« 五番街のマリーへ | トップページ

野球小僧

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:佐伯孝夫、作曲:佐々木俊一、唄:灰田勝彦

1 野球小僧に 逢ったかい
  男らしくて 純情で
  燃える憧れ スタンドで
  じっと見てたよ 背番号
  僕のようだね 君のよう
  オオ マイ・ボーイ
  朗らかな 朗らかな
  野球小僧

2 野球小僧は ウデ自慢
  凄いピッチャーで バッターで
  街の空地じゃ 売れた顔
  運が良ければ ルーキーに
  僕のようだね 君のよう
  オオ マイ・ボーイ
  朗らかな 朗らかな
  野球小僧

3 野球小僧が なぜくさる
  泣くな野球の 神様も
  たまにゃ三振 エラーもする
  ゲーム捨てるな 頑張ろう
  僕のようだね 君のよう
  オオ マイ・ボーイ
  朗らかな 朗らかな
  野球小僧

《蛇足》 昭和26年(1951)の大映映画『歌う野球小僧』(渡辺邦男監督)の主題歌で、レコードはビクターから発売されました。

 無類の野球好きだった灰田勝彦が、久米正雄の新聞小説をもとに企画し、自ら主演を務めたミュージカル仕立ての野球映画。
 小僧というと男の子を思い浮かべますが、この映画での小僧は、商店などで御用聞き
(注文取り)や配達などをする青少年のこと。『サザエさん』に出てくる三河屋の三郎さんのような若者ですね。もちろん、中学を卒業したばかりのような少年もいました。

 灰田勝彦が演じたみなしごの早田克太も、叔父のクリーニング屋で働く店員でした。映画は、早田克太がエースで四番を務める小僧チームが強豪のライバルチームと戦って勝つという筋書き。たわいないといえばそれまでですが、まあ、明るく楽しい映画です。

 灰田勝彦は、その人好きのする性格から人脈が広く、野球界にも友人・知人が何人もいました。その縁で、毎日オリオンズや大映スターズの選手たちが出ています。

 野球といえば、小学校低学年のころは、三角ベースをよくやりました。塁が本塁・一塁・二塁の3つだけだったので、三角ベースといったのです。
 ピッチャーが下手投げで投げたゴムボールをバッターが手のひらで打つ、というのが基本ルールで、そのほかのルールは、参加人数によって適宜変わりました。道具はゴムボールだけで、ちょっとした空き地があればできました。貧しかった時代の子どもの遊びです。

(二木紘三)

|

« 五番街のマリーへ | トップページ

コメント

ハイカツと言えば野球小僧・野球小僧と言えばハイカツまさに独壇場でした。昔は三角ベースで日暮れまでヘボ野球熱中でした。
戦後、高校野球、大学野球、ノンプロ、プロ野球が“復興”。ノンプロでは昭和34年都市対抗優勝の丸善石油がどういう訳か印象に残っています。
しかし今は、セリーグは4球団(巨人、阪神、中日、広島)のみ昔からの球団名、パリーグは昔の球団名(南海、西鉄、大毎、東映、阪急、近鉄)は消滅で、大阪発祥ホークスが福岡、福岡発祥ライオンズが所沢・・・様変わりです。
http://www.youtube.com/watch?v=x9s9PAPodtM

投稿: 焼酎 | 2017年10月24日 (火) 20時06分

懐かしい歌を有難うございます。

昭和20年代後半小学生だった私たちは焼酎さんたちと同じく毎日「野球」ばかりやっていました。
田舎育ちでした。野球のバットやボール、グローブを買うお金もなかったので、まっすぐな棒、布や芋がらで作ったボール、手袋を何枚も重ねて ミット変わりにしていました。
5年生の時、サンタクロースが枕元に「グローブ」を置いてくれた嬉しさは今でも残っています。。(父の粋な計らいだと思いますが・・)

西鉄ライオンズの熱狂的ファンでした。ラジオから聞こえる野球中継に耳を傾けていました。そのうちに力道山や木村政彦、ルーテーズなどプロレスブームになりましたが 私は野球一辺倒でした。

投稿: けん | 2017年10月24日 (火) 21時39分

焼酎さんけんさん有難う。お陰様で与那嶺とか川上、西沢なんて名選手の時代を思い出しました。あの頃僕ら悪ガキもやっぱりつぶれたゴムまりもどきで野球をやりました。ゲッツーなんてあれは英語だなんて知りませんでした。それから懐かしい木村政彦さん。マラカナンの悲劇の翌年ヒクソン・グレイシイのおじいさんと戦った木村ロック。今でも語り草と思います。そういえば数年前「木村政彦は何故力道山を殺さなかったのか」などという物騒な題の本が出ましたね。内容は冷静な表現で穏当なものと思いました。話変わっておおとといの村田もいずれ英雄として名が残るのでしょうか。やっぱりスポーツは良いですね。もっともこの頃は二・ニ六事件の本を漁っています。軍隊の英雄たちの実像は如何なのでしょうか。そして選挙の英雄たちは。

投稿: 林 滋 | 2017年10月25日 (水) 13時58分

戦後すぐの頃は空き地が一杯で、子供たちがあちこちで野球をしていましたね。兄たちがタコ糸を巻いてボールを作ったり、グローブも厚地の布で作っていました。私は今の野球には全く興味がありません。高校野球もプロ野球も上手すぎてエラーがめったにないからです。でも、この歌は小さいころから好きでした。さわやかでとても楽しいですね。私はエラーや三振がある野球が好きです。人間も完璧な人はちょっと敬遠したいですね。面白味がありません。そういえば山本ハチローさん、よくケンカしていましたね。面白かったです。真面目な野球好きの方すみません。

投稿: ハコベの花 | 2017年10月25日 (水) 20時44分

ハコベの花様 女性で山本ハチローさんをご存知の方がいらっしゃるとは嬉しい限りです。昭和30年代の東映フライアーズで大活躍でした。おっしゃるように闘志溢れすぎてよくケンカをしましたがファンとしては憎めないキャラクターだったと思います。同期に巨人軍へ入った坂崎などがいた浪華で優勝もあったと思います。懐かしい選手を思い出させていただき有難うございました。”私の”野球小僧時代ですが、今も不思議に思うのはあんなに日暮れまで街中で野球をしたのに近所の家のガラスを割ったり木の枝を折ったりという思い出がないことです。焼け野が原の空き地で子供野球なのとボールが破れたゴムまりを繕ったもので打っても遠くまで飛ばなかったためでしょうか。他にメンコやビー玉、ベーゴマそして冬は学校の休み時間の日当たりでのけん玉等随分子供ながら充実していました。女性の方は小学校時代どんな遊びをしましたか。よくゴム飛びとかたま突きを見かけました。勿論一緒に遊んだことはありませんでしたがたま突きの時の歌が思い出されます。
 轟く砲音飛び来る弾丸 荒波寄するデッキの上に
 ・・・・・
 杉野は何処  杉野は居ずや
当時は歌の文句も題名も知りませんでしたがずっと後になって「広瀬中佐」の歌と知りました。昭和20年代中頃の田舎町の小学校のことです。タイムスリップのマシンがあればいいなと思います。

投稿: 林 滋 | 2017年10月26日 (木) 14時02分

“暴れん坊東映”と言われた東映フライヤーズ山本八郎(別名ケンカ八郎)、浪商で同期だった巨人坂崎まったく懐かしい名前です。暴れん坊東映はハチローに毒島に吉田勝豊に張本・・・一くせも二くせもある暴れん坊でした。
昭和30年代当時は南海と西鉄の全盛期でしたが大毎のファンで、ミサイル打線と謳われた榎本・山内・葛城の打撃は豪快でした。それにしても女性で山本八郎の名前を知っているのは実に珍しいです。

投稿: 焼酎 | 2017年10月26日 (木) 17時37分

この曲久し振りに懐かしく拝聴いたしました。
明るくて爽やかに、まるで野球の球が大空を舞いあがるようで心が躍るようです。
私も灰田勝彦の大フアンで、彼独特の声の何とも言えない美声に惚れ込んでいる一人でもあります。
この曲にコメントされておられる諸氏の方々は、子どもの頃から草野球などに親しまれ野球通に感じられ羨ましくさえ思います。
小生は、子供のころからスポーツが苦手で(勿論、野球もですが)
学生時代、体育の時間が苦になり早く終わればと思ったこともしばしばあったことを思い出しております。
ところで、本日夕方のテレビニュースでは、プロ野球ドラフト会議で、早実の清宮幸太郎君が日本ハムに1位指名され笑顔で会見する姿が印象的でした。
野球に疎い私でさえ・・・頑張れ!頑張れ!清宮幸太郎君!
と応援したい!
福岡ドームでのソフトバンクとの試合を楽しみにいたしております。

投稿: 一章 | 2017年10月26日 (木) 21時42分

三角ベースは小学校1~2年生の頃何度か近所の子供たちで集まって遊んだことがあります。幼稚園の時はなかった遊びで、少しお兄ちゃんになったんだんだなぁ、という気持ちになれました。

空き地の隅に小さな小屋の便所があり時々ゴムボールが転がってその便所の壷にポチャンと落ちました。「ウエー、キタネエー」と言いながらもゴムボールは貴重です。棒切れで拾い上げて地面を転がし、土と砂でボールをまぶし、近くの川で洗って再使用しました。

5~6年生になると野球仲間のグループができました。私は引きこもりで級友が遊びに声をかけに来ても知らんぷりで返事をせず居留守を使っていました。

ある日母が野球帽とグローブを買ってきました。私は欲しいとも買ってくれとも言っていないのにです。母は、私に、「家の中に閉じこもっていないで外に出て皆と一緒に遊べ」、と言いたかったのかもしれません。

帽子の前面にはジャイアンツのマークがついていました。私は、野球少年でもないのにこんな帽子被って街を歩けるか!恥ずかしい!、と思いました。その帽子を被ることはなかったと思います。グローブの方は嬉しかったですね。近所の級友T君と道でキャッチボールをして遊びました。T君は野球少年で野球のボールも持っていました。ゴムボールとは違うボールの重さ、手触り、スピード感、グローブで受け止める衝撃など、快感でした。

T君は今私と同じ東京都内に住んでいます。会ってみたいなぁとは思うのですがなかなかその誘いの声がかけられません。障害の一つは私は酒が飲めないことです。酒が飲めると、「酒飲みに行かないか」と誘えるのですがね。仕方がないから、「飯食いにいかないか」と誘ってみようと思ってはいるのですが・・・・ 私はかつ丼とかチャーハンとか食えれば満足なのですが、普通は酒とかビールが必須なのでしょうね。ともに都内であるとはいえ結構離れているのです。

投稿: yoko | 2017年10月27日 (金) 13時07分

実は私も一章様と一緒で運動はすべて嫌いで、野球は国鉄スワローズの金田しか知らなかったのですが、喧嘩になると面白いので大喜びでハチローさんを見ていたのです。今でも、ナイターで野球が始まると自分がやっていないのになぜあんなに熱中して応援出来るのだろうかと不思議に思います。でも、立教大に長嶋がいた時の6大学野球は楽しかったですねぇ。良い選手がどの大学にもいました。
私は東大を応援していました。ピッチャーが良かったように思います。それ以来野球には興味が無くなってしまいました。ハチローさんは貴重な存在でした。昔の野球のほうが何でもありで面白かったような気がします。

投稿: ハコベの花 | 2017年10月27日 (金) 13時20分

yoko さん  コメントよく読ませてもらっています。女性の方とばかり思っておりました。三角ベースの思い出は共通のものです。思い出すとメンバーは4~5人、時には3人でやったこともあります。自分はピッチャーか一塁でした。溜め壺の経験はありませんが山羊や犬の糞でボールが汚れることはよくありました。そんな時は一番小さな子に草で拭わせていました。本当に悪ガキでした。それから野球帽、メンバーの一人が巨人の帽子を買ってもらってかぶっていました。私はこんな帽子が欲しくて欲しくてたまりませんでした。でも羨ましくても母親には言いませんでした。母も当時必死で働いていたようなのが分かったからです。友人の話。このメンバーの中で一番気が合った子でその後もずっと相棒できましたが50代で肺癌で死にました。老齢の今、あんな仲間はもうできないでしょう。yokoさんためらわずTさんに声をかけてみてください。酒なんかどうでもいいんです。きっと喜んで会いに来てくれると思いますよ。

投稿: 林 滋 | 2017年10月28日 (土) 08時39分

灰勝の名曲野球小僧のコメントが賑わって御同慶の至りです。昔、某県某郡某町で三角ベースでヘボ野球に明け暮れていた頃、上級生にはヘイコラして下級生には親分風を吹かせる典型的な悪ガキでした。
戦後の焼け跡闇市時代から幾星霜、新幹線高速道路は全国津々浦々四通八達し、東京大阪名古屋から地方まで超高層ビル乱立し、TV食べ歩き番組でもチマタでもラーメンに寿司に焼肉と美食贅沢三昧の今日この頃ですが、今こうやってスーパー安売りのツマミで紙パック入り1.8ℓ芋焼酎など飲みながら「うた物語」を聴くのが無趣味人間の唯一の楽しみです。
(1948年東京新橋渋谷湾岸:ハリウッド映画ハンフリーボガード主演「東京ジョー」の背景映像だそうです)http://himag.blog.jp/45957239.html

投稿: 焼酎 | 2017年10月28日 (土) 14時24分

ここのところ、立て続けに季節外れの台風に見舞われ、六甲山荘の玄関前の柴栗の大木が倒れたり、屋上テラスの人工芝が強風に煽られて剥がれて飛んでいったり、テレビのアンテナが折れてしまったりと散々な状態で、宿泊客のキャンセルと合間に修繕片付け作業の立ち合い等で、閑なような忙しいような落ち着かない日々を過ごしています。
それにしても、今年ほど季節の移ろいを感じながら楽しむ間もなく『秋』が終わってしまいそうな年は、私にとっては珍しいことです。

そんな中でも「能勢の赤ひげ」様 ロスの微妙な心境が影響してか?少しセンチメンタルな気持ちになっていました。
でも、そんな時こそ慰め勇気を与えてくれるものも「歌ものがたり」なのですね。皆さんのコメントを拝見していると、まるで自分の幼少年時代そのままで、ぼろ布を丸めて麻糸でぐるぐる巻きにしたボールが肥たご(つぼ)のなかに落ちたり、バットがわりに畑の杭を抜いてきたり、半ズボンの膝小僧を擦り傷だらけにしながら、日暮れまで走り回ってましたね。
当時、仲良しでよくキャッチボールをして遊んだ山崎○○君(名前が思い出せない)が、山口県岩国商業高校に進み、南海ホークスに内野で入団したが(昭和33年ショート広瀬の時代)そのまま音信不通となりました。今頃どうしているかな~?

野球小僧で思い出すのは、ハイカツと巨人軍の別所投手が仲良く並んで写真に写っていたような気がしますが・・。どこで見たのだろう?

投稿: あこがれ | 2017年10月28日 (土) 16時13分

懐かしい歌をアップして下さり、ありがとうございます。
 灰田勝彦さんの歌といえば、好きな歌が多いですが、「野球小僧」も、「森の小径」、「新雪」、「東京の屋根の下」などと並んで、お気に入りの歌です。
 戦後の混乱期に少年期を過ごした私自身、特に野球少年だった訳ではありませんが、長調で明るく、調子よく歌える「野球小僧」からは、聴いたり、歌ったりする度に、元気を貰った気がします。
 関西在住のせいか、近年、「野球小僧」を耳にしますと、その曲想から、「六甲颪」(「阪神タイガースの歌」)を思い浮かべること、少なからずです。

投稿: yasushi | 2017年10月28日 (土) 17時57分

凄い人気ですね。

野球好きの二木少年が「野球をやろう」と声を掛けたら広場にみんな集まってきました。

 三角ベースのまわりには焼酎さんと焼酎さんを慕う下級生、スポーツに造詣の深い林滋さんなど「三度の飯より野球好き」の少年たちが集まり、試合の約束事を話会っています。
一塁側、三塁側の応援席には一章さん、ハコベの花さん、yokoさんなどのお顔もみえ段々人が集まってきました。

 私は久米正雄の「学生時代」を読んでいましたが、みなさんの歓声を耳にして戸外に飛び出しました。私はゲタを脱ぎハダシで三角ベースに参加しました。

 そのうちゴムトビをしていた私の好きな同級生の女の子も応援にきていることが分かりました。私はその子に「いいところをみせよう」と思い力一杯バットを振れば三振、野手として一塁めがけてボールを投げれば暴投・・。

 三角ベースに夢中になっていたら、元気な母が広場にきて「夕食のアブラアゲを買ってきなさい」、「お使いが終わったら学校の宿題をしなさい。野球はその後・・」
 その頃の友達の名前を忘れかけていますが みなさんのコメントを読んでると野球に明け暮れた少年時代を思い出しました。

投稿: けん | 2017年10月28日 (土) 20時39分

けん様
思わず笑ってしまいました。本当に私がそこにいるように思いましたよ。私も今、久米正雄の文学全集を読んだ遠い日を思い出していました。『受験生の手記』『競漕』は60年以上経っているのにまだ覚えています。
一緒に遊んでいれば下手も上手いもなく、皆、仲間だったのですね。私たち女子は6年生の時はソフトボールをやっていました。普通はドッジボールでしたが、私はボール恐怖症でボールが飛んでくると逃げたくなりました。ただ、仲間というだけで、ボールが飛んでこない所に立っていました。今では考えられないほど子供が毎日外であそんでいましたね。喧嘩をしながら人間関係を学んだと思っています。今夜は男子の野球の応援をしている夢を見るかも。どなたがホームランを打つのでしょうか。皆様、頑張って下さい。楽しみです。

投稿: ハコベの花 | 2017年10月28日 (土) 21時31分

続けてのコメントをお許しください。
けん様 私も、ハコベの花同様に思わず吹き出しました。
でも、チームリーダーのお陰でまとまったチームに成長し、将来は?・・・甲子園球場に行けるのではないでしょうか?・・・
「うた物語に集う」仲間のみんなで大きな夢を見たいものですね!
けんさま ありがとうございました。

投稿: 一章 | 2017年10月28日 (土) 22時03分

 いいなあ〜男の子っていいな〜 と羨ましく皆様のコメントを読ませて頂いていました。そうしたらけん様が応援席を設けてくれました。ハコベの花さま、一章様に続いて私も応援席にいれてください。応援大好き人間です。孫娘が高校のチアリーダーをしていますので、孫に習って女子のチアリーダーを結成して、一章様がはちまき姿の応援団長で野球少年たちに声援を送ります。想像しただけですごく楽しいです。

あの頃男の子は大人の自転車の三角乗りをしていましたよね。これも羨ましかったです。

投稿: konoha | 2017年10月28日 (土) 23時08分

野球と言えば、放課後も担任の先生の指導を受けていた同窓生を思い出します。
東映、ヤクルト、解説、監督・・と活躍して若くして亡くなられました。
小学校の卒業文集、彼は思い出の作文でなく、
プロ野球の好きな選手の名前等を書いていました。
腕白でひょうきんだった彼、恩師や同窓生と天国で昔話をしていることでしょう。

あこがれさんの幼馴染みもプロ野球の選手だったのですね。
学校名で検索して Wikipedia の出身者に載っている方ですかね?

投稿: なち | 2017年10月29日 (日) 06時16分

 「あ、yokoさんお茶を買いにいかれていたの?席が空いていたから座っちゃた。さあ早く一章さんの隣りに座って、試合が始まるわよ」。

投稿: konoha | 2017年10月29日 (日) 10時36分

戦後、5,6年の汚さは経験したことがない人にはわからないでしょうね、汚いランニングにツギの当たった汚れたズボン、お下がりのだぶだぶだったり、小さくなったつんつるてんのズボンだったり、栄養失調であばらが見える身体、でも、それが元気の源だったのです。そうです、皆が貧乏で平等、自由があったのです。その自由さが私たちには懐かしいわけです。統一されない自由、それが豊かになってくるとだんだん統一された美しさを求めるようになります。私たちの世代にはあの天真爛漫な自由の時代が懐かしいのではないでしょうか。汚い怒声、それに負けない根性、あの時代が懐かしいのは本当の自由があったからなのです。今のような統一された応援や、スポーツにはその自由な明るさが無いように思われます。私たちの精神の土台は戦後の焼け跡で培われたと思っています。私の今の野球の応援がきらいなのは皆がそろって同じことをするからです。どこか怖さをを感じます。

投稿: ハコベの花 | 2017年10月29日 (日) 10時53分

なち 様

いやあ~ びっくりしました。65年も前で、とっくに記憶の彼方へ飛び去っていた懐かしい幼なじみの名前を見つけて下さり有り難うございました。そうでした!山崎 清 くんでした。Wikipediaでは(1940ー )となっていますので、彼はまだ健在ということですよね! それにしてもこんな取るに足らないような情報でも、即 明らかになる、恐ろしく便利な世の中になったものですね。
彼 山崎くんとの思い出は、キャッチボールしててもすごく速い球がきて、小学生の頃から野球のうまい少年として周囲から一目置かれていたような感じでした。何度か彼の家に遊びに行きましたが、なんか古い神社の離れみたいな所で少し高台の土塀越しに僅かに集落の家々が見下ろせたような記憶と、すごく綺麗なお母さんが、貧乏な我が家ではとても味わえないそーめんを出して下さり何倍もお代わりをした記憶だけが鮮明に残っていますが、その他のことはあまり記憶に残っていません。
入団して数年で退団したようですが、プロの道は厳しかったのでしょう。でも よかった! なち様のお陰で、懐かしい昔に帰れました。ありがとうございました。

投稿: あこがれ | 2017年10月29日 (日) 13時04分

konoha さん

まだyokoさん見えませんか?
お茶を売ってる店は遠いし・・今回の広場に行くまで砂利道、確か彼はゲタをはいていたので鼻緒が切れたのかな?

私の家には自転車がなかったので、友達が大人用の自転車で三角乗りをするのが羨ましかった。その友達の妹はお転婆でやや膨らんだブルマーを履き、三角乗りが上手だった。
友達の家の自転車を借り三角乗りをした。背が低く足と手が短いので左手でハンドルの先を握り、右わきでサドルを抱え右手で前輪と後輪を繋ぐパイプを持つ。短い右足で右のペダルに裸足をつけるが バランスを取るのが難しい。
 その頃の夢はいつか自転車を買ってもらい好きな女の子の前で恰好良く「男乗り」をすることだった。

 そんな思い出に耽るうちに試合が始ってしまう。

投稿: けん | 2017年10月30日 (月) 12時10分

子供時代がまざまざとよみがえってきました。
外が子供たちの声で騒がしくなればなるほど僕は家の中に閉じこもってしまう引きこもりでした。

構わず遊んでください。僕は子供に戻って家で漫画を読んでます。

投稿: yoko | 2017年10月30日 (月) 13時45分

なにをおっしゃるyokoさん、 みんな自分の都合で遊んでるよね、私ね、手塚治虫の漫画なら 『地球の悪魔』、『孫悟空』、『りぼんの騎士』、『漫画大学』などから始まって『アドルフに告ぐ』まで持っているから、今度貸すね。『漫画王』もあるよ。
でも試合だけは一緒に応援しようよ。

投稿: konoha | 2017年10月30日 (月) 14時46分

けん様、konoha様、

皆様の迫真の演技で私もリアルな子供の世界に連れ戻されてしまいました。でありますとバーチャルな世界の自分を取り繕うことはできません。お茶を買いに行くふりをして逃げてしまうのがリアルな本当の私です。それに気づかれたkonoha様はさすがです。ホント、見透かされたと思ってドキッとしました。

自転車は5~6年生の頃大人の自転車を借りて三角乗りで練習しました。ペタルは半漕ぎでしたね。ペタルを一周回すことができるまでには結構時間がかかったような・・・

友達の家に遊びに行ったときにはまずキョロキョロと部屋を見回して漫画本転がっていないかどうか探りました。面白くないことに、私の母は”小学〇〇年生”という学習雑誌しか買ってくれなかったのです。それでも面白く読んだのですが、やはりおどろおどろしい漫画本にはかないませんね。

投稿: yoko | 2017年10月30日 (月) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 五番街のマリーへ | トップページ