« 果てもなき荒野原 | トップページ | 氷雨 »

2007年9月12日 (水)

波浮(はぶ)の港

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:野口雨情、作曲:中山晋平、唄:佐藤千夜子

1 磯の鵜(う)の鳥ゃ 日暮れにゃかえる
  波浮の港にゃ 夕焼け小焼け
  あすのひよりは
  ヤレホンニサ なぎるやら

2 船もせかれりゃ 出船のしたく
  島の娘たちゃ 御神火(ごじんか)ぐらし
  なじょな心で
  ヤレホンニサ いるのやら

3 島で暮らすにゃ とぼしゅうてならぬ
  伊豆の伊東とは 郵便だより
  下田港(しもだみなと)とは
  ヤレホンニサ 風だより

4 風は潮風 御神火おろし
  島の娘たちゃ 出船のときにゃ
  船のともづな
  ヤレホンニサ 泣いて解く

《蛇足》 昭和3年(1928)リリース。

 波浮の港(写真)は、火口の跡に水がたまった火口湖でしたが、のちに大津波で海とつながり、湾となったものです。

 野口雨情は、大島に行ったことがなく、故郷・北茨城の平潟港から想を得て詩を書いたものといわれます。そのため、実際とは異なる点がいくつかあります。
 たとえば、大島に鵜はいないし、「なじょな」は大島弁ではなく、「どんな」の意の北茨城弁だそうです。

 波浮の港は東を向いているので、「夕焼け小焼け」はおかしいと指摘する人もいます。これについては、夕日は見えなくても、空一面に夕焼けしたようなときには見えることもあるので、かならずしもまちがいとはいえません。

 御神火は、火山を神聖なものとしてあがめ、その噴火を表現したもの。

 佐藤千夜子は、山形の天童出身。東京音楽学校を中退後、『波浮の港』によって日本の国産レコード歌手第一号となりました。その後、『東京行進曲』『紅屋の娘』など、続けてヒットを飛ばしました。
 しかし、当時の音楽界ではランクが低かった歌謡曲歌手を嫌って、オペラにこだわり続けたために、収入が細り、晩年は不遇でした。

 高橋通郎さんからの情報で、この歌には5番があることがわかりました。mp3を作り直すのは少々面倒なので、歌詞のみ紹介します。

5 磯の鵜の鳥ゃ 沖から磯へ
  泣いて送らりゃ 出船もにぶる
  明日も日和で
  ヤレホンニサ なぎるやら

(二木紘三)

« 果てもなき荒野原 | トップページ | 氷雨 »

コメント

確かにこの地は港ですが、行ってみれば入り江のようにうつります。唄がこの地を有名にしたのか。この地が唄を呼んだのか、細かいことはどうでも良い。この唄のおかげで日本中
に波浮の港が知れ渡ったのですから。

投稿: 海道 | 2008年10月29日 (水) 07時35分

「細かいことはどうでも良い」と申しておきながら、細かくてローカルなコメントを書かせて頂きます。それは
3番の今は無い「伊豆の伊東とは郵便だより」の部分ですが、これは最初に大島~伊東航路が出来たとの事です。

投稿: 海道 | 2011年9月26日 (月) 20時32分

二木紘三様
 猛暑の候ご健勝のことと拝察いたします。
 最近「波浮の港」を佐藤千夜子の歌で聴いていて、5番のあるの知りました。
≪ 磯の鵜の鳥ゃ沖から磯へ 泣いて送らにゃ出船もにぶる 
  明日も日和で ヤレホンニサなぎるやら ≫
という歌詞です。昔の歌手が歌っているのでオリジナルと思いますが・・・。

投稿: 高橋通郎 | 2015年8月22日 (土) 21時51分

 5番まであることが分かった「波浮の港」ですが、最近また気づいたことがあります。
 1番の歌詞で
   磯の鵜の鳥ゃ 日暮れにゃかえる 
   波浮の港は・・・
と歌っているものがありました。「にゃ」と「は」の違いですが、原詩はおそらく「にゃ」でしょうが、小生としては「は」のほうが意味もすっきりとし、また歌いやすいので、僭越ながら「は」で歌いたい気分でいます。
 皆様はいかがでしょう。

投稿: 高橋通郎 | 2015年12月 4日 (金) 13時31分

「波浮の港」この唄が醸し出す切ないメロディは、何度聴いても私の心の中に深く染みてきます!

風は潮風 御神火おろし
島の娘たちゃ 出船のときにゃ
船のともづな
ヤレホンニサ 泣いてとく

昔、美空ひばりの世界というアルバムで、上記の詩をみながらこの唄を聞いているとき、何故か思わず目頭が熱くなったことがありました。

野口雨情がこの詩を書いたのは、5年前の大正12年で、雑誌「婦人世界」に頼まれて絵葉書をみながら作ったそうです。中山晋平に「何か詩はないか」と言われてこの詩を渡したのが、この曲のできるきっかけでした。(精選盤・昭和の流行歌・保田武宏氏解説)

野口雨情の素晴らしい詩の中でも、特に2番の歌詞にある「なじょな心で」の響きが何とも言えず私は好きです。
ここで二木先生が奏でる素晴らしいメロディを聴いてると、改めて二人の作者の偉大さを感じます。

投稿: 芳勝 | 2019年4月 9日 (火) 17時33分

Wikipedia の「波浮の港」の歌詞が「伊豆のいとこは 郵便だより 下田港は ヤレホンニサ 風だより」となっています。二木先生がお書きの通り「伊豆の伊東とは」「下田港とは」だと思います。「いとこ」が登場するのは(いとこの話は他に一切無いのですから)はあまりに唐突です。海道様がお書きのように、伊東が登場するのは理由があることと思います。ここで Wikipedia を頼りにするのはおかしいですが、Wikipedia の「伊豆大島」の項の「歴史」に「1897年(明治30年)には相陽汽船が伊東(現・静岡県伊東市)との間で航路を開き、翌年には同航路で実業家・杉本が和船の運航を始めた。1900年(明治33年)に逓信省は杉本と契約し、郵便輸送を開始した」とありますので、「郵便だより」が納得されます。Wikipedia は影響力があり、この名曲を誤って覚える人があるといけません。私は Wikipedia を訂正する能力がないのですが、どなたか歌詞を訂正してくださると有り難いです。

投稿: kazu | 2020年4月21日 (火) 04時54分

Wikipedia の歌詞を自力で訂正することに成功しました。愛してやまない名曲についての Wikipedia なので緊張しました。私の勘違いではないと信じていますが、何かまずいことがありましたら皆様お教えください。

投稿: kazu | 2020年5月 1日 (金) 06時30分

『波浮の港』は母が良く歌っていました。伊豆大島へは小学校入学前に家族旅行で行った記憶がありますが、わずかに三原山と元町港の風景を覚えているだけです。
伊豆大島は東京都に属していますが、色々と疑問がわきます。先ず、地理。私は良く鎌倉へ滞在しますが、天気が良ければ相模湾のどこからでも大島が近くに見えます。『佐渡おけさ』では佐渡と柏崎とは竿さしゃ届くと謳われていますが、それと同じ様に近くに見えます。地図で見ると相模湾の南にあるのに、何故東京都なのか。どう見ても静岡県か神奈川県でしょう。そして定期航路。歌にある様に伊東港か下田港が最も近いはずですが、定期航路は東京竹芝桟橋と元町港の間を結んでいます。
先日も夜間に羽田へ向かう飛行機が大島上空を飛んだので、上から眺めましたが、灯りが集中しているのは西側の元町港で、波浮の港は良くわかりませんでした。今はさびれているのでしょう。
色々考えているうちに気付いたのは、波浮の港がかつて栄えた漁港だったということです。歌詞の4番で、島の娘が出船の時に船の艫綱を泣いて解くのは、恋人の漁師が出港する風景を謳っているのだと気付いたのです。そうすると、歌詞が謳っているものが見えて来ます。1番で、凪にこだわるのは、翌日の漁船の出航の安全を祈っているのでしょう。3番で、漁に出た恋人からの手紙は伊東から届くのでしょう。下田に寄っているのなら、風の噂が聞こえて来るくらいに近く感じるのでしょう。
野口雨情の詩は、漁港として栄えた頃の波浮の港を謳っていたのだと思います。

投稿: Yoshi | 2022年1月12日 (水) 11時06分

妊娠2,3か月で伊豆の大島に旅しました。砂丘を主人と2頭のラクダで超えて行くました。私のラクダの名前が大五郎で未だ若く駆けてゆくものだから、馬子さんが妊婦さんだからと注意を促しながら。今考えると流産もせず長男が元気に生まれてきてくれて幸運でした。なんて馬鹿な事と思えます。丁度椿が奇麗な季節でした。都はるみさんの♪三日遅れの...あんこ椿は♪も演奏します。今も情景が浮かびます。

投稿: 細川 和代 | 2022年8月26日 (金) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 果てもなき荒野原 | トップページ | 氷雨 »