« 遠き昭和の… | トップページ | 老犬トレイ »

2019年9月21日 (土)

青年の樹

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:石原慎太郎、作曲:山本直純、唄:三浦洸一

1 雲が流れる 丘の上
  花の乱れる 草むらに
  ともに植える ひと本の ひと本の
  若き希望と 夢の苗
  空に伸びろ 青年の樹よ

2 嵐すさぶ 日もあらむ
  憂いに暗い 夜もなお
  腕くみ合せ 立ちゆかん 立ちゆかん
  熱き心と 意気地持て
  森に育て 青年の樹よ

3 多感の友よ 思わずや
  祖国の姿 いま如何に
  明日の夜明けを 告げるもの 告げるもの
  我らをおきて 誰かある
  国を興せ 青年の樹よ

《蛇足》 昭和36年(1961)6月19日から翌年12月24日まで、TBS系列で放送された同名のドラマの主題曲。

 原作は『週刊明星』に連載された石原慎太郎の小説で、『青春とはなんだ』など、その後の青春ドラマの先駆けとなった作品です。放送に耐えるビデオテープがまだなかったため、モノクロの30分番組。

 坂木武馬(勝呂誉)と和久宏(寺島達夫)、山形明子(小林哲子)の友情とそれぞれの悩みを描いて、多くの若者たちに支持されました。3人は東大の同級生で、和久宏はやくざ組織和久組の跡取り息子という設定が、ちょっと変わっていました。

 木の苗が急速に生長し、画面いっぱいに枝を拡げていくというオープニング映像と、小林哲子の知的な美貌が印象的でした。小林哲子は、病気のため、途中降板し、香山美子に替わりました。

 寺島達夫は、東映フライヤーズのピッチャーから映画界入りした変わり種。球界という枠を超えて国民的人気のあった長嶋茂雄と容貌が似ているというので、番組の後半では、勝呂誉をしのぐ人気を得ました。

 主題歌では、3番に、のちに国家主義者の大物になるシンタローさんのメンタリティが表れていて、興味深いですな。

 1つ、どうしても分からないことがあります。このドラマの放送期間は、私の大学1年次・2年次と重なりますが、どこで視たのか、どうしても思い出せないのです。オープニング映像や主題歌、ドラマのなかのいくつかの場面は覚えているので、視たことは確かなのですが。

 私はもちろん、下宿住まいの友人たちは、だれもテレビをもっていませんでした。喫茶店で観たのかもしれませんが、毎週金曜日のプロレス中継以外、喫茶店でテレビを視た記憶がありません。
 ナゾというより、記憶の空白域が拡大したという感じです。皆様もどうぞお大事に。

(二木紘三)

« 遠き昭和の… | トップページ | 老犬トレイ »

コメント

この歌はラジオから知った好きな歌ですが、家にはその頃テレビがありませんでした。
高校からの下校時に友達が「テレビドラマの主題歌」と教えて呉れました。
今でもラジオから流れて来ますが、ドラマの内容はあまり知りませんでした。

管理人さんの「どうしても分からないこと・・」
1年半も放映されたのですから、きっと帰省された時でしょう。
管理人さんの過去は調べても分かりませんでした。皆様どうぞお大事に。

投稿: なち | 2019年9月21日 (土) 12時19分

私もこのドラマは毎週見ておりました。ヒロイン役の小林哲子さんが学校の一年先輩だった、ということもありましてね。

それと脇を固める役者が揃っていまして、勝呂誉の父親役が森繁久彌、和久組の頭(かしら)役を山茶花究、他にも何の役だったかは覚えていないんですが、伊志井寛や飯田蝶子もでていたような。この人たちの練達の芸を見るのも楽しみでした。

投稿: boriron | 2019年9月22日 (日) 23時16分

管理人さんと同じように、私の記憶も確かではありませんが、勝呂誉のきれいな顔と寺島達夫の髭跡が青々したスポーツマンタイプの顔を思い出します。そして、三浦洸一が唄ったこの歌が好きでした。慎太郎は熱血漢が好きなんだと感じました。話は変わりますが、舟木一夫の青春の歌シリーズは遠藤実が軍歌調に作ったと聞いていますが、この歌を作曲した山本直純もやはり軍歌調を意識したのでしょうか。作詞の慎太郎もきっと好きそうですから相談したのでしょうね。

投稿: 吟二 | 2019年10月 4日 (金) 16時51分

嬉しい歌ですね。丁度県立旧川本高校農業科在学中の林業課で、この歌を歌いながら原野や山に行き主に杉や檜を植えていました。
また杉や檜の種を植え育てる苗圃でアルバイトをしたリ・・・
当校入学時にお祝いとしていただいたメタセコイヤ2本は実家の麓で幹回り5~6mになっています。
日本中のみんながもっとこの歌を愛していたなら、先般の関東一帯の超大洪水被害はかなり少なかったのではと悔しい思いです。。

投稿: 尾谷光紀 | 2019年10月14日 (月) 11時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遠き昭和の… | トップページ | 老犬トレイ »