« 月光仮面は誰でしょう | トップページ | この空を飛べたら »

村祭

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


文部省唱歌、作詞:不詳、作曲:南 能衛

1 村の鎮守(ちんじゅ)の神様の
  今日はめでたい御祭日
  ドンドンヒャララ ドンヒャララ
  ドンドンヒャララ ドンヒャララ
  朝から聞こえる笛太鼓

2 年も豊年満作で
  村は総出(そうで)の大祭
  ドンドンヒャララ ドンヒャララ
  ドンドンヒャララ ドンヒャララ
  夜までにぎわう宮の森

3 治まる御代(みよ)に神様の
  めぐみ仰ぐや村祭
  ドンドンヒャララ ドンヒャララ
  ドンドンヒャララ ドンヒャララ
  聞いても心が勇み立つ

《蛇足》 明治45年(1912)に発行された3年生用の音楽教科書『尋常小学唱歌』に収録されたのが初出。以後、平成22年(2010)まで一貫して小学校3年生用の音楽教材として扱われてきました。

 お祭りの風景を見るたびに思い出す歌です。歌詞については記憶が曖昧な部分がありますが、音楽の時間にはまちがいなく歌っていました。タイトルの上にあった横長の挿絵まで覚えています。左端に石段があり、そこを登ると幟が並んでいて、右端に本殿があるといった構図でした。
 歌詞もメロディも、待ちかねたお祭りに心躍らせる子どもの気持ちをみごとに表しています。

 私が子ども時代を過ごした集落では、春には神社、夏には寺院の祭礼があり、そのほか、夏休みに小学校の男児だけで行う道祖神のお祭がありました。
 神社と寺院の祭礼では、多数の露店が並びました。友達と露店を見て回り、親からもらったわずかな小遣いでモノを買うことのなんと楽しかったことか。

 よく買ったモノ……かみかんピストル、かんしゃく玉、プリズム、水風船ヨーヨー、メンコ、綿あめ、ニッキアメ、ゼンマイ自動車など。
Photo_4  かみかんピストルは、直径1.5センチぐらいのロール式火薬
(紙火薬…右の写真)が入っていて、引き金を引くとパンと音がするものです。弾は出ません。
 かみかんは紙火薬がなまったものだと思われます。追加で紙火薬を買うこともできましたが、たいていは、セットで買った紙火薬を撃ち終えると、ピストルもご用済みになりました。

 露店がともすカーバイド・ランプ(アセチレン・ランプ…下の写真)の独特の匂い。行き交う人びとのさんざめき。子どもたちはもちろん、大人たちもみんな楽しそうな顔をしていました。
Photo_5  カーバイド・ランプは、炭化カルシウムと水を反応させ、発生したアセチレンを燃焼させるという単純な構造のランプですが、けっこう明るかったと記憶しています。
 露店の照明が電灯に変わったのは、電力事情が好転した昭和20年代末あたりだったと思います。

 それから映画。神社でも寺院でも、宵祭の夜には露天にスクリーンを張って映画が上映されました。人びとは持参したゴザなどに座って観覧しました。上映されたのは、東映の時代劇が多かったような気がします。

 翌日の本祭の寂しさ。ほとんどの露店が引き払っており、詣でる人もまばらで、ウロウロしているのは、前日の楽しさが忘れられない子どもたちばかり。夏休みが終わって、明日からは学校という日の白茶けた気持ちと同じですね。

 昭和の大合併、平成の大合併を経て、村は激減しました。平成26年2014)4月5日の時点で、市が790、特別区が23、町が745に対して、村はたったの183。栃木県など13県には、村は1つもありません。

 しかし、村祭まで激減したわけではありません。村祭という呼び名には合わないかもしれませんが、今も、合併される前の神社・寺院のエリア単位で祭礼を行っているところが多いようです。
 ただ、ゲームなど多様な娯楽が増えた現在、子どもたちは、かつての子どもたちのようにはお祭に心を沸き立たせなくなっているかもしれません。

(二木紘三)

|

« 月光仮面は誰でしょう | トップページ | この空を飛べたら »

コメント

故郷を離れてもうじき半世紀。
子供の時のお祭り、楽しかったなぁ。
僕に何か出来ることはないだろうか。
旧友とも連絡をとってみたいです。
望郷の念に駆られています。

投稿: yoko | 2015年7月12日 (日) 17時03分

初投稿。昭和9年生まれ「小学校に行っていない」(国民学校入学、国民学校卒業)唯一の年代です。いつも二木さんの知見に畏敬の念を抱きながら拝見拝聴しています。「村祭」学校で教わる前から歌っていた懐かしい歌です。ところで、授業では「御祭日」のメロディが、「ソラシレド」ではなく「ソソラレド」と教わり、違和感を覚えた記憶があります。単なる記憶違いなのか、それとも異本があるのか、ご教示いただけませんか。

投稿: 富井雅郎 | 2015年7月14日 (火) 14時03分

富井雅郎様
 私がmp3作成に使用した『童謡・唱歌ピアノ全集』(株式会社デプロ)ではハ長調でソラシレドになっています。『こどものうた』(野ばら社)ではト長調でソラシレドでしたが、『尋常小学唱歌128』(オンキョウパブリッシング)ではヘ長調でソソラレド、『全音歌謡曲全集(1)』(全音楽譜出版社)ではト長調でソソラレドでした。
 これではどっちが原音かわからないで、童謡・唱歌研究家・池田小百合さんの『なっとく童謡・唱歌」を拝見したところ、興味深い事実がわかりました。
 それによると、初出の明治45年版から昭和7年版まではト長調でソラシレドでしたが、昭和17年版ではト長調でソソラレドに、昭和22年版以降ではヘ長調でソソラレドとなっています。どうしてこうした変更がなされたのかはわかりませんが、とにかくソラシレドが原音だということはわかりました。(二木紘三)

投稿: 管理人 | 2015年7月14日 (火) 16時02分

富井様にもご覧戴きたくてコメント欄に投稿させていただきます。 ソラシレド→ソソラレドについてです。あくまでも私なりの推測、私見ですので…。
 「ソラシレド」で歌うと「大人風な歌い方」、つまり「流行歌(はやりうた)的でヨロシくない」と横槍がはいったのではないかと…。昭和17年、戦時中ですしねぇ。
 「ソソラレド」だと「子供ぽくってヨロシい」と、ちょっと歌いにくいですけど。 ト長調→ヘ長調へはわかりません。
一笑に付されること請け合いです。

投稿: かせい | 2015年7月14日 (火) 22時09分

管理人さま
早速のご教示ありがとうございました。当時覚えていたメロディは「オリジナル版」で、3年生(昭和18年)で教わったのは昭和17年版だったのですね。疑問氷解です。それにしても、数日前の夕食の献立を思い出せなくなったのに、70年以上昔のことを覚えているとは、人間の記憶とは不思議なものです。

投稿: 富井雅郎 | 2015年7月15日 (水) 13時51分

 子どもの頃、露店に出ていた品物をなつかしく思い出します。「蛇足」にある、かみかんピストルという名前は、神戸では聞いたことがありませんが、ロール式の火薬を装てんするピストルは、確かにありました。また、針金で作ったピストルで、輪ゴムを弾代わりに飛ばすのも・・。私は、ハッカ味の粉砂糖をパイプに詰めて吸うというのが好きでした。パイプの形が、人形やロボットなどで心が躍りました。
 村祭り、主役は神輿、神事ですが、脇役は、子どもたち、いや、がきたちでしたね。にぎやかで、いたずら好きで、好奇心のかたまりのがきたち、今は、少子化のせいで、めっきり、その数が減りました。
 近所では。小児科専門の病院では経営が成りたたないので、つぶれたり、老人向けに改編さました。ずいぶん前のことです。
 結婚を望まない若者が増えているとか。それなら、いずれ、ファミリーレストランも、縮小していくのだろうか。
考えても詮のないことながら、日本の行く末を考えてしまいます。

投稿: 越村 南 | 2015年7月19日 (日) 12時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月光仮面は誰でしょう | トップページ | この空を飛べたら »