« 学園広場 | トップページ | 死ぬほど愛して »

輝くひとみ

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:J. E. Carpenter、作曲:W. T. Wrighton、日本語詞:龍田和夫

1 相見るまでの 遠き別れぞ
  今宵夢見し わが胸燃ゆる
  きみが言葉を 風よ送れや
  月の浜辺に きみが微笑み
  きみが言葉を 風よ送れや
  月の浜辺に きみが微笑み

2 あかつき染むる 波の彼方に
  きみが姿は 星と輝く
  まなこ閉ずれば 甘き夢見つ
  まなこ開ければ きみが微笑み
  まなこ閉ずれば 甘き夢見つ
  まなこ開ければ きみが微笑み

 Her Bright Smile Haunts Me Still

1. 'Tis years since last we met,
   And we may not meet again.
   I have struggled to forget
   But the struggle was in vain.
   For her voice lives on the breeze,
   And her spirit comes at will,
   In the midnight on the seas,
   Her bright smile haunts me still.
   For her voice lives on the breeze
   And her spirit comes at will.
   In the midnight on the seas
   Her bright smile haunts me still.

2. At the first sweet dawn of light,
   When I gaze upon the deep,
   Her form still greets my sight
   While the stars their vigils keep.
   When I close mine aching eyes,
   Sweet dreams my senses fill,
   And from sleep when I arise
   Her bright smile haunts me still.
   When I close mine aching eyes,
   Sweet dreams my senses fill,
   And from sleep when I arise
   Her bright smile haunts me still.

3. I have sailed 'neath alien skies,
   I have trod the desert path,
   I have seen the storm arise
   Like a giant in his wrath.
   Every danger I have known
   That a reckless life can fill,
   Yet her presence is not flown,
   Her bright smile haunts me still.
   Every danger I have known
   That a reckless life can fill,
   Yet her presence is not flown,
   Her bright smile haunts me still.

《蛇足》 イギリスの劇作家で作曲家のJ. E. カーペンター(Joseph Edwards Carpenter 1813-1885)の詞に、W. T. ライトン(William Thomas Wrighton 1816-1880)が曲をつけたもの。

 カーペンターは多数のミュージカルのほか、ヘンリー・ビショップやスティーヴン・グローヴァーなどの作曲家と組んで、2500曲にのぼる歌を作っています。

 『輝く瞳』は、失恋なのか死別なのかはわかりませんが、とにかく去っていった恋人の輝くような微笑みがどうしても忘れらない、といった内容です。現代に至っても廃れることなく、メアリー・ホプキンなど多くの歌手が歌っています。

 日本語詞としては、上記のほか、近藤朔風の『ほととぎす』や犬童球渓(いんどう・きゅうけい)の『秋夜懐友』があります(下記)。両方とも別れた友人を偲ぶ内容で、原詞のような恋歌ではありません。

 近藤朔風は多くの外国曲に日本語詞をつけていますが、その多くが『菩提樹』のように、原詞の内容をできるだけ生かそうとしているのが特徴です。
 ところが、この曲ではそうなっていません。それは、この日本語詞がドイツの詩人ルードヴィッヒ・ウーラントの詩にシューマンが曲をつけた『暗路
(やみじ)』として発表されたからです。それが、どういういきさつかわかりませんが、『ほととぎす』とタイトルを変え、ライトンのメロディに乗せて歌われるようになったのです。

 ほかに志村建世の『消えぬおもかげ』がありますが、詞が見つかりませんでした。タイトルからすると、原詞を生かした日本語詞のようですが。

  『ほととぎす』(近藤朔風)

1 おぐらき夜半を 独(ひと)りゆけば
  雲よりしばし 月はもれて
  ひと声いずこ 鳴くほととぎす
  見かえる瞬間(ひま)に 姿消えぬ
  夢かとばかり なおもゆけば
  またも行手(ゆくて)に 暗(やみ)はおりぬ

2 別れし友よ 今はいずこ
  今宵の月に 君を想えば
  心は虚(うつ)ろ 思い出消えず
  悩める胸に 返るは彼(か)の日
  星影たより ともに語りし
  昔の言葉 今ぞ偲ぶ


  『秋夜懐友』(犬童球渓)

1 手慣れ(たなれ)の小琴(おごと) 共にかき撫で
  澄み行く月を めでしも今は
  夢と過ぎつつ 友また遠く
  吾(われ)のみひとり 淋しき窓に
  変わらぬ月を 眺めぞあかす
  とわたる雁よ 思いを運べ

2 端居(はしい)の夕べ 手をとりかわし
  行く末までも 今宵のままと
  誓いしものを その友今は
  海山遠き かなたの里に
  なきゆく雁を いかにか聞ける
  み空の月よ 俤(おもかげ)うつせ

(二木紘三)

|

« 学園広場 | トップページ | 死ぬほど愛して »

コメント

投稿: なち | 2014年8月 6日 (水) 12時41分

73才の男性です。
54年前の高校2年生の時でした。学芸会で女性徒が唱歌『ほととぎす』を独唱で歌ったのを聞いていました。なんと素晴らしい!! 聞き惚れてしまいました。二木さんの“うた物語”は世界の名曲が揃っており、この中の『輝くひとみ』別の歌詞「ほととぎす」は大好きで、良く唄っています。美しい昔の思い出を手記しました。

投稿: 斎藤 孝 | 2014年8月27日 (水) 08時54分

訳詞では原詩と関係なさそうなほととぎすが歌われていますが、それには深い深い訳があります。万葉集以来、ほととぎすは「懐旧の鳥」と理解され、その声を聞くと、無性に昔の人が懐かしく思い出されるという共通理解があったのです。訳詞者はそのことを踏まえて、まず1番でほととぎすの声を聞き、2番で旧友を思い出させているのです。原詩は恋人ですが、訳詞では旧友になっているのは、明治という時代の制約があったのかもしれません。
 現代人はそのようなほととぎす理解を学ぶことがなかったため、1番と2番の飛躍に違和感を覚えるのではないでしょうか。詳しくはブログ「うたことば歳時記」の中の「懐旧のほととぎす」「唱歌『ほととぎす』」をご覧下さい。

投稿: miik3 | 2015年6月22日 (月) 21時11分

 「小暗き夜半を独り行けば、 ラララ〜  夢かとばかりなおも行けば  またも行く手に闇はおりぬ」 と忘れた箇所をハミングして口ずさんでいました。タイトルは「なんだっけ?」とこの数日間思い出そうとしたのですが、だめでした。

 またメロディは歌詞のような寂しさはないのに、なんで「行く手は闇」なんだろうと、気になって仕方がありませんでした。今日たまたまページをクリックしたら、気になっていたメロディにぶつかりました。

 「輝くひとみ」だったのですね。これが「ほととぎす」だったのですね。
すぐ通して歌ってみました。まずはひと安心です。

投稿: konoha | 2017年9月 2日 (土) 10時11分

連投をお許しください。メロディが好きなので忘れた箇所はラララで鼻歌で、詩の意味も考えずに歌っていました。

 日本の詩歌に「ほととぎす」が わりと登場しますが、暗いイメージが多い気がします。(勿論、憶測と独断ですが)

 近藤朔風の「ほととぎす」の詩にライトンの曲のイメージが、どうしても私には合わない気がします。それというのも朔風の詩は心の指針としていた友が逝ってしまった「たまらない寂寥感」というものを感じるからです。

 夜に姿も見せず鳴く鳥のイメージから「死」の暗い影を感じとっていたもかも知れませんね。(これも憶測と独断です。)「卯の花に鳴くほととぎす」に出てくる「ほととぎす」とは正反対です。

 朔風のとは違って、「輝くひとみ」の愛した人への想い、また「秋夜懐友」の心穏やかに友を偲ぶ様子にライトンの曲がぴったりだなと思いました。この曲に「ほととぎす」の詩が結びついたのが不思議です。

投稿: konoha | 2017年9月 2日 (土) 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 学園広場 | トップページ | 死ぬほど愛して »