« ダヒル・サヨ | トップページ | 若い二人 »

硝子(ガラス)のジョニー

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:石濱恒夫、作曲・唄:アイ・ジョージ

1 黒い面影 夜霧に濡れて
  ギターも 泣いている
  ジョニーよ どこに
  いつかは 消えてゆく
  恋の夢よ

2 赤い花束 なみだにうるむ
  何故に 帰らぬ
  ジョニーよ どこに
  いつまた 逢える日
  淡い夢よ

3 黒い太陽 まぶたに消えて
  空しい グラスよ
  ジョニーよ どこに
  語らん いついつ
  恋の夢よ

《蛇足》 昭和36年(1961)、日本コロムビアから発売。
 大ヒットしたので、翌年日活が『硝子のジョニー 野獣のように見えて』というタイトルで映画化しました。蔵原惟繕監督で、主演は宍戸錠と
芦川いづみ。アイ・ジョージも準主役で出演しています。

 アイ・ジョージは昭和8年(1933)生まれで、本名は石松讓治。アイは苗字の頭文字、ジョージは名前をカタカナにしたもの。母親はスペイン系フィリピン人。
 父親の仕事の都合で香港や中国各地、フィリピンを転々としたものの、一家の生活は豊かだったようです。
 しかし、幼時に母親が亡くなり、父親も徴兵され、復員後まもなく亡くなったため、讓治は十代半ばで孤児となりました。その後、パン屋や運送屋、ボクサー、競輪選手など多くの職業を経て、流しの歌手になりました。

 やがて歌のうまさが認められて、プロデビューします。小柄ながら、分厚い胸板から繰り出す大声量と本格的な歌唱が圧巻でした。
 ずば抜けた歌唱力にもかかわらず、ヒットしたのは『硝子のジョニー』と、志摩ちなみとデュエットした『赤いグラス』ぐらい。数多くの曲をレコーディングしていますが、外国のポピュラーソングや民謡のカバーがほとんどでした。

 曲に恵まれなかっただけかもしれませんが、彼の歌唱法が日本の演歌的風土に合わなかったのではないでしょうか。平時で、かつ両親を早くに亡くすようなことがなかったなら、音大に進んでクラシック系の歌手になっていたかもしれません。そう思わせるほどの正統的な発声と表現力でした。
 後年、活動の舞台をアメリカに移し、日本のファンからはしだいに忘れられました。惜しいことです。

(二木紘三)

|

« ダヒル・サヨ | トップページ | 若い二人 »

コメント

アイ・ジョージさん、本当に良い声をされてましたね。
ラジオのナツメロ番組で、流れる度に、うっとり聴いています。
映画も、観てみたいです♪

投稿: みやこ路快速 | 2015年1月17日 (土) 07時00分

昭和三十年代中頃は『硝子のジョニー』を始め、洋楽ベースの『月影のナポリ』(森山加代子)や、リズムマンボとリズム都々逸が融合したと言われる『東京ドドンパ娘』(渡辺マリ)がヒットした時期でした。
この時期の前後は通常?の歌謡曲や演歌が一般的?だったから、この時期は特異?(突然変異?)な時期だったのではないかと、音楽ド素人なりに独断と偏見で勝手に解釈する今日この頃です。

投稿: 焼酎百代 | 2015年1月17日 (土) 19時50分

この歌大好きでした。日本人離れしたアイジョージの声と、エキゾチックな風貌が、どこか欧米的な歌詞に似合っており、十代の少女の心を遠い世界に連れ去ってくれました。しかし、彼の歌唱法が日本の風土に合わなかったというのは本当でしょう。親戚が、熱唱する彼を無視して談笑する宴会に出たことを証言しています。湿ったこの世界では実力が発揮できなくて本当に気の毒なことでした。

投稿: Bianca | 2015年1月19日 (月) 11時45分

初めまして
光太郎さんのブログからたどり着きました。
懐かしい曲の数々。
思わず涙が込み上げてきます。
当時の自分の心の在りよう、生き方などが重なります。
過去ログを辿りつつこれからも楽しみにしております。

投稿: りんごちゃん | 2015年1月20日 (火) 18時15分

 光太郎さんと聞いて・・思わず「帰ってこいよ」(村松和子)です。
細かいいきさつは しりませんが、帰ってこいよ、帰ってきてね~

やはり野におけ蓮華草
やはり、二木ブログの光太郎さんではありませんか、という気がします。
(意味不明の皆様には深謝)

投稿: 浮舟 | 2015年1月20日 (火) 23時05分

浮舟様
ご明察です。
二木ブログの光太郎さんです。
過去ログを辿って浮舟様の秀逸なコメントに接しては感銘。これからも楽しみにしております。

投稿: りんごちゃん | 2015年1月24日 (土) 16時00分

アイ・ジョージの代表的なヒット曲といえばこの『硝子のジョニー』や『赤いグラス』ということになるわけですが、アイ・ジョージはこの曲と同名の日活映画のほかに、昭和39年公開の東宝映画「ミスタージャイアンツ 勝利の旗」にも出演しています。
「勝利の旗」の中で、読売巨人軍の優勝祝賀パーティーでの巨人軍応援歌『闘魂こめて』(古関裕而作曲)を、川上哲治、長嶋茂雄、王貞治、広岡達朗、藤田元司…東宝オールスター(宝田明、加東大介、三木のり平、フランキー堺、香川京子、草笛光子、新珠美千代…)らが歌うシーンがありますが、全員の前でタクトを振った背の小さいオッサンがアイ・ジョージでした。

投稿: 焼酎百代 | 2015年5月 5日 (火) 16時13分

巨人軍選手や東宝俳優女優の前でタクトを振ったのは作曲家・服部良一で、アイ・ジョージは全員の前で『闘魂こめて』の音頭を取って歌うという役どころでした(何しろ51年前の映画なので記憶が混同していました)。訂正させて頂きます。

投稿: 焼酎百代 | 2015年5月 5日 (火) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダヒル・サヨ | トップページ | 若い二人 »