2020年12月31日 (木)

花~すべての人の心に花を

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞・作曲・唄:喜納昌吉

1 川は流れて どこどこ行くの
  人も流れて どこどこ行くの
  そんな流れが 着くころには
  花として花として 咲かせてあげたい
   ※泣きなさい 笑いなさい
     いつの日か いつの日か
     花を咲かそうよ
     泣きなさい 笑いなさい
     いつの日か いつの日か
     花を咲かそうよ

2 涙流れて どこどこ行くの
  愛も流れて どこどこ行くの
  そんな流れを この胸に
  花として花として 迎えてあげたい
   ※(繰り返す)

3 花は花として 笑いもできる
  人は人として 涙も流す
  それが自然の 歌なのさ
  心の中に心の中に 花を咲かそうよ
   ※(繰り返す)

  泣きなさい 笑いなさい
  いつの日か いつの日か
  花を咲かそうよ

《蛇足》 昭和55年(1980)に発表。
 沖縄出身のシンガー・ソングライター、喜納昌吉(きな・しょうきち)の代表曲で、喜納昌吉&チャンプルーズのアルバム『BLOOD LINE』に収録されたもの。その後、シングルでも発売されました。

 喜納昌吉は、沖縄民謡の特徴を取り入れたフォークやロックで、当時の大衆音楽界に衝撃を与えました。沖縄民謡独特の伸びやかでゆったりしたメロディが、人生肯定的な歌詞によくマッチしています。
 行く先もわからず流れ流れていっても(生きていっても)、いつか花を咲かせる日が来るよ、といった趣旨。「泣きなさい、笑いなさい」というフレーズで記憶している人も多いと思います。

 国内だけではなく、台湾、タイ、ベトナム、アルゼンチンなど世界60か国で、スター歌手が自国語でカヴァーしています。とりわけ、タイのマリ・バンドによる1987年のカヴァーや、同じくダヌポン・ケオカンによる1991年のカヴァーは、大ヒットとなりました。
 また、台湾の周華健(エミール・チョウ)が1993年にカヴァーした『花心』は、世界各地の中華圏を席巻するメガヒットとなりました。

 国内では、コマーシャル・ソングとしておおたか静流(しずる)が歌ったヴァージョン、石嶺聡子によるテレビのワイドショーのエンディングテーマが評判になりました。今後も、いろいろなメディアで使われそうです。

 なお、喜納昌吉は、平和運動家、政治家としても活動しており、参議院議員を務めたこともあります。

(二木紘三)

| コメント (2)

«谷間に三つの鐘が鳴る