« アリラン | トップページ | ダヒル・サヨ »

東京アンナ

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:藤間哲郎、作曲:渡久地政信、唄:大津美子

1 ライトの虹を 踏みながら
  銀座の夜を ひらく薔薇
  ああ誰(たれ)か呼ぶ 舞姫の
  その名はアンナ 東京アンナ
  噂のアンナ

2 柔(やわら)な肌を 黒髪に
  隠せど甘き 流し瞳(め)
  ああ誰ゆえに 情熱の
  その名はアンナ 東京アンナ
  妖(あや)しきアンナ

3 重ねる酒の 激しさは
  堪(こら)えた恋の しわざやら
  ああ誰が知ろ くずれ咲く
  その名はアンナ 東京アンナ
  吐息のアンナ

《蛇足》 昭和30年(1955)10月にキングレコードから発売されました。『ここに幸あり』『いのちの限り』『銀座の蝶』などと並ぶ大津美子のヒット曲。

 ラテンのリズムが快いですね。落ち込んでいるときに聞くと、気持ちが昂揚してきます。

 ナイトクラブやキャバレーのフロアダンサーをテーマとした歌ですね。
 私は、フロアダンサーが踊るような店に行ったことがないので、実物を知りません。その昔、日活の無国籍映画で白木マリ
(のち万里と改名)がキャバレーで踊るのを見て、フロアダンサーというものの存在を知っただけです。

 学生で若かったので、白木マリが半裸で踊るのを見て興奮したものです。小林旭がすぐ金子信雄の子分たちと乱闘を始めたりして、ダンスはおしまいになってしまいました。
 そんな程度で興奮するなら、多少収入があるようになったとき、そういう場所に行けばよかったのに、1人ではもちろん行かないし、友人たちに誘われても、できるだけ避けるようにしていました。『東京ナイトクラブ』に書いたように、ホステスさんと話すのが苦手だったからです。

 久しぶりに会った友人たちは、私と話すより、ホステスと話したり、ダンスをしたりするほうがおもしろいらしく、私が話しかけても上の空でした。彼らは、冗談をいってホステスたちをキャーキャー笑わせ、高い酒を飲ませているのに、お金をもらうのではなく、払います。これは、なんとも不思議な経済関係だなんて思っていました。まあ、バブルのころの話ですが。
 てなこと考えているから、私は、ホステスさんに「コチラ、お静かね」と冷笑され、放っておかれるわけです。もてない男のひがみでしょうか。ひがみでしょう。野暮の骨頂。

(二木紘三)

|

« アリラン | トップページ | ダヒル・サヨ »

コメント

「渡久地政信の『踊子』『東京アンナ』と『池袋の夜』『長崎ブルース』とでは同じ作曲家かと思うくらい曲風が激変?」と投稿した翌日、「うた物語 最近の記事」に『東京アンナ』がアップされたので、偶然にビックリしている今日この頃です。ラテンリズムと盛り場演歌とでは、曲風の激変は当たり前と言えば当たり前の話ですが…。
《蛇足》の「白木マリが半裸で踊るのを見て興奮…小林旭がすぐ金子信雄の子分たちと乱闘…ダンスはおしまい」は、二木先生とほぼ同世代なのでよく分かります(当方は終戦前年生まれ)。日活無国籍アクションの定番だった白木マリのフロアショーには当方も興奮したものです(その話をするとカミサンは顔をシカメますが)。昔々の思い出です。

投稿: 焼酎百代 | 2014年12月30日 (火) 12時47分

 『東京アンナ』は、今聞いても軽快な旋律、モダンな感じの曲です。
と簡単にコメントして・・<蛇足>の言葉に関連して思うことをのべてみたい。
「半裸で踊るのを見て興奮・・」昔の自分を思い出して、まったく同感の思いがあります。露出過剰の風潮の今、そういう姿をなんとも思わなくなった、そういう自分は何なのか、戦後の日本文化とは何であったのか・・などと大仰な思いが広がります。
今や「半裸」という言葉にインパクトがない。超ミニスカートなど、すでに日常的半裸ではないか・・
 過ぎたるは及ばざるが如しとは、こういう露出文化の運命を言い当てたものではないでしょうか。
 
 キャバレーなどの「コチラ」という言い方も含みのある言葉ですね。「アチラ、軽薄、賑やか、巧言令色」「コチラ、重厚、沈思黙考、冷静沈着」というところでしょうか。あるいは「アチラ、恥知らず」「コチラ、恥ずかしがりや」でしょうか。
 浅草や玉の井に出没した作家の永井荷風は両方できたということか。観察するという執念があれば、アチラもコチラも可能なのか・・
いやいや、もって生まれた性分というものではないかと思います。

投稿: 音乃(おとの) | 2014年12月30日 (火) 13時36分

渡久地先生の、名曲のひとつですね。
「昭和30年代、接待なんかに、よく利用した。」と、職場の先輩に聞いたモンです。
二木さんの仰るとおり、日活映画で白木マリさんが、よく演じてらしたのを、名画座で観ました。
聴くと踊りたくなります。

投稿: みやこ路快速 | 2014年12月31日 (水) 11時32分

 二木先生、素晴らしい曲をありがとうございました。
演奏で聴く「東京アンナ」もリズム感に溢れ最高です。
 独身時代、社交ダンス教室に通っていた頃を想い出し自然とステップを踏んでしまいました。

投稿: あきら | 2015年1月26日 (月) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アリラン | トップページ | ダヒル・サヨ »