« 霧子のタンゴ | トップページ | 20歳のめぐり逢い »

春の唄

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:野口雨情、作曲:草川 信

1 桜の花の 咲く頃は
  うらら うららと 日はうらら
  ガラスの窓さえ みなうらら
  学校の庭さえ みなうらら

2 河原(かわら)で雲雀(ひばり)の 鳴く頃は
  うらら うららと 日はうらら
  乳牛舎(ちちや)の牛さえ みなうらら
  鶏舎(とりや)の鶏(とり)さえ みなうらら

3 畑に菜種(なたね)の 咲く頃は
  うらら うららと 日はうらら
  渚(なぎさ)の砂さえ みなうらら
  どなたの顔さえ みなうらら

《蛇足》 今日、桜がチラホラ咲き始めた川沿いの道を連れ合いと歩いていたら、彼女がこの歌を口ずさみ始めました。そういえば、小学校で習ったなと思いながら、さまざまな状況・時期に見た桜を側頭葉から引っ張り出しているうちに、mp3にしたくなりました。

 春を歌ったいろいろな童謡や唱歌を聞いていると、春愁とは無縁だった子ども時代が、たまらなく懐かしくなります。

 『春の唄』の詩と曲は、雑誌『少女号』(小学新報社)の大正11年(1922)4月号に掲載されました。
 2番の「河原で……」は、「河原に……」とされた時期がありましたが、今では原詩通り「河原で……」で定着しているようです。
 また、唄という漢字が児童にはあまりなじみがないせいか、タイトルを『春の歌』としている歌集もあります。

 なお、戦前に創られた国民歌謡に同名の曲(喜志邦三作詞、内田元作曲)があります。

(二木紘三)

|

« 霧子のタンゴ | トップページ | 20歳のめぐり逢い »

コメント

大好きな歌です。ここ数日、毎日歌っていました。のどかで楽しくてゆったりと春を楽しめる歌ですね。小学校4年生の時に習いました。習った当時より大人になった今のほうが何倍も楽しめる歌です。この歌が聴けてとてもうれしいです。

投稿: ハコベの花 | 2015年3月28日 (土) 00時49分

心が豊かになる、素敵な歌ですね♪
歌詞が美しい楽曲は、やはり良いですね。
1度聴いてみたいです。
(*^_^*)

投稿: みやこ路快速 | 2015年3月28日 (土) 05時42分

木造の小学校舎が思い浮かびます。懐かしの国語の教科書が思い浮かびます。爛漫と咲いた桜の挿絵が蘇ります。迂闊にも春の唄という題名を失念しておりました。麗らかな野辺の景色がまな裏に浮かんで来ます。折しも、連日の花便に在りし日を偲んでおります。その縁ともなる素晴らしいサイトに巡り会えた幸運をかみしめております。さまざまのこの思ひ出す桜かな 芭蕉の名句が胸に沁みます。

投稿: 佐保姫 | 2015年3月28日 (土) 14時56分

 平成19年、国民から募集して文化庁から発表された『日本の歌百選』に、こんないい歌が残念ながら漏れていても、明後日の箕輪小学校桜の下での「お花見コンサート」では皆でこの歌を歌います。福祉委員会の皆さんの手作りの牡丹餅をいただきなが・・・
そして今年もラストはやはり武島・滝の「花」です。 
 
 寄る年や 桜の咲くも 小うるさき (一茶)  あと数年で
 寄る歳や 桜のように 散りなはれ・・・と家内に言われるようでは・・・さみしいなァ。   

 でも、白い雲と青い空と桜と菜の花の写真に心が癒されます。

投稿: 尾谷光紀 | 2015年4月 2日 (木) 22時12分

前回コメントの誤りを訂正致します。
芭蕉の句  さまざまのこと思ひだす桜かな
ことを~このと記しておりました。訂正致します。
尾谷さま紹介の一茶の句を初めて知りました。ありがとうございます。ここに来ると管理人様はじめ博識な方が多く大いに啓蒙されます。又とない勉強の場となっております。それにつけても「春の唄」は聴くほどに郷愁を誘われる歌です。今年の桜は急ぎ足で関東を駆け抜け今日は東北福島に辿りついたようですね。桜は多くの人にとって特別の花ではないでしょうか。どんな無粋な人でも桜を知らない日本人はいないと確信致します。博学だった演歌歌手の三波春夫さんの辞世の句も桜でしたね。「逝く空に桜の花があれば佳し」

投稿: 左保姫 | 2015年4月 2日 (木) 22時37分

みやこ路快速様、ほかの皆様

この歌は子供のとき小学校で習って、「・・うららと日はうらら・・」の部分だけ覚えていて、長い間ずっと何という歌だったのだろうかと思っていたのですが、数年前にこの歌がYouTubeにアップされていることを教えてくれた人がいて、「春の唄」という題名であることを知りました。昔懐かしい童謡歌手田端典子歌っていますのでどうぞ!

https://www.youtube.com/watch?v=rGcbRCaQorU

(このURLを左クリックして青く塗りつぶし、右クリックすると、Google検索という項目があらわれるので、それをクリックすると、アクセスできます。)

投稿: KeiichiKoda | 2015年4月 3日 (金) 08時40分

上の2015/4/3の私のコメントへの追記です。
「このURLを左クリックして青く塗りつぶし、右クリックすると、Google検索という項目があらわれるので、それをクリックすると、アクセスできます。」と書きましたが、ブラウザーとしてIE(インターネット・エクスプローラー)を使っている人には、最近もうひとつ余分のステップが必要になりました。URLを左クリックし、青く塗りつぶしたあと、右クリックする⇒「すべてのアクセラレータ」を選び、(左)クリックする⇒「Googleで検索」を選び、(左)クリックする⇒「春の唄」のURLが青字であらわれるので、それをクリックする。
ブラウザーとして、Google Chromeを使っている人は、URLを青く塗りつぶし、右クリックすると、青字のURLがあらわれるので、それをクリックすればよい、となります。このサイトで、私以外にもhttpではなく、httpsではじまるURLを引用している方がおられますが、それらにも以上のような操作が必要になります。二木先生の音楽が終了してから、以上の操作をしてください。そうでないと2つの音楽が混じり合ってしまいます。老婆心ながらご注意。

投稿: KeiichiKoda | 2015年4月 4日 (土) 07時29分

二木様
昭和30年代に学校放送で良く流れた「くるくるくるみおちるといいな」の歌をご存知でしょうか。いろいろ検索したがみあたりません。題名も忘れたが「くるくるくるみ~」がとても懐かしく適うならもう一度聞きたいと思っております。
KeiichiKoda さま
早速、ご紹介の手順で童謡歌手、田端典子の歌を聴きました。無垢な童女の声が胸に沁みて心洗われる思いが致しました。同時に幼い折に聞いた「可愛い魚屋さん、まりととのさま、ないしょばなし、一休さん」などの童謡も耳に蘇りました。貧しい育ちとて蓄音機などあるべくもなく学校放送が唯一の機会でした。例外的に村に一件ハイカラな家庭があり「花嫁人形、花影、雨降りお月さん、ちんから峠」などのレコードを聴かせてもらったことがあります。通学班ではなかったので僥倖としかいいようのないただ一度の経験でした。一時こどもの情景に浸る至福を提供くださった二木さまKeiichiKodaさまに感謝致します。

投稿: りんご | 2015年4月 4日 (土) 07時51分

この歌は今まで知りませんでした。家族にきくと、幼稚園か保育園で習ったそうです。小生は行かなかったのですが、そのせいかもわかりません。いい歌です。早速音符を写してギターのポロンポロンで弾いてみました。

投稿: 今でも青春 | 2015年4月 5日 (日) 17時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 霧子のタンゴ | トップページ | 20歳のめぐり逢い »