« 想い出のサンフランシスコ | トップページ | 暗い日曜日 »

2007年9月14日 (金)

想い出のソレンツァラ

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞・唄:E.マシアス
作曲:D.マルフィジ&C.ダルバル&B.バカーラ
日本語詞:水野汀子

1 わたしのソレンツァラ 夜の浜辺に
  あまく聞こえる あの懐かしい
  想い出のギター
  はじめてあなたと 夜の浜辺で
  踊ったときに わたしの胸は
  恋にふるえた
  ああ ソレンツァラ 光にかがやく
  ああ ソレンツァラ 恋の浜辺

2 恋しいソレンツァラ 今も聞こえる
  あなたを知った 夜の浜辺の
  懐かしい歌
  あの夜ふたりに 恋が芽生えて
  変わらぬ誓いを 砂にきざんだ
  想い出の夜
  ああ ソレンツァラ 光にかがやく
  ああ ソレンツァラ 恋の浜辺

         Solenzara

Sur la plag' de Solenzara
Nous nous sommes rencontrés,
Un pêcheur et sa guitare
Chantaient dans la nuit d'été
Cette douce mélopée.
Sur la plag' de Solenzara
Chaque soir on a dansé
Et le jour de ton départ
J'ai compris que je t'aimais
Et je ne t'ai plus quitée
(Refrain)
   À Solenzara
   Oh ! chi dolce felicita
   À Solenzara
   Più bènum si posta....

Quand j'entends la mélodie
Qui m'a donné tant de joie
Je sais que cette nuit-là
Notre amour a pris sa vie
Au cæur de Solenzara

(Instrumental)
À Solenzara
J'y reviendrai tous les étés
À Solenzara

Più bènum si posta....
Più bènum si posta....

《蛇足》 ボレロのリズムにのったカンツォーネ。

 ソレンツァラまたはソレンツァーラ(Solenzara)は、ナポレオン生地・コルシカ島の東海岸にある美しい保養地(上の写真)です。
 イタリア・ジェノヴァ領になっていた時代もありましたが、現在はフランス領。

 フランス語詞には、上記のほか、作曲者のマルフィジが作ったものもあります。

(二木紘三)

« 想い出のサンフランシスコ | トップページ | 暗い日曜日 »

コメント

琴線に触れる美しい名曲。いま繰り返し繰り返し聴いております。
静かな秋の夜半に聴くこの調べは、琴線に触れ、心に深く沁みわたってやみません。
有難うございます。

投稿: 篠崎信夫 | 2007年9月14日 (金) 02時50分

はじめまして。
母がシャンソンや童謡を教えています。
(タンゴ歌手でもあります。高森篤子と申します)
ソレンツアーラの場所の写真を探していたところ
こちらにたどり着きました。
歌にあるとおり綺麗な場所ですね。
素晴らしいHPでびっくりしました。

また拝見いたします!由佳

投稿: 由佳 | 2010年8月20日 (金) 09時29分

高森篤子先生の生徒です。 想い出のソレンツアーラは僕の好きな曲でしてカラオケで歌うことが有ります。
この外「雪が降る(アダモ)」や「帰れソレントへ」もいいですねえ。原田

投稿: 原田勝弘 | 2010年11月 9日 (火) 22時31分

はじめまして。このうたは、グラシェラ スサーナのlpレコードで知りました。彼女の歌で調べても、もう見つからない幻の曲になりましたが、心を捕らえて離さない、大好きな曲です。シャンソンかなと思っていましたが、このページを見て、良かった、です。ありがとう。

投稿: ryou | 2012年1月14日 (土) 14時52分

バンドやってます、こんな美しい曲を誰もやりません、もったいないことです。

投稿: 山田誠 | 2015年6月28日 (日) 19時48分

このカンツォーネ、メロディーが、たいへん懐かしく美しいので、
まことに僭越ながら、高齢者用(この拙文者を含む)に歌詞を試作しました。
冒頭のSOUNDCLOUDと、次のYouTube共有URLに合わせて
ご歌唱いただけます。お試し下さい。
併せて、ご療養中の方々のご回復を、胸深くお祈りいたします。

トランペット https://youtu.be/je1M9MgNE_0
ギター https://youtu.be/yyzuT8uiKDo
ピアノ https://youtu.be/dCmmdd8HKpQ
バイオリン https://youtu.be/bYS-PPhWD_8

夢のソレンツァラ(副題:想い出の道)

想い出の道を 夢で歩けば
懐かしいあの頃が 胸にあふれ眼(め)に浮かぶ
夢で歩けば 想い出の道
胸にあふれ眼に染(し)みる 懐かしい遠い影

ああ萌える みどりの山川(やまかわ)
仰ぐ空 夢の輝き
(上記の繰り返し)
夢の輝き

(以上)

投稿: josame | 2021年5月 1日 (土) 11時53分

josame 様
掲示板にコメントし致しました。

投稿: りんご | 2021年5月 1日 (土) 15時15分

りんご様 掲示板[2126] りんご様  投稿者: josame 投稿日:2021年 5月 2日(日)をご覧下さい。
***********************
(1)
上段の投稿: josame | 2021年5月 1日 (土)の 記載「歌詞」の【句の変更】:
最終行から数えて第4行の記載「仰ぐ空」を
「海のぼる空」に変更いたします。
(2)
まことに僭越ながら「想い出のソレンツァラ」(日本語詞:水野汀子)と原歌詞との違いにつき、以下、記載いたします。
冒頭の「解説」に記載の「日本語詞:水野汀子」の内容は、ほぼフランス語の原歌詞にそっている様です。
但し、以下の箇所(イタリア語の4行の部分、「chi dolce felicita 甘く幸せ」と
「Più bè num si posta...( più bene non si può stare) 何て素晴らしい or 気分は最高」に違いが見られます。
違いは次の通りです:
●【日本語歌詞・第1番】下第1&2行
「ああ ソレンツァラ 光にかがやく」
「ああ ソレンツァラ 恋の浜辺」は、
原歌詞では、
「ソレンツァラでは ああ!なんと甘く幸せ」
「ソレンツァラは なんて素晴らしい」。
●【日本語歌詞・第2番】下第1&2行
「ああ ソレンツァラ 光にかがやく」
「ああ ソレンツァラ 恋の浜辺」は、
原歌詞では、
「ソレンツァラに 毎夏(まいなつ)もどる」
「ソレンツァラは なんて素晴らしい」
「気分は最高」。
(以上)

投稿: josame | 2021年5月 2日 (日) 14時03分

投稿2021/5/1の歌詞を改作(ver.2)しました。まことに勝手にながら、投稿させて戴きます。
前回同様、冒頭のSOUNDCLOUD(標準伴奏)と、次のYouTube共有URLに合わせて、ご歌唱可能です。
どうぞお試し下さい。
トランペット https://youtu.be/je1M9MgNE_0
ギター https://youtu.be/yyzuT8uiKDo
ピアノ https://youtu.be/dCmmdd8HKpQ
バイオリン https://youtu.be/bYS-PPhWD_8

夢のソレンツァラ ver.2(副題:想い出の夢)


想い出の道を 夢で歩けば
懐かしいあの頃が 胸にあふれ眼(め)に浮かぶ
夢で歩けば 想い出の道
胸にあふれ眼に染(し)みる 懐かしい遠い影

ああ萌える みどりの山川(やまかわ)
海(うみ)翔(か)ける空 夢に輝く


想い出の地に 夢で降(お)りれば
懐かしいあの頃が 胸にあふれ眼(め)に浮かぶ
夢で降りれば 想い出の地に
胸にあふれ眼に染(し)みる 懐かしい遠い影

ああ招(まね)く あの日の山々
あの時の空 夢に輝く
夢に輝く

(以上)

投稿: josame | 2021年5月 7日 (金) 23時19分

上段の投稿: josame | 2021年5月 7日 (金) ver.2につき、今回ver.3(最終)を追加・投稿させて戴きます。
前回同様、冒頭のSOUNDCLOUD(標準伴奏)と、次のYouTube共有URLに合わせて、ご歌唱可能です。
どうぞお試し下さい。
トランペット https://youtu.be/je1M9MgNE_0
ギター https://youtu.be/yyzuT8uiKDo
ピアノ https://youtu.be/dCmmdd8HKpQ
バイオリン https://youtu.be/bYS-PPhWD_8

夢のソレンツァラ ver. 3最終
(副題:あの時の歌)

1
あの時の歌に 耳を澄ませば
懐かしい想い出が 胸にあふれ眼(め)に浮かぶ
耳を澄ませば あの時の歌
胸にあふれ眼に染(し)みる 懐かしい遠い影

ああ過(よぎ)る あの日の想い出
あの時の影 眼(め)に移(うつ)ろう


あの時の調べに 心(こころ)乗せれば
懐かしいあの頃が 胸にあふれ眼(め)に浮かぶ
心(こころ)乗せれば あの時の調べに
胸にあふれ眼に染(し)みる 懐かしい遠い影

ああ招(まね)く あの日の想い出
心に映(うつ)り 胸を渡(わた)る
胸を渡る

【付記】ver.1とver.2は、独自に移動できない病床の方々のために作成されました。
今回のver.3は、歌愛好の方々のために、まことに僭越かつ勝手ながら、作成させて戴いた次第です。
(以上)

投稿: josame | 2021年5月28日 (金) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 想い出のサンフランシスコ | トップページ | 暗い日曜日 »