2019年7月17日 (水)

あゝ青春の胸の血は

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:西沢 爽、作曲:遠藤 実、唄:舟木一夫

1 あふれる若さ あればこそ
  未来に向かい われら立つ
  海の太陽 山の雲
  輝け生命(いのち)の 歌声に
  ああ 青春の胸の血は
  夢ひとすじに 燃えるもの

2 親しき友の かなしみを
  励ます言葉 尽きるとも
  光れ銀河よ 友情の
  涙を夜空に ちりばめて
  ああ 青春の胸の血は
  夢ひとすじに 燃えるもの

3 まぶたに淡き 花すみれ
  行きずりの君 今いずこ
  虹は消えても 若き日の
  はかなき思い出 忘るまじ
  ああ 青春の胸の血は
  夢ひとすじに 燃えるもの

《蛇足》昭和39年(1964)1月、日本コロムビアから発売。

 舟木一夫のデビュー曲であり、最大ヒット曲である『高校三年生』から『修学旅行』『学園広場』『仲間たち』へと続く”高校時代ソング”の1つ。
 高校時代ソングとはいうものの、これらの歌に描かれている感覚は、後期アドレッセンスにも通じるものであり、広く青春讃歌といっていいでしょう。

 何ものとも知れぬものへの憧憬に胸を膨らませ、永遠の友情や愛を信じ、将来への野望をもち、挫折し、ときに裏切られ、鬱屈し、失望の底から希望を復活させるといったふうに、あらゆる感情をフル稼働させていた青春時代。

 『あン時ゃどしゃ降り』で、感情を伴う記憶は時間が経っても想起しやすい、と書きました。それはそのとおりですが、残念なことに、歳を重ねるに従って、髪の毛が抜け落ちていくように、記憶に結びついていた感情は薄れ、淡くなり、やがて消えてしまいます。
 感情という衣を失った記憶は、歴史の年号や元素周期表のように、事実だけの味気ない記憶に変わります。そうした事実だけの記憶も、やがておぼろになり、最後は白紙になって人生を終えるのです。

 惚けや認知症にならないために、記憶力の強化訓練などが推奨されていますが、過去の事実を想起しやすくするには、感情が擦り切れないように努めること、すなわち感性を常にリフレッシュするほうが効果的ではないでしょうか。それには、何をすればいいかと訊かれても答えに窮しますが。

 たとえば、青春時代に強烈な恋愛をした場合は、それを思い出すたび、そのときと同じ感情がまざまざと蘇るように心を駆り立てるというのはどうでしょうか。
 かなり高齢になっても、青春時代の何かのできごとを鮮烈な感情とともにリコールできる人が、たまにいるようです。

 ただ、歳とともに感情が淡くなるのは、悪いことばかりではありません。辛いできごとを想起しても、辛い感情を蘇らせずにすみますし、感情に惑わされずに冷静な思考ができるようになります。黒澤明『七人の侍』で水車小屋の長老の「侍を雇うだ!」といった適切な判断ができるようになります。

(二木紘三)

| コメント (5)

«あン時ゃどしゃ降り