« 涙をふいて | トップページ | 春の唄 »

霧子のタンゴ

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞・作曲:吉田 正、唄:フランク永井

1 好きだから とても とても とても
  好きだから 別れてきたんだよ
  霧子はこの俺 信じてくれた
  それだから 俺はつらくなって
  旅に出たんだよ

2 逢いたくって とても とても とても
  逢いたくて お前の名を呼んだ
  可愛い霧子よ 泣いてはせぬか
  いますぐに 汽車に乗って行きたい
  愛の降る街へ

3 愛してる いまも いまも いまも
  愛してる 死ぬほど愛してる
  心の奥に 生きてる霧子
  幸福(しあわせ)に なっておくれ霧子
  幸福に霧子
  幸福に霧子 幸福に霧子

《蛇足》 昭和37年(1962)にビクターから発売。作曲者の吉田正が作詞まで手がけたという珍しい作品。
 フランク永井は、歌謡曲に転向するまで、ジャズ歌手として進駐軍のクラブ巡りをしていたことから、英語が堪能で、台湾公演の際には、この曲の英語版を披露したそうです。

 リリースの翌年には、日活が同名のタイトルで映画化しました。主演は松原智恵子。可憐でしたなァ。

(二木紘三)

|

« 涙をふいて | トップページ | 春の唄 »

コメント

昭和37年発売と言うことですが、もっと後にヒットしたように感じます。それだけ歌われた期間が長かったのですね。松原智恵子良かったですねエ。

投稿: 海道 | 2015年3月24日 (火) 17時34分

当時、「きなこのダンゴ」という替え歌があったと記憶しています。内容はすっかり忘れてしまいましたが。

投稿: みかん | 2015年3月25日 (水) 00時02分

 吉田正先生は、よほど霧が好きだったのでしょうか。
当時の人々が、霧の歌を好んだということが、背景にあるとは思いますが。
 『哀愁の街に霧が降る』(1956)、『夜霧の第二国道』(1957)を作曲しながら、この曲を自身が作詩もした。
霧という文字・言葉にかなりの愛着があったと思われます。2年後には『霧の中の少女』(1964)が出ます。もうダメ押しという感じです。
 高校生の頃、「霧子」という斬新な名前に惹かれて、聴いてみたが、その霧子が何者なのか、男性とどういう関係なのか、歌詞の上からは、さっぱりわからない。「いや、この曲のタンゴの軽快さだけ楽しめばいいのだ」と、もう一人の自分が言うが、詮索好きのもう一人は納得せず、五里霧中の心境に置かれた。まさに、霧子だった。
 後に「霧の中の少女」(1964)が出た時、そうそう、2年前のあの時の自分は、霧の中のリスナーだったなと、思いました。
 松本清張の『霧の旗』に桐子という女主人公が登場しますが、ちらりとこの『霧子のタンゴ』を思い出しました。
霧子の正体がわからない一方で「霧の丹後(タンゴ)半島」までイメージが広がってしまう曲です。
 おそらく妄想多発性の性格に加えて、兵庫県の出だからでしょう。

投稿: 音乃(おとの) | 2015年3月25日 (水) 13時40分

フランク永井さんはとてもとても好きな歌手でした。
吉田先生の曲想を余すところなく表現できる優れた歌手でした。
それなのにああ無情、とてもとても残念な晩年でした。
「霧子のタンゴ」は特に好きでした。
若かった私も「きりこ」という斬新な名前に理解が及びませんでした。あれから幾星霜、酸いも甘いもかみ分けて今では胸にストーンと落ちる思いが致します。
これが「花子のタンゴ」だったら洒落になりません。
詩まで自ら手掛けられた吉田先生の思い入れが偲ばれます。溶けない謎~好きで好きで死ぬほど好きで~好きだから別れて来た~。深い訳とはなんでしょう。一緒になれぬ定めをあれこれ想定するのは野暮というものでしょう。


投稿: 花子 | 2015年3月25日 (水) 18時19分

 霧子という名前もいいです。今もう一度この曲を聴いていて、演奏がいいです。一定の間隔でリズムを切るようなところがあり、タンゴの感じがいいです。
 昔、「アルフレッド・ハウゼ」というタンゴ演奏の名手がおられましたが、同じような感じを受けました。ダンスの練習をしましたが、タンゴ、ワルツを習い始めたときが終わりでした。卒業が来て就職となりました。

投稿: 今でも青春 | 2015年3月26日 (木) 20時13分

愛しているなら、霧子さんの元へ、帰って上げて下さい。と、聴く度に、思わず言ってしまう私。
霧子さんの気持ちに感情移入してしまう私です。
松原智恵子さん、今も変わらず、可愛くて、素敵な方です。

投稿: みやこ路快速 | 2015年3月28日 (土) 05時49分

夜霧の第二国道からこちらに参りました。
フランク永井はいいですね。
特に「霧子のタンゴ」は亡夫の得意曲でもありました。

昨年3月頃は節操もなくコメント依存症に陥り
「花子」の偽名まで用いていたとは何とも我ながらのこ狡さを恥じ入ります。

投稿: りんご | 2016年7月 7日 (木) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 涙をふいて | トップページ | 春の唄 »