« 学園広場 | トップページ | 死ぬほど愛して »

2014年8月 6日 (水)

輝くひとみ

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:J. E. Carpenter、作曲:W. T. Wrighton、日本語詞:龍田和夫

1 相見るまでの 遠き別れぞ
  今宵夢見し わが胸燃ゆる
  きみが言葉を 風よ送れや
  月の浜辺に きみが微笑み
  きみが言葉を 風よ送れや
  月の浜辺に きみが微笑み

2 あかつき染むる 波の彼方に
  きみが姿は 星と輝く
  まなこ閉ずれば 甘き夢見つ
  まなこ開ければ きみが微笑み
  まなこ閉ずれば 甘き夢見つ
  まなこ開ければ きみが微笑み

 Her Bright Smile Haunts Me Still

1. 'Tis years since last we met,
   And we may not meet again.
   I have struggled to forget
   But the struggle was in vain.
   For her voice lives on the breeze,
   And her spirit comes at will,
   In the midnight on the seas,
   Her bright smile haunts me still.
   For her voice lives on the breeze
   And her spirit comes at will.
   In the midnight on the seas
   Her bright smile haunts me still.

2. At the first sweet dawn of light,
   When I gaze upon the deep,
   Her form still greets my sight
   While the stars their vigils keep.
   When I close mine aching eyes,
   Sweet dreams my senses fill,
   And from sleep when I arise
   Her bright smile haunts me still.
   When I close mine aching eyes,
   Sweet dreams my senses fill,
   And from sleep when I arise
   Her bright smile haunts me still.

3. I have sailed 'neath alien skies,
   I have trod the desert path,
   I have seen the storm arise
   Like a giant in his wrath.
   Every danger I have known
   That a reckless life can fill,
   Yet her presence is not flown,
   Her bright smile haunts me still.
   Every danger I have known
   That a reckless life can fill,
   Yet her presence is not flown,
   Her bright smile haunts me still.

《蛇足》 イギリスの劇作家で作曲家のJ. E. カーペンター(Joseph Edwards Carpenter 1813-1885)の詞に、W. T. ライトン(William Thomas Wrighton 1816-1880)が曲をつけたもの。

 カーペンターは多数のミュージカルのほか、ヘンリー・ビショップやスティーヴン・グローヴァーなどの作曲家と組んで、2500曲にのぼる歌を作っています。

 『輝くひとみ』は、失恋なのか死別なのかはわかりませんが、とにかく去っていった恋人の輝くような微笑みがどうしても忘れらない、といった内容です。現代に至っても廃れることなく、メアリー・ホプキンなど多くの歌手が歌っています。

 日本語詞としては、上記のほかに志村建世の『消えぬおもかげ』、近藤朔風の『ほととぎす』、犬童球渓(いんどう・きゅうけい)の『秋夜懐友』があります(下記)。このうち、『ほととぎす』と『秋夜懐友』は、別れた友人を偲ぶ内容で、原詞のような恋歌ではありません。

 近藤朔風は多くの外国曲に日本語詞をつけていますが、その多くが『菩提樹』のように、原詞の内容をできるだけ生かそうとしているのが特徴です。
 ところが、この曲ではそうなっていません。それは、この日本語詞がドイツの詩人ルードヴィッヒ・ウーラントの詩にシューマンが曲をつけた『暗路
(やみじ)』として発表されたからです。それが、どういういきさつかわかりませんが、『ほととぎす』とタイトルを変え、ライトンのメロディに乗せて歌われるようになったのです。

 『消えぬおもかげ』

1 わかれた人の おもかげ今も
  心なやます とおい旅路に
  風にきこえる その人の声
  波間に浮かぶ その人の顔
  払いのけても 去らぬおもかげ
  旅の空にも 消えぬおもかげ

2 夜明けも近く ひかる星かげ
  見上げる空の くらい深みに
  またもほほえむ その人の顔
  まなこ閉じれば 夢をなやます
  払いのけても 去らぬおもかげ
  旅の空にも 消えぬおもかげ  

 『ほととぎす』(近藤朔風)

1 おぐらき夜半を 独(ひと)りゆけば
  雲よりしばし 月はもれて
  ひと声いずこ 鳴くほととぎす
  見かえる瞬間(ひま)に 姿消えぬ
  夢かとばかり なおもゆけば
  またも行手(ゆくて)に 暗(やみ)はおりぬ

2 別れし友よ 今はいずこ
  今宵の月に 君を想えば
  心は虚(うつ)ろ 思い出消えず
  悩める胸に 返るは彼(か)の日
  星影たより ともに語りし
  昔の言葉 今ぞ偲ぶ


 『秋夜懐友』(犬童球渓)

1 手慣れ(たなれ)の小琴(おごと) 共にかき撫で
  澄み行く月を めでしも今は
  夢と過ぎつつ 友また遠く
  吾(われ)のみひとり 淋しき窓に
  変わらぬ月を 眺めぞあかす
  とわたる雁よ 思いを運べ

2 端居(はしい)の夕べ 手をとりかわし
  行く末までも 今宵のままと
  誓いしものを その友今は
  海山遠き かなたの里に
  なきゆく雁を いかにか聞ける
  み空の月よ 俤(おもかげ)うつせ

(二木紘三)

« 学園広場 | トップページ | 死ぬほど愛して »

コメント

投稿: なち | 2014年8月 6日 (水) 12時41分

73才の男性です。
54年前の高校2年生の時でした。学芸会で女性徒が唱歌『ほととぎす』を独唱で歌ったのを聞いていました。なんと素晴らしい!! 聞き惚れてしまいました。二木さんの“うた物語”は世界の名曲が揃っており、この中の『輝くひとみ』別の歌詞「ほととぎす」は大好きで、良く唄っています。美しい昔の思い出を手記しました。

投稿: 斎藤 孝 | 2014年8月27日 (水) 08時54分

訳詞では原詩と関係なさそうなほととぎすが歌われていますが、それには深い深い訳があります。万葉集以来、ほととぎすは「懐旧の鳥」と理解され、その声を聞くと、無性に昔の人が懐かしく思い出されるという共通理解があったのです。訳詞者はそのことを踏まえて、まず1番でほととぎすの声を聞き、2番で旧友を思い出させているのです。原詩は恋人ですが、訳詞では旧友になっているのは、明治という時代の制約があったのかもしれません。
 現代人はそのようなほととぎす理解を学ぶことがなかったため、1番と2番の飛躍に違和感を覚えるのではないでしょうか。詳しくはブログ「うたことば歳時記」の中の「懐旧のほととぎす」「唱歌『ほととぎす』」をご覧下さい。

投稿: miik3 | 2015年6月22日 (月) 21時11分

 「小暗き夜半を独り行けば、 ラララ〜  夢かとばかりなおも行けば  またも行く手に闇はおりぬ」 と忘れた箇所をハミングして口ずさんでいました。タイトルは「なんだっけ?」とこの数日間思い出そうとしたのですが、だめでした。

 またメロディは歌詞のような寂しさはないのに、なんで「行く手は闇」なんだろうと、気になって仕方がありませんでした。今日たまたまページをクリックしたら、気になっていたメロディにぶつかりました。

 「輝くひとみ」だったのですね。これが「ほととぎす」だったのですね。
すぐ通して歌ってみました。まずはひと安心です。

投稿: konoha | 2017年9月 2日 (土) 10時11分

連投をお許しください。メロディが好きなので忘れた箇所はラララで鼻歌で、詩の意味も考えずに歌っていました。

 日本の詩歌に「ほととぎす」が わりと登場しますが、暗いイメージが多い気がします。(勿論、憶測と独断ですが)

 近藤朔風の「ほととぎす」の詩にライトンの曲のイメージが、どうしても私には合わない気がします。それというのも朔風の詩は心の指針としていた友が逝ってしまった「たまらない寂寥感」というものを感じるからです。

 夜に姿も見せず鳴く鳥のイメージから「死」の暗い影を感じとっていたもかも知れませんね。(これも憶測と独断です。)「卯の花に鳴くほととぎす」に出てくる「ほととぎす」とは正反対です。

 朔風のとは違って、「輝くひとみ」の愛した人への想い、また「秋夜懐友」の心穏やかに友を偲ぶ様子にライトンの曲がぴったりだなと思いました。この曲に「ほととぎす」の詩が結びついたのが不思議です。

投稿: konoha | 2017年9月 2日 (土) 18時22分

昭和23年に学制改革があり、それまでの旧制中学校4年生が新制高校1年生に。旧制中学校が同じ町の旧制女学校と生徒を折半交換して私は抽選の結果荒くれの中学からしとやかな女学校に引っ越しました。それまでは音楽の教師もおらず、軍歌しか知らなかった「音楽」に専任の音楽の先生、音楽の教科書が!最初に出会ったのが近藤朔風作詞の「闇路」でした。初めて女学生たちと声をそろえて歌ったこの曲の歌詞・曲とも85歳の今も全部覚えています。
先ほど突然思い出し、このサイトで発見、聞きながら青春の思い出に涙が溢れました。

投稿: 安田 稔 | 2017年12月23日 (土) 08時18分

何度聴いても佳い曲ですね。机周りを片付けながら、なんどもリピートしそうです。

投稿: konoha | 2017年12月23日 (土) 09時29分

 「丘の上の白い校舎」から順繰りで、「輝くひとみ」にきました。一日違いで先の投稿から2年経ったのですね。やはり佳い曲です。メロディにほっとした気持ちになります。どうしてもリピートしたくなりますね。今年は机周りの掃除は終わりました。

投稿: konoha | 2019年12月24日 (火) 19時37分

『ほととぎす』(近藤朔風)の歌詞について
(1)この唱歌『輝くひとみ』のメロディーは、昭和20年代に義務教育を受けた私を含む日本人には題名『ほととぎす』としてしか思い出されず歌われないと考えます。また、不思議なことに、このメロディーは、私には記憶の感覚ではなく流血の様に、『ほととぎす』の歌詞を想起させ、歌わせます。
(2)但し、この歌のメロディーに合わせて私が思い出す歌詞は、第一番「おぐらき夜半・・・暗はおりぬ」は同じですが、第二番の歌詞が次のとおり違います。習ったのは中学二年(昭和29年・1954年)の頃の音楽の教科書によります(現物の所蔵なし)。同年輩の方々のご記憶を戴ければ幸いですむ。
******************************************
2 別れし友よ 何処(いずこ)か今は
別れし友を 永久(とわ)にぞ思う
暗道(やみじ)を共に 語りし友の
想い出消えず 心は虚はうつ)ろ
夢かとばかり なおもゆけば
またも行手(ゆくて)に 暗(やみ)はおりぬ
*******************************************
(3)単語「ほととぎす」の頻用と唱歌『ほととぎす』の出現
単語「ほととぎす」は、万葉集に153例見られるなど、日本では古来、様々な文献に登場し、その漢字表記は約13例(例えば、不如帰、時鳥、郭公、子規など)が知られています。
作詞者・近藤朔風(1880年生-1915年没)の時代には、「鳴いて血を吐く子規(ほととぎす)」に因む俳人・正岡子規(1867-1907)の活躍、俳句雑誌「ホトトギス」の創刊(1897)、日清&日露戦争・旅順攻略等における親友や戦友の戦死、不如帰(帰るにしかず・帰るのが何より一番・帰りたいけれども帰れない)の伝説、徳富蘆花の新聞小説『不如帰(ほととぎす)』のヒット(1900年頃)等々が知られています。
(以上の出典:Wikipedia「ホトトギス」)
かかる時代背景のもとで離別状態の親友への安否の思いを『ほととぎす』に託した唱歌が誕生しても何も不思議ではないと考える次第です。
私には、この歌詞『ほととぎす』の真意が、外地で戦死した親友への挽歌にある気がしてなりません。
以上

投稿: josame | 2020年8月23日 (日) 00時17分

冒頭部に記載の『輝くひとみ』の原歌詞(英文)の日本語への置換を試みました。
この歌詞 “Her Bright Smile Haunts Me Still”は、物語曲(バラッド)で、その主題は、船員、航海、甲板、夢想、快速船、船の装備&索具(帆綱等)、教会、不在、および愛とのことです(出典)。
(出典) https://levysheetmusic.mse.jhu.edu/collection/181/120
翻訳(和訳)歌詞が多い理由はバラッドの魅力にあるのかもしれません。
このページに記載の翻訳歌詞・全4編を、主人公の「立場」・「思いの内容」・「思う対象と関係」に基づき原歌詞に近い順に列記すると次の様になります(例示):『消えぬおもかげ』(志村建志)>『輝くひとみ』(龍田和夫)>『秋夜懐友』(犬童球渓)>『ほととぎす』(近藤朔風)。 
なお、以下の歌詞は、最上部の“SOUNDCLOUD”に合わせて歌えるように置換されています。
**********************************************
輝く笑顔(えがお) 眼(まなこ)に浮かぶ

再会(さいかい)思わず 旅に幾年(いくとせ)
忘れられない 思いに悩む
彼女の声を 風がささやき
彼女の心 身に染(し)みわたる
海原の上 真夜中さえも
輝く笑顔(えがお) 眼(まなこ)に浮かぶ

夜明けの星の 海原見れば
彼女の姿 瞼(まぶた)に映る
痛む眼(まなこ)を 閉じれば甘い
夢が溢(あふ)れる 胸いっぱいに
寝覚(ねざ)めはいつも 彼女の姿
輝く笑顔(えがお) 眼(まなこ)に浮かぶ

他国の海原 砂漠をわたり
荒れる巨大な 嵐に耐えて
無謀な人生 出あうは苦難
あらゆる危難 乗り越え来たが
なぜか彼女の 姿が消えず
輝く笑顔(えがお) 眼(まなこ)に浮かぶ
**********************************************
(以上)

投稿: josame | 2020年8月25日 (火) 23時26分

「焼場に立つ少年」を歌にしました。
題名は『あの日の少年(「焼場に立つ少年」)』です。
下記の歌詞は、このうた物語HP『輝くひとみ』の
原曲&原歌詞(英文)を援用し、冒頭のSOUNDLCOUDのメロディーに合わせて歌えるよう作成されています。
【説明】「焼場に立つ少年」は、米国従軍カメラマン・オダネル氏(当時23歳)が撮影した原爆投下1945/8/9後の被爆写真30枚のうちの1枚の写真の題名です。
その写真は、1945年に長崎市内を南北に貫く浦上川の川岸の火葬場で撮影されました。
詳細については、次の出典と写真2例示URLをご参照下さい。

出典:Wikipedia「焼き場に立つ少年」
Wikipedia「ジョー・オダネル」
写真(2例示):
https://www.cbcj.catholic.jp/2018/08/16/17156/
https://www3.nhk.or.jp/news/special/senseki/article_22.html

写真の原典:
署名『トランクの中の日本』
原著:ジョー オダネル ( Joe O’Donnell )
出版:小学館1995/5/19発売

*** 記 ****************************

あの日の少年 (「焼き場に立つ少年」)

長崎はなれ 旅に幾年(いくとせ)
忘れられない 思いに耽(ふけ)る
長崎の声を 風がささやき
長崎の心 身に染(し)みわたる
海原の上 真夜中さえも
あの日の少年 眼(まなこ)に浮かぶ

夜明けの星の 海原見れば
長崎の影(かげ) 瞼(まぶた)に映る
眼(まなこ)閉じれば 浦上川(うらかみがわ)の
悲しみ溢(あふ)れる 胸いっぱいに
寝覚(ねざ)めはいつも 長崎の姿
あの日の少年 眼(まなこ)に浮かぶ

他国の海や 砂漠をわたり
荒れる巨大な 嵐に耐えて
無謀な人生 出あうは苦難
あらゆる危難 乗り越え来たが
それにも勝(まさ)る あの日の少年
祈りに込める 命の平和
*********************************
(以上)

投稿: josame | 2020年9月 3日 (木) 01時01分

josame様
 お書きになった「あの日の少年『焼き場に立つ少年』」の歌詞で二木先生のメロディーを聴くうちに、不覚にも涙がこぼれました。
 ご紹介いただいたURLから、この少年の名前は「あきひろ」君で、翌昭和21年春に諫早の小学校を卒業しているらしいことが挙げられていますが(とすれば、この写真の時は小学6年生)、いずれも確定的な情報がなく未確認のようですね。また、この写真をキチンと見た専門のお医者さんによれば、彼はどうやら原爆症にかかっているようだとのこと。このようなことから、やはりこんにちまで存命してはいない可能性が高いのでしょうか。もしご存命なら満87~88歳のはず。何か名乗れない事情があって、いまでもどこかでお元気で暮らしておられればよいがと願うほかありません。

投稿: Snowman | 2020年9月 7日 (月) 15時13分

歌詞『長崎あの日1945年8月9日』を作りました。この歌詞は『輝くひとみ』のメロディーを援用しています。
このSOUNDCLOUDに合わせて歌えるよう、以下、歌詞のみ記載させて戴きます。
この歌詞作成の経緯と説明は、この「うた物語」の『長崎の鐘』のページに記載されています。ご移行の上、ご覧下さい。
:********************************
長崎あの日1945年8月9日


長崎あの日 ピカドン原子野(げんしや)
灼熱地獄(しゃくねつじごく) 苦悶に呻(うめ)く
これぞ人災 非道の極(きわ)み
全ての人が 肝(きも)にぞ銘(めい)じ
この世の誰(だれ)も 行(い)くな戦争
謀(はか)るな戦争 売るな戦争


あの日の救い 天主堂と
あの日の命(いのち) 浦上川(うらかみがわ)の
慰(なぐさ)め励まし 総身(そうみ)に受けて
長崎人(びと)は 世界に謳(うた)う
この世の誰(だれ)も 行(い)くな戦争
謀(はか)るな戦争 売るな戦争


限定戦争 限定(げんてい)外(はず)れ
核の装備を 互いに競(きそ)い
核(かく)捨(す)てきれず 交戦すれば
いずれピカドン 原子野(げんしや)地球
命の平和 祈りに込めて
長崎の鐘 世界へ鳴らす
(以下繰り返し)
この世の誰(だれ)も 行(い)くな戦争
謀(はか)るな戦争 売るな戦争
*****************************

[付記] このコメント拙文の上段には長崎被爆の『あの日の少年(「焼場に立つ少年」)』が投稿されています。この歌詞は『輝くひとみ』のメロディーを援用し、このSOUNDCLOUDメロディーにて合わせて歌えます。ご覧下さい。
(以上)

投稿: josame | 2020年9月27日 (日) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 学園広場 | トップページ | 死ぬほど愛して »