« 港町ブルース | トップページ | アイルランドの子守歌 »

美しき天然

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:武島羽衣、作曲:田中穂積

1 空にさえずる 鳥の声
  峯より落つる 滝の音
  大波小波 鞺鞳(とうとう)
  響き絶えせぬ 海の音
  聞けや人々 面白き
  此(こ)の天然の 音楽を
  調べ自在に 弾き給(たも)
  神の御手(おんて)の 尊しや

2 春は桜の あや衣(ごろも)
  秋は紅葉の 唐錦(からにしき)
  夏は涼しき 月の絹
  冬は真白き 雪の布
  見よや人々 美しき
  この天然の 織物を
  手際(てぎわ)見事(みごと)に 織りたもう
  神のたくみの 尊しや

3 うす墨ひける 四方(よも)の山
  くれない匂う 横がすみ
  海辺はるかに うち続く
  青松白砂(せいしょうはくさ)の 美しさ
  見よや人々 たぐいなき
  この天然の うつしえを
  筆も及ばず かきたもう
  神の力の 尊しや

4 朝(あした)に起る 雲の殿
  夕べにかかる 虹の橋
  晴れたる空を 見渡せば
  青天井に 似たるかな
  仰げ人々 珍らしき
  此の天然の 建築を
  かく広大に たてたもう
  神の御業(みわざ)の 尊しや

《蛇足》 日本で最初のワルツといわれています。

 明治35年(1902)、佐世保鎮守府(させぼちんじゅふ)に勤務する将校たちの子女教育のために、私立・佐世保女学校(長崎県立佐世保北高等学校の前身)が開設されました。鎮守府は海軍の根拠地。
 同校の校長は、当時佐世保鎮守府の軍楽長を務めていた田中穂積
(ほずみ)に音楽教師就任を要請、受諾した田中穂積が教材用に作曲したのが、『美しき天然(下記注参照)』です。

 詞は、『花』(春のうららの隅田川……)の作詞者として今日まで名が伝わっている武島羽衣。田中は、小山左文二・武島又次郎が著した普及舎刊『新編 國語讀本 高等小學校兒童用巻二』(明治34年6月28日発行)で、この詞を知ったようです。

 武島作詞・田中作曲のこの作品は、樂友社の雑誌『音楽』8巻6号(明治38年〈1905〉10月10日発行)に掲載されたこと、および海軍の催しでよく演奏されたことから、広く国民に知られるようになりました。
 昭和20年代初めまでは、音楽教科書にも載りました。

 とくに無声映画上映時の小楽団やチンドン屋、サーカスの呼び込み等の演奏で頻繁に使われ、ジンタとして庶民には親しまれました。
 ジンタは、ワルツやポルカ、行進曲など欧米音楽の演奏がジンタッタ、ジンタッタと聞こえたことから遣われるようになった言葉です。

 戦後も、昭和3、40年代ぐらいまでは、チンドン屋の演奏で耳にすることがよくありましたが、現在ではその数も激減し、この曲を懐かしく思う世代も消えつつあります。

 歌詞について少し。3番にある「横がすみ」は、辞書には「横にたなびく霞」としか出ていませんが、私は、この歌では「遠くに見える満開の桜並木、もしくは横に広がった桜の森」だろうと思います。
 その根拠は、横がすみにかかっている「くれない匂う」という修飾句。「匂う」は、『朧月夜』や『夏は来ぬ』でも述べましたが、「匂いや香りがする」ではなく、「鮮やかに映えている」という意味。
 ドイツ民謡のメロディに日本語詞をつけた『霞か雲か』でも、「かすみか雲か/はた雪か/とばかり匂う/その花ざかり」と謳っています。

 同じく3番の「うつしえ(写し絵)」は写生画のことですが、自然の驚異を美しく映し出すという点で、私は、幻灯、すなわちスライド映写機を思い浮かべました。幻灯機は、1671年にドイツ人のA.キルヒャーが発明したもので、日本にはオランダとの交易を通じて伝わりました。
 西欧の幻灯機は、静止画を映すだけのものでしたが、日本では三笑亭都楽
(本名:亀屋熊吉)が画像が動くように工夫し、説経節・義太夫節や口上をつけて芝居風に上映しました。
 動くといっても、今のアニメのように動くわけではなく、画像の位置が移動するだけでしたが、「描いた絵が動くとはキリシタン・バテレンの魔術ではないか」と江戸庶民を驚かせ、熱狂させたといいます。

 明治20年代までは、盛んに上映されましたが、無声映画が入ってくると衰退しました。といっても、まるっきり消えてしまったわけではなく、私の子どものころ(昭和20年代)には、子供会などでよく上映されました。

(注)この曲のアップロード時には、『美しき天然』に「うるわ(しき)」とルビを振りましたが、各種文献には「うつく(しき)」と「うるわ(しき)」の2種類があり、「うつく(しき)」のほうが優勢であること、およびJASRACのデータベースには「うつく(しき)」で登録されていることから、「うつく(しき)」を正題と改めます。(2016-12-03)

(二木紘三)

|

« 港町ブルース | トップページ | アイルランドの子守歌 »

コメント

「美しき天然」UPありがとうございました。初耳だったのは、1 この曲が「日本最初のワルツ」だということ。 2「うるわしき天然」(「うつくしき天然」だとばかり思っていました。3 「ジンタ」は「ジンタッタ」に由来するということ。坂本九の「ズンタタッタ」を思い出すと、曲の聞こえ方が明治と昭和では違っているのですね。、

投稿: 富井雅郎 | 2016年11月29日 (火) 20時51分

『美しき天然』は、日本の美しい自然を謳った名曲だと思います。
 若い頃は、どちらかというと、メロディの美しさ、軽快さに惹かれて聴いたり、口遊んだりしていましたが、老境に達した今では、歌詞の一節、一節を心にかみしめて、楽しんでおります。
 なお、私も恥かしながら、これまでずっと、『美(うつく)しき天然』とばかり、憶えておりました。

投稿: yasushi | 2016年11月30日 (水) 12時54分

小学校の低学年の時から2番までの歌詞だけは読んで知っていました。春と秋の彼岸に浜松の鴨江観音の縁日が始まるとサーカスがテントを張ってこの音楽を大音響で流していました。ああ、この歌かと「美しき天然」はすぐわかりました。口上で「可哀想はこの子でござい、親の因果が子に報い・・」とろくろく首の娘の絵をチラッと見せたりしていました。私はサーカスよりも沢山の店が並んでいる、その、タンカ売の口上が大好きで一人でよく聞きにいきました。美しくて涙が滲むような歌なのに、タンカ売の口上も一緒に思い出すのは申し訳ないようにも思います。

投稿: ハコベの花 | 2016年12月 2日 (金) 10時20分

『美しき天然』こそ日本の自然の情景を詠う最高の歌だと思いますが、2007年文化庁が世代を超えて歌い継ぎたい歌として発表された『日本の歌百選』から漏れているのがとても不満です。
幼少の頃から慣れ親しんだこの歌の詳細を《蛇足》で知り、作詞・作曲者の思いに触れつつ口ずさみながらの晩秋の野山は、数倍も感動を発見させてくれるのではとルンルン気分です。

投稿: 尾谷光紀 | 2016年12月 4日 (日) 11時37分

「美しき天然」この美しい音色を耳にしていると故郷の村の祭りを思い出します。
稲の収穫の終わった秋から冬にかけてサーカス興行があったように記憶しています。
白足袋に下駄をはき 着物姿にマフラーを「まち子巻き」にしたオシャレなお姉さんを思いだします。

> とくに無声映画上映時の小楽団やチンドン屋、サーカスの呼び込み等の演奏で頻繁に使われ、ジンタとして庶民には親しまれました。

広場におおきなサーカス小屋が建てられます。そのサーカスの呼び込みは 感情に強弱行程をつけて「今 サーカスのショーをみないと一生悔いが残りますよ」と言わんばかりでした。
サーカス興行の期間中、小学校で同級生が呼び込みのモノマネをするので先生からよく叱られていました。 

喜寿の祝いをする時、その同級生の歌う「麗しき天然」を聴いてみたいものです。


投稿: けん | 2016年12月 4日 (日) 15時11分

悪乗りついでに今の子供は知らないタンカ売の売り方を、主に瀬戸物売りが一番面白かったので・・・「これでも買わんか、貧乏人め!えぃ、もう一枚おまけだ!」と言いながら座っているお尻をちょっと上げ、右手で積んである皿を1枚さっとお尻の下から、後ろに隠します。、同時に左手で横のお皿を売る皿の上に積むのです。その手早さはよく見ていないとわかりません。そして最後にどの売り手も「持ってけ、泥棒!」と言いました。手品よりよほど面白かったですね。ああ、もう一度子供に帰って見て、聞いてみたいですね、あの口上を。終戦後すぐの頃でした。寅さんの口上より乱暴でしたが、もっと熱気がありました。思い出すだけで笑えて来ます。

投稿: ハコベの花 | 2016年12月 7日 (水) 11時28分

皆さんのコメントを拝見しますと、この歌はサーカスや見世物小屋のジンタと結びつき、幼い日の思い出を懐かしむメロディになっています。「昭和は遠くなりにけり」で、わたしの場合もそうなのですが、この歌が、日本から遥か離れた中央アジアに住む民族の“郷愁”の歌になっていることをご存知でしょうか。
 10年程前、NHKの番組を見ていたときのことです。突然、予期せぬ『美しき天然』のメロディが流れ出たのです。記憶力が日一日と衰える年齢ですので、細かな部分は全く忘れていたのですが、「日本人以外にも、このメロディが唄われている」というわずかな記憶は残っていたようです。そこでネットで調べてみました。
 この番組は2007年に放映されたNHKスペシャル、新シルクロード・激動の大地をゆくの「第4集 荒野に響く声――祖国へ」の中で、出て来た1シーンだったことが判りました。
 中央アジア、ウズベキスタンのタシケント州に住む高麗人(コリョサラム)は、かつての故郷を懐かしんで、よくこの歌(『美しき天然』)を唄うそうです。高麗人とは、かつて朝鮮半島からロシア(ロシア革命後はソ連)の沿海州に移住した朝鮮族の総称ですが、日本が韓国(大韓帝国)を併合した1910年前後から多くなり、その数およそ40万人だったと言われます。かれらは、そのころから入って来た『美しき天然』を祖国の歌と思いこみ、「故国山川」という題で唄っていたそうです。そのかれらは、まだ苦難の道を辿ります。日本のスパイ活動に利用されることを怖れたソ連のスターリンによって、1937年、約20万人が6,000kmも離れた中央アジアに、強制移住させられたのです。慣れない土地で、しかも農業用水に乏しい、荒れ果てた大地を切り開いて、ようやく安住の地を得たかれらに、またまた歴史は皮肉な展開をみせます。ゴルバチョフによるペレストロイカ(改革)で、帰郷が許されるようになったのです。でも、苦心の末に手に入れた生活の基盤を捨ててまで、いくら恋しい故郷とはいえ、何の躊躇もなく帰ることができるでしょうか。悩み葛藤の末、多くの高麗人が中央アジアに残ったのです。そのかれらの唄う「故国山川」が、『美しき天然』とは異なる、“郷愁”のメロディとして聞こえるのは当然かもしれません。
 この1年、下手なコメントにお目を通していただきありがとうございました。二木様はじめ「うた物語」のファンの皆様、どうぞよい年をお迎えください。

投稿: ひろし | 2016年12月30日 (金) 14時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 港町ブルース | トップページ | アイルランドの子守歌 »