« 黒い傷あとのブルース | トップページ | 輝くひとみ »

学園広場

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:関沢新一、作曲:遠藤 実、唄:舟木一夫

1 空にむかって あげた手に
  若さがいっぱい とんでいた
  学園広場で 肩くみあって
  友と歌った 若い歌

2 涙流した 友もある
  愉快にさわいだ 時もある
  学園広場に 咲いてる花の
  一つ一つが 想い出さ

3 ぼくが卒業 してからも
  忘れはしないよ いつまでも
  学園広場は 青春広場
  夢と希望が ある広場

《蛇足》 デビュー曲『高校三年生』、次作の『修学旅行』に次いで、舟木一夫の3曲目として、昭和38年(1963)10月に発売されました。
 すぐに日活で映画化され、12月15日に封切られました。1か月前の11月16日に、『高校三年生』が封切られたばかりでした。

 映画は43分の短い学園コメディで、主役の山内賢のほか、舟木一夫、松原智恵子、堺正章などが出演しました(写真)

 学園広場とは、ヒマラヤスギや桜など校地によく植えられている樹木の下、部室棟の前など、生徒たちが自然に集まる場所を指しているのでしょう。

 私は、高校に入学してまもなく、満開の桜の下で、男女の上級生6、7人が楽譜を手に『カチューシャ』を合唱しているのを見て、(ああ、中学とは違う世界に来たんだ)としみじみと感じました。

 私が田舎の中学で音楽の時間に学んだ外国曲といえば、イギリスやドイツの民謡、フォスターの曲ばかりで、ロシア民謡を聴いたのは、それが初めてでした。初めて聞いたロシア民謡(実はソ連のポップスでしたが)のエキゾチックなメロディに感動したものです。
 その後、コンパなどさまざまな集いで、ロシア民謡や反戦歌をシャワーのように浴びることになるのですが。反体制的思潮に多くの若者が惹かれていた時代でした。

 高校の前庭で近くの女子高の生徒たちと同人誌の合評会をしたこと、昇降口で授業の開始ベルを無視して不良連中と映画談義を続けたことなど、"学園広場"にまつわる思い出は多々あります。
 そうした記憶は、10数年前まではカラーでリヴァイヴできましたが、今ではほとんどセピア色、せいぜいパートカラーでしか浮かんでこなくなりました。

(二木紘三)

|

« 黒い傷あとのブルース | トップページ | 輝くひとみ »

コメント

昔、女学校の教師をしていたことがある父が風呂帰りに歌ってくれたヴェニスの舟唄(高木青葉曲、後藤紫雲詞)にこの学園広場の旋律は似ているように思われます。ゴンドラの唄といい、昔の人はなぜかヴェニスに憧れていたのでしょうか。

投稿: 樹美 | 2014年7月25日 (金) 11時36分

懐かしく思い出のある曲です。でも保存・削除の繰り返しです。青春そのものが、まさに不安定で脆弱そのものだったのでしょう。連続再生はいいですね。お元気でがんばってください。

投稿: にしちゃん | 2014年8月22日 (金) 10時01分

ほのぼのとした学園ソングで遠い青春時代を思い出します。2番の歌詞の「涙流した友もある、愉快にさわいだ時もある」は、「涙流した時もある、愉快にさわいだ時もある」の方がよかったのではと聞くたびに思っていました。「友もある」は「友もいる」の方がよさそうだし、次句の「さわいだ時もある」の「時」にそろえてスムーズにつながるように思います。

投稿: 黒部太陽 | 2014年9月17日 (水) 15時26分

↑ 同意。プロの作詞家がこんな整合性のとれない歌詞を作るはずがありません。レコーディングのとき舟木一夫がまちがえて歌ったのが定着したのではないでしょうか。

投稿: 元ブンブン | 2014年9月17日 (水) 16時04分

なるほどそうですね、たしかに言葉がぎくしゃくしてますね。
次の様に推測してみました。
「涙流した友もある」は次の三つの苦し紛れの合体ではないでしょうか?

1)友達がいた。
2)その友達のことを思い私は涙を流した。
3)そのような時もあった。

また、次に続く句「愉快にさわいだ時もある」との韻を踏むため、涙を流すのも、愉快に騒ぐのも私で、
”・・・もある”と揃えて止めたかったのかもしれません。

「涙流した時もある」としますと、友が消えてしまいますし、「涙流した友もいる」としますと、涙する人は私でなく友であるように思えます。

私のこじつけかも知れませんが・・・
たしかに変な文章ですね。

投稿: yoko | 2014年9月17日 (水) 18時50分

失礼、上記コメント訂正します。

2)その友達のことを思い私は涙を流した。

は誤りで、学園祭やスポーツ大会などで、共に喜びあい、感激しあって涙を流した、と理解すべきだろうと思います。

投稿: yoko | 2014年9月17日 (水) 19時03分

数年前ですがTVで遠藤実先生が出演されておられまた。
会話の中で高校には行けなかったが、今でも憧れが有ることを少年のように語っておられました。
もし高校に行かれていたら、この曲のような素直で夢見るような作曲はできなかったのではと思います。
遠藤先生の作曲には、多くの人の心を和ませるものがありますが、人一倍苦労されたゆるぎない土台があるので時代を経ても色あせない凄味も感じます。

投稿: お散歩おじさん | 2014年10月20日 (月) 23時38分

最新の”青春のパラダイス”という題名に惹かれてコメントしたかったのですが、少し世代がずれているせいか私の知らない曲でした。
そこで、学園広場”にコメントします。

>もし(遠藤先生が)高校に行かれていたら、この曲のような素直で夢見るような作曲はできなかったのではと思います。

そうだったんですか。納得できます。
これは同様に私についても言えることかもしれません。もし私が明るく快活でさわやかな高校生活を過ごしていたなら、このような曲に惹かれることもなかったかも知れません。

私の高校時代は暗くて長いトンネルだったです。私はスポーツが苦手でした。朝、校門をくぐり、今日は3時間目が体育だなぁ、などと思い浮かべていると、苦しくなって校舎の入り口で足が止まり、くるりと向きを変え帰宅しました。学校には病欠の連絡をしました・・・。そんな日もありました。

体育の時間は、バレーボール、バスケットボール、サッカーが主体でした。チームの編成が決まると、私の背中からは「チッ」という舌打ちの声が聞こえました。私が組み込まれたチームのメンバーからです。私はうなだれているしかありません。

ゲームが始まり、笛が吹かれてゲームが終了するまでの時間が何と長く感じられたことでしょう。私はボールに触ることなく、ウロウロとコートの中を動き回っているだけでした。体育の時間が終るとホッとします。今日も一度もボールに触らなかったなぁ、と屈辱となさけない思いで一杯でした。

それに輪をかけて辛くなるのが、時折女生徒達が数人集まってコートの外から男子のプレーを見学しているときです。
リっちゃんがあの中にいるだろうか、という恐れがありました。リっちゃんとは僕の家の近所に住んでいる同学年の幼馴染です。こんなみっともない僕の姿をリっちゃんにだけは見られたくない、という思いがありました。

この恐れは高じて、常時、彼女を避けることになりました。

こんな生徒でしたから授業の方も上の空です。教室ではぼんやりとあらぬことを空想していました。

担任の先生と会話した覚えはありません。父兄懇談会で、先生は私の母に、成績はクラスの最下位で大学は無理だ、と宣告したようです。

暗く長いトンネルも過ぎてしまえばアッと言う間ですね。
それから50年も経ってしまえば、そのトラウマも薄まってしまいます。

今、当時は拒んでいた、舟木一夫の青春の歌も大好きです。

♪ 君たちがいて僕がいた ♪
♪ みんなみんなどこに行く、
  街に花咲く乙女たちよ ♪

投稿: yoko | 2015年6月 9日 (火) 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黒い傷あとのブルース | トップページ | 輝くひとみ »