« 憧れのハワイ航路 | トップページ | 比叡おろし »

野風増(のふうぞ)

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:伊奈二朗、作曲:山本寛之、唄:河島英五

お前が二十歳(はたち)になったら
酒場で二人で 飲みたいものだ
ぶっかき氷に 焼酎入れて
つまみはスルメか エイのひれ
お前が二十歳になったら
思い出話で 飲みたいものだ
したたか飲んで ダミ声上げて
お前の二十歳を 祝うのさ

いいか男は 生意気ぐらいが丁度いい
いいか男は 大きな夢を持て
野風増(のふうぞ) 野風増 男は夢を持て

お前が二十歳になったら
女の話で 飲みたいものだ
惚れて振られた 昔のことを
思い出しては にが笑い
お前が二十歳になったら
男の遊びで 飲みたいものだ
はしごはしごで 明日(あした)を忘れ
お前の二十歳を 祝うのさ

いいか男は 生意気ぐらいが丁度いい
いいか男は 大きな夢を持て
野風増 野風増 男は夢を持て

お前が二十歳になったら
旅に出るのも いいじゃないか
旅立つ朝は 冷酒干して
お前の門出を 祝うのさ

いいか男は 生意気ぐらいが丁度いい
いいか男は 大きな夢を持て
野風増 野風増 男は夢を持て
野風増 野風増 男は夢を持て

《蛇足》 ウィキペディアの『野風増』によると、「この曲は昭和55年(1980)に作曲家・山本寛之によってリリースされ、その数年後に河島英五・橋幸夫らによってカヴァーされてヒットした」とあります。

 ウィキペディアにはこれ以外の情報がほとんどなく、発表時の歌手とか、作詞者・伊奈二朗の経歴など、わからないことだらけでしたが、なちさんのお知らせ(下記投稿欄参照)で、いくつかのことがわかりました。
 
伊奈二朗さんは本名、塚本定男で、驚いたことに岡山県警の警官だったそうです。現職時代、勤務地での防犯イベントで、自作の防犯ソングなどを歌い、"歌うおまわりさん"として有名だったようです。
 『野風増』リリース時には、作詞家か作曲家のいずれかが、あるいは2人いっしょに歌ったのではないかと思われます。

 さて、橋幸夫やデューク・エイセス、出門英(ヒデとロザンナ)、堀内孝雄などもこの歌を歌っていますが、ほとんどの人が河島英五の持ち歌と記憶しているのではないでしょうか。
 歌のうまい・下手ではなく、歌詞や曲調が酒と男っぽさという河島英五のイメージと強烈に結びついているからでしょう。

 男の子が生まれたときか、それがやんちゃ盛りになったときか、あるいは反抗期になって手を焼いているときかわかりませんが、息子が二十歳になったらいっしょに酒を飲もう、そのときにはこんなことを言おうと、楽しみにしている父親の気持ちがダイレクトに伝わってきます。

 タイトルと歌詞に出てくる野風増は、作詞家・作曲家の出身地である岡山県とその近隣県で使われている「のふうぞ」という方言で、生意気とか勝手気まま、傍若無人といった意味だそうです。
 「のふうぞ」の語源については諸説あるようですが、こうした意味と「のふうぞ」という音から、野放図が方言化したものと見てよいのではないでしょうか。いつごろかはわかりませんが、一般の言葉が方言になる際によく見られる音韻変化が起こったのでしょう。

 多くの方言がそうであるように、「のふうぞ」も、日常の使用では表記法はとくに意識されず、書く場合はひらがなが使われたはずです。それに「野風増」という漢字を当てはめた作詞者のセンスはすばらしい。
 野原を吹き渡る風のように、自由に、思うがままに生きる青年の姿が生き生きと伝わってきます。ひらがなの「のふうぞ」では、そうしたイメージは湧きませんし、野放図では詩の言葉になりません。

 自分が思うようにものを言い、行動していると、しょっちゅう摩擦が起こるだろう、だが、そういう経験を通して自分のアイデンティティが定まってくるのだから、恐れずに堂々と生きろ――息子の成長を見ながら、そんなことを思っていた父親は多いのでは内でしょうか。

(二木紘三)

|

« 憧れのハワイ航路 | トップページ | 比叡おろし »

コメント

将棋の芹澤博文九段が歌っていたのを覚えています。エイのひれは大好物です。脈絡なくてすみません。

投稿: hurry | 2018年8月29日 (水) 19時37分

この歌はNHKの歌番組の橋幸夫さんの歌で知りました。
「野風増」は岡山県の方言と紹介していたので、
ふるさとの歌が増えたと思っています。
昭和60年9月5日発売になっています。
  http://yumenet.or.tv/

 山本寛之さんと橋幸夫さんの歌があります。
https://www.youtube.com/watch?v=hcz1L7BP9DQ

投稿: なち | 2018年8月29日 (水) 19時59分

二木先生「野風増」のアップありがとうございます。
兄が逝きました。76歳ですが早生まれのため、私とは三学年違っていました。兄は一浪して早大に入りましたので、もしかしたら二木先生と同期かもしれません。

妹思いの優しく良い兄でした。酷暑の中、何度かお見舞いに行き、そして今日明日というときの26日に妹と私が駆けつけましたが、すでに意識はなかったのですが、私たちの声掛けが分かったみたいでした。27日未明3:45息を引き取りました。まるで私たちを待っていたようでした。(こんな話すみません。)

兄の思い出に耽っていて「うた物語」を開けたら「野風増」でした。メロディを聴きながら歌詞を読んでいたら、父と兄がお酒を酌み交わした様子を思い出しました。明治生まれの父は妹と私に一度も怒ったことはなかったのですが、第一子で長男である兄にとても厳しく接していました。子どもだった私はどうして兄に厳しいのか分かりませんでした。

それが兄が大学受験で落ちた日の夜、父は兄を呼んで、お酒を酌み交わしたのです。私は襖を少し開けて覗き見したのです。父はうなだれている兄に黙ってお酒をすすめていました。初めて見た光景でした。

「野風増」の歌ありがとうございました。

投稿: konoha | 2018年8月29日 (水) 22時12分

konoha様

konoha様の尊敬される大好きなお兄様のご逝去のことを拝読しビックリしました。

>・・、ほとんどの人は河島英五の持ち歌と記憶しているのではないでしょうか。
 歌のうまい・下手ではなく、歌詞や曲調が酒と男っぽさという河島英五のイメージと強烈に結びついているからでしょう。

 私も河島英五さんの男らしく家族思いで最後まで貫かれた不器用な生き方大好きでした。

 妹思いでお父上に厳しく育てられたお兄様の旅立ち、人の世の常とは言え ほんとに寂しいですね。妹さんと病院にかけつけお二人の愛に満ちた声かけがお兄様に分かったみたいでよかったですね。そのうち天国のお父様とお兄様は また酒を酌み交わされていらっしゃるかもしれませんね。

 ご長兄のご冥福を心からお祈り申し上げます。
                       けん


投稿: けん | 2018年8月30日 (木) 06時00分

作詞者が気になり検索していたらありました。
伊奈二朗こと塚本定男さんで、新見署に勤務されており・・
http://murakami-shin.jugem.jp/?eid=1639

続けてすみません。

投稿: なち | 2018年8月30日 (木) 06時52分

konoha様

このところ、konoha様のコメントに 少し元気がないような感じで拝見しておりましたが、敬愛なさっているお兄様のことが、気がかりになっておられたのですね。
76才は、まだまだ早すぎます。
お元気ならば、もう10年は ご兄妹仲良く、楽しく過ごせたであろうに・・・と、思わず、涙が溢れてきました。

konoha様は、私の家内と同じ 昭和19年生まれの申年と存じておりますが、いつも知的レベルの高いコメントを寄せられ密かに楽しみにしておりました。
生老病死は避けることが出来ませんが、悲しみは共有できます。

襖の影からそっとのぞき見された時の、お父上とお兄様の姿を思い浮かべながら、この曲を静かに聞くことが、せめてもの鎮魂になるなら・・・と、思ってます。


投稿: あこがれ | 2018年8月30日 (木) 08時23分

けん様  あこがれ様

お優しく心しみるいるコメント、誠にありがとうございました。昨日無事野辺送りが済ました。男性の平均寿命には届きませんでしたが、長患いをせず逝くことができ、本望だったと思います。私は兄と同じ高校でした。あこがれ様の言われるように生老病死は避けることができません。兄の金魚のふんのようにくっついていた私を兄の高校時代の親しい友人達は仲間に入れてくれました。でも友人一人残してみんな逝ってしまいました。

「うた物語」の皆様と仲間意識で結ばれていることをとてもありがたく思っております。この歳になって大勢の仲間が出来、とても幸せです。いつまでもお元気なコメント発信され続けてくださいね。楽しみにお待ちしております。

また一つ「野風増」は父と兄を結びつける歌になりました。歌は物語を呼びますね。ありがとうございました。

投稿: konoha | 2018年9月 1日 (土) 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 憧れのハワイ航路 | トップページ | 比叡おろし »