のようにうねる感覚や弾む感覚、いわゆるスイング感が感じられるようになります。
 シャッフルでは2つの音符の長さは正確に2対1ですが、スイングでは長さについての決まりはなく、曲の種類や演奏のテンポ、プレイヤーの好みによって変わってきます。テンポが早くなるほど、音の長さは等分に近づき、その分スイング感は弱まります。

 たとえば、1拍が8分音符と8分音符の組み合わせでは、音の長さは1対1ですから、スイング感はほとんど感じられません。
 1拍が8分音符+16分音符の組み合わせだと、音の長さは2対1になり、スイング感は中程度の強さになります。
 1拍が付点8分音符+16分音符の組み合わせでは、音の長さは3対1で、スウィング感は相当強くなります。このような曲を、日本ではピョンコ節といっています。『お富さん』は、曲の大部分がこの組み合わせになっています。これが、うねるような軽快な印象を醸し出しているわけです。

 ブルースやジャズ、ロックンロールでは、スイングのリズム形式がよく使われます。
 日本の歌謡曲では、『東京ブギウギ』『買い物ブギ』『トンコ節』『お座敷小唄』などがこのリズム、それも付点8分音符+16分音符の組み合わせを多用しています。酒席では、この手のスイング感の強い曲が好んで歌われるようです。

 しかし、『お富さん』大ヒットの主因は、歌舞伎の大名題(おおなだい)『与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)』をテーマにするという新機軸ではないでしょうか。よく知られた演目ですが、粗筋を簡単に記しておきましょう。

 遊蕩に身を持ち崩した江戸の大店の息子・与三郎は、木更津(きさらづ)の親戚に預けられます。そこでお富と知り合い、深い仲になりますが、お富はやくざの親分・赤間源左衛門の妾でした。
 2人の関係を知った源左衛門とその子分たちによって与三郎は滅多斬りにされたうえ簀巻
(すま)きにされます。お富は逃げ出したものの、子分の1人に追い詰められて海に身を投じますが、和泉屋の大番頭・多左衛門に助けられ、その囲い者になります。

 3年後、かろうじて助かった与三郎は、全身の切り傷を売り物にしてゆすり・たかりをするごろつきになっています。その与三郎が、仲間の蝙蝠安(こうもりやす)に連れられてたかりに訪れたのが多左衛門の妾宅で、そこで死んだと思っていたお富と再会するわけです。これが3幕目の「源氏店(げんやだな)妾宅の場」で、『お富さん』はこの場面を謳っています(源氏店については後述)

 その後、何やかやとあって、4幕目では与三郎は捕縛されて島流しに処せられます。島抜けした与三郎は父親とそれとなく会い、さらに赤間源左衛門とも再会します。大詰めでは旧知の観音久次の自己犠牲によって傷痕が消えて大団円となります。

 おもしろいのは、この話が実話に基づいているということです。与三郎のモデルは木更津の紺屋の次男・中村大吉で、お富のモデルはやくざの親分・山本源太左衛門の妾・きち。情事がばれると、大吉は滅多斬りにされて海に投げ込まれますが、運よく漁師に助けられ、きちは江戸に売りとばされます。

 江戸に出た大吉は、自慢の喉を活かして精進を重ね、やがて長唄の名門・芳村伊三郎の名を継いで4代目となります。
 あるとき、顔から体に至る無数の切り傷のわけを、8代目市川團十郎に尋ねられます。
伊三郎がかくかくしかじかと語った話が講談になり、さらに鶴屋南北門下の3代目瀬川如皐
(せがわ・じょこう)によって舞台化されます。
 その初演は嘉永6年
(1853年)5月で、8代目市川團十郎が与三郎、4代目尾上梅幸がお富を演じました。上の絵は初演時の芝居絵で、3代目歌川豊国の筆になるものです。

 なお、歌詞の1番に出てくる玄冶店は、日本橋界隈を指した江戸時代の通称で、江戸初期にその地区に屋敷を構えていた幕府のお抱え医師・岡本玄冶の名前に由来するといわれています。
 
玄冶店が歌舞伎では源氏店と表記され、場所も鎌倉に変わっているのは、当時江戸を舞台にした芝居はご法度だったからだそうです(下記borironさんのコメント参照)

 この歌が流行った頃、私は小学校6年生。身近に歌謡曲の歌集などはありませんでしたから、歌詞は耳で覚えました。当然意味はわかりません。粋な黒塀は、当時読んだ時代劇漫画に黒兵衛という悪役が出ていたので、「行きな黒兵衛」であり、見越しの松は御神輿に飾った松だろうと思っていました。ゲンヤダナにいたっては、皆目見当がつかず、こじつけもできませんでした。

 わかるのは、「死んだはずだよ、お富さん」くらい。男の子は死んだとか、くたばった、うんこ、しょんべん、チン○○といった言葉が大好きですから、このフレーズと調子のいい曲だけで、意味のつながりなど考えずに喜んで歌っていたのです。
 何の話かわかったのは、高校の古典で文学史をかじるようになってからでした。

(二木紘三)

|

« もしも明日(あした)が | トップページ | 霧のロンドン・ブリッジ »

コメント

忘れもしません、当時小学4年生でした、私の姓名に「富」がつくため、この歌を歌って同級の悪ガキがからかうのに閉口しました。背景を知ると、男女の機微を歌うドラマチックな歌ですね。子供には分りませんが。ついでに「月が出た出た」(炭坑節)も、酔っぱらいの集団がダミ声で歌う、危険かつヒワイな歌だと感じていました。いまでは自分の会社や町を自慢しているだけの素朴で微笑ましい歌だと思いますが……。

投稿: Bianca | 2014年5月30日 (金) 21時18分

 「お富さん」が昭和29年の歌なら、5歳の時に聞いたはず。なぜか、特別、耳に残っている歌です。フラッシユバックのように、デジャブのように当時の人々の姿が、この歌とともに浮かんできます。
 この歌の流行は、社会現象であったという「蛇足」の説明に、なるほとと納得する思いです。当時、テレビも近所になかったし、ラジオを子どもが静かに聴くはずもなく、おそらく街頭スピーカーや盆踊りなどで、たえずこの歌を聞いたのでしょう。
 「いきなくろべい、みこしのまつに、あだなすがたのあらいがみ・・」出だしの言葉が、5歳の子どもには、さっぱり理解できず、「蛇足」にある通り「死んだはずだよ お富さん」だけ、かろうじてわかった。
しかし、歌詞というのは、大きくなるにつれ、だんだんわかってくるというのも、また楽しからずやであります。
 二木先生の最後の段の説明、「男の子は、死んだ、とか、くたばったという言葉は大好き」という考察、たいへんおもしろいですね。同意いたします。
 64歳の私は、今でも「きけ わだつみの声」とか、映画「切腹」(小林正樹監督)を通して、死の意味や死に方について考えます。たしかに男の特徴かもしれません。

投稿: 越村 南 | 2014年5月30日 (金) 23時23分

 昭和29年リリースということは、私は4歳、幼稚園前ですね。
電気屋さんのスピーカー、映画館の宣伝カー、商店街のお店の
ラジオなどから盛んに流れていたように記憶してます。
 そして、長いこと人気のある流行歌だったといえますね。
もちろん、私も歌詞の内容は皆目解らず、小四頃にいくらーか
全体の意味がなんとなく・・という感じですかね。
 でも曲のほうは軽快なリズム・テンポもいいし、メロディラインも馴染みやすく、すぐ覚えたような。なにせ耳コピしか覚える手段が有りませんものね。 作曲の渡久地政信さんは沖縄奄美で育った事で、メロディに沖縄・奄美民謡の音調が巧みに
随所に使われていますね。ブギウギに上手く乗せてるとおもいます。ずーっと後になってTVの舞台中継で「ご新造さんへ、女将さんへ……」の「たかり」の場面を観る事があって、「あぁ
これなのかぁ…」と納得したのが中学二年のときでした。
 市川雷蔵と淡路恵子の映画は観てないなぁ…。

投稿: かせい | 2014年5月31日 (土) 00時39分

舞台が江戸ではなく鎌倉ということになっているのは、当時江戸を舞台にした芝居はご法度だったから、という話を確か戸板康二さんのご著書で読んだ記憶があります。白浪五人男でも、舞台は明らかに隅田川の風景ですが、設定上は鎌倉の稲瀬川だとしなければならなかったとか。

投稿: boriron | 2014年5月31日 (土) 01時06分

boriron 様
なるほど、そういうことがありましたか。ありがとうございました。「蛇足」に反映させていただきます。
(二木紘三)

投稿: 管理人 | 2014年5月31日 (土) 16時14分

 「雲の上団十郎一座」という舞台劇がありました。その中の一場面にこの玄冶店の場面がありました。切られ与三が八波むとし、その手下が三木のり平。与三は手下にゆすりの段取りを教えようとするが、手下はなかなか覚えられず、与三をいらだたせます。そのからみが絶妙の間で、客席は大爆笑。今、思い出しても、笑い出したくなる場面でした。

投稿: 谷野力 | 2014年6月 6日 (金) 15時31分

当時幼稚園に通っていましたが,帰りには八百屋のY君と肩を組んでこの歌を“熱唱”したものです。勿論意味も判らずに。
それを聞いた母に「そんな歌,歌うんじゃありません」と叱られたもんですが,帰りの放歌高唱はしばらく続きました。

歌舞伎を題材にした歌謡曲では翌年に出た三浦洸一の「弁天小僧」も好きです。ちなみにこの曲を春日八郎は「浜松屋」のタイトルで出していたそうですが,そちらは記憶にありません。

投稿: 西班牙風 | 2014年7月20日 (日) 03時45分

昭和29年に春日八郎によって大流行したお富さん
私が厳しい環境に合った時の青春時代が思い出される曲です。不況によって大学2部もあきらめざるをえない倒産や解雇があった時代。理容の道に進んだのが思い出される。
しかし、誰もが経験したであろう苦い想い出こそ我が命
現在ある幸せは運命を感じます。

投稿: 成田惣平 | 2014年7月25日 (金) 10時21分

私が小学校の4年生の時、父と一緒にびわ湖一周の「はり丸」に乗った時、船上で、のど自慢大会があり、出場して、この「お富さん」を歌いました。

うまく歌えて、確か2位で賞品も貰えたのですが、司会の女性からは、「末恐ろしい坊ちゃんですね。」と言われ、父からは「何でそんな歌を歌うんだ。」と怒られました。

しかし、この歌と三橋美智也さんの「哀愁列車」は、クラス全員が歌っていましたので、「何でそんな事を言われるのか」と納得がいきませんでした。

「哀愁列車」は小学生でも、何となく意味はわかりましたが、「お富さん」はほとんどわかりませんでした。

「いきな黒兵衛」「洗った紙」「げん夜だなあ」とかイメージしていました。

大きくなって意味がわかってきて、言われた意味がわかりました。

私も含めて、意味もわからず、こんなに歌われていたこと自体が、今となっては驚きです。

数年前、只見線にのった時、「会津坂下」駅が春日さんの故郷であることを知り、感慨深いものがありました。

ちなみに、のど自慢大会で優勝したのは、「子鹿のバンビ」を歌った女の子でした。納得です。(笑)

投稿: hiroaki | 2014年8月 4日 (月) 07時35分

死んだ筈だよ女将さんてのもありましな。タモソのアルバムにCD欲しい

投稿: 避難放浪民 | 2015年9月15日 (火) 14時01分

私が中学2年の頃に、この「お富さん」は、「春日八郎」の大ヒット曲として世間では話題の曲であったことを想い出します、
社会人となった昭和30年代前半の頃は、特に居酒屋等では手拍子を交え皆で歌った記憶があります。
この「お富さん」は、はじめキングレコードのスターであった「岡晴夫」が歌う予定がコロムビアレコードに移籍をしたため、急遽「春日八郎」が歌うことに・・・
これが「春日八郎」の出世作となったところですが、勿論「春日節」も味わい深いところもありますが、この曲を聴く度に、もし、あのひっくり返る裏声に特徴のある「岡晴夫」が歌ったとすれば、どのような仕上がりになったのだろうかと、夢にも見るような今日この頃です。

投稿: 一章 | 2015年9月27日 (日) 20時26分

昭和29年といえば 私の田舎ではテレビもなくラジオが唯一の楽しみでした。
当時小学5年生 男の子たちが集まると大合唱をやっていました。先生から禁止されていました。

担任の先生がいない日だったので、みんなで思いっきり
「 粋なア 黒塀エ~ 見越しのオ 松にイ~♪♪」と合唱していました。
突然 校庭から 「こらあ~ 今 歌ってたものは 運動場に集まれ!」と 小学生が最も恐れるO先生から 叱られました。

「2列横隊に 並べ!」と大きな声で命令。

そのあと O先生からみんなビンタを張られました。泣く子もいました。最後にO先生 ニッコリして「規則は守れ!」と気合が入りました。・・あのころは時々 ビンタをくらっていました。 
・・今 まともに前期高齢者になれたのは O先生のビンタのおかげかもしれません。

そのO先生のお孫さんは 現在 東京6大学で大活躍中で応援しています。

投稿: けん | 2016年4月12日 (火) 16時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もしも明日(あした)が | トップページ | 霧のロンドン・ブリッジ »