« 酒と泪と男と女 | トップページ | サンタ・ルチア »

江の島悲歌(エレジー)

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:大高ひさを、作曲:倉若晴生、唄:菅原都々子

1 恋の片瀬の 浜千鳥
  泣けば未練の ますものを
  今宵嘆きの 桟橋の
  月にくずれる わが影よ

2 あわれ夢なき 青春を
  海の暗さに 散らす夜
  君は遥けき 相模灘
  漁(いさ)り灯(び)よりも 遠き人

3 さらば情けの 江の島の
  みどり哀しき わが恋よ
  南風(ハエ)の汐路の 流れ藻に
  明日は真白き 花と咲け

《蛇足》 昭和26年(1951)5月、テイチクから発売。
 同年6月1日公開の大映映画『江の島悲歌
(エレジー)(小石栄一監督)の主題歌で、菅原都々子のヒット曲の1つ

 この映画には、もう1つ主題歌があります。この歌と同じ大高ひさを作詞、倉若晴生作編曲による『片瀬夜曲』で、眞木不二夫が歌いました。
 『江の島悲歌』が女性の恋情を歌っているのに対して、『片瀬夜曲』は男性の立場から歌った曲で、いわばアンサー・ソングです。歌詞も曲も映画のテーマに合ったいい作品でしたが、『江の島悲歌』ほどにはヒットしませんでした。
 下に歌詞を掲載しておきます。

 映画は引き揚げ船で知り合った男女が紆余曲折の末結ばれるという筋書きで、久我美子が演じたヒロインは神奈川県片瀬の病院で働く看護婦という設定。
 ついでながら、久我美子は旧華族、久我
(こが)侯爵家の長女で、女子学習院本科後期1年在学中に東宝の第一期ニューフェイスに合格して女優になりました。戦前だったら、ちょっと考えられないことです。

 戦前から戦後の昭和20年代にかけて作られたメロドラマには、ヒロインが看護婦という作品が多いですね。戦前の大ヒットメロドラマ『愛染かつら』(主題歌は『旅の夜風』)をはじめ、戦後の『高原の駅よさようなら』『月よりの使者』など。白衣がロマンチックなイメージを増幅させるのでしょうか。
 もっとも、近年は白衣を着ない看護師が増えているようですが。

 片瀬は神奈川県藤沢市の南東部に位置する地区で、江の島はその一部。風光明媚で宿泊施設も整っていたこの地区には、明治初期以降、多くの外国人が訪れるようになりました。彼らによってヨーロッパ式の海水浴が日本に広まったとされています。

     片瀬夜曲

1 別れともない 別れのなぎさ
  君は片瀬の さくら貝
  かもめよかもめ 泣くじゃない
  男心も 涙こらえて
  ああ 行くものを

2 なまじ逢わねば 夢見る瞳
  心静かに いた君を
  ゆるせよ我は 旅の鳥
  命かぎりと 泣いて泣かれず
  ああ 忘られず

3 想いあふれて また振り返る
  恋の片瀬よ 江の島よ
  月影あわき しずむ夜も
  越えていつまた めぐり逢う日の
  ああ ありやなし

(追記:菅原都々子は「漁り火」を「いざりび」と歌っていますが、古くはこう発音されていたようです)。

(二木紘三)

|

« 酒と泪と男と女 | トップページ | サンタ・ルチア »

コメント

 二木先生 こんばんは

 いつも 勝手な文章を 推敲もせず はりつけてきて
困った奴だと 思われているでしょうね

 思われついでに よし という気持ちで書き出しました
もちろん 昨日の相撲による 昂ぶりも続いているのですがーー

 大好きな 江の島悲歌(エレジー)の演奏 発表していただき 有り難うございました
 真白き富士の根 にはじめてコメントさせていただいて ほぼ10年
 何故か 憧れのある?? (負い目?)三浦半島のあたりから 鎌倉 小田原 にいたる相模湾ぞいには  思うところは深いです

 私事ですが
 鎌倉(唱歌)  真白き富士の根  とこの 江の島悲歌
は 歌うときは 必ず そのうち2曲はうたいます
 最高で 数時間かけて 49曲歌ったことの有る 変わった奴です

 この曲で頭にうかぶのは
 坂田山心中 と 天城山心中なのです

 二宮の 日野原先生が設立されたホスピスに友人??を見舞ったこともあります  そのご 亡くなられて大磯?の 大きな霊園にも参りました  鎌倉を知人??と 江ノ電でめぐったこともーー

 時間の流れは 残酷です

 みなさまが 幸せにつつまれるよう 祈っております

投稿: 能勢の赤ひげ | 2017年3月27日 (月) 19時52分

30年ほど前、定年退職していたかどうかの頃、九州から初めて江の島に行きました。東京に就職していた娘を訪ねた時のことです。鎌倉から江の島を案内してもらいました。
妻と三人で江の島駅から大勢の観光客にもまれながら江の島に向かって歩きながら、私が「江の島エレジー」を鼻歌まじりに歌っていたところ、娘から「変な歌うたわないで」とヒンシュクを買ったのを思い出します。
好きな歌ですが、日中の人込みには似合わなかったのでしょうか。

投稿: 周坊 | 2017年4月12日 (水) 22時10分

 薬を服用しても 眠れぬままに

 江の島悲歌(エレジー)を聞かせていただいています

 
 本年三月末に この曲に書かせていただいて ほぼ四ヶ月余しか経っていないのですね   そのときに 天城山心中のこと   日野原先生のピースハウスのことに触れていました

 その後 二木先生が 御身を愛す を6月 1日 (木)にアップされ  愛新覚羅慧生さんのことを綴られ 

 次に 僕が 親友T君の死のことを 北帰行  に書くと すぐ 日野原先生の訃報が7月18日 (火)にあり  越村 南さま  りんごさま  あこがれさま  けんさま  それぞれの 日野原先生の死に対する想いが のべられましたね 

 何か しみじみとした 気持ちになっています

 二木先生のブログとは 糾える縄の如く 近寄ったり遠ざかったりしながらも 繋がっているのだと 今更ながら痛感させられた次第です  

 偶然なのか 縁(えにし)なのか 何なのでしょうね

 初めて 先生のページに遊び  僕の大好きな 真白き富士の根 は 収録されているのかな と感じ 最近の記事 に目を移すと その一番上に 
  真白き富士の根  があったのですからねーーー

 ゆかしき縁 なのでしょうね

 この十年 長いような短いような --
  私事ですが よくやりました
   他の誰もしない経験をいたしました

 日記をつける人ではないので 先生への投稿を  時系列的に見ることができれは 自分の その一瞬の状態 考え がわかり また 考えなどの変化も知り その世情に対する自分の立ち位置もわかり 反省材料としても 使えるのでしょうね  一度 反省の気持ちを持って 全コメントを調べてみましょうか

恥ずかしい 言わずもがなの投稿も多いのでしょうね 

 おかしいです  書きながら 涙です

 さぁ 明日から また 一週間の始まりです

 新しい方たちとの出会いも あるでしょう
  初心にもどってーーー

投稿: 能勢の赤ひげ | 2017年7月31日 (月) 01時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 酒と泪と男と女 | トップページ | サンタ・ルチア »