2023年12月31日 (日)

ないしょ話

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:結城よしを、作曲:山口保治

1 ないしょ ないしょ
  ないしょの話は あのねのね
  にこにこ にっこり ね、母ちゃん
  お耳へ こっそり あのねのね
  坊やのおねがい きいてよね

2 ないしょ ないしょ
  ないしょのおねがい あのねのね
  あしたの日曜 ね、母ちゃん
  ほんとにいいでしょ あのねのね
  坊やのおねがい きいてよね

3 ないしょ ないしょ
  ないしょの話は あのねのね
  お耳へこっそり ね、母ちゃん
  知っているのは あのねのね
  坊やと母ちゃん 二人だけ

2024 ↑ 2024年の年賀状用に描いたもの。生成AIの技術を少ばかり使いました。

《蛇足》 昭和14年(1939)9月20日、大塚百合子の唄でキングレコードから発売され、広く愛唱されました。

 作詞者の結城よしを(本名は芳夫)は、大正9年(1920)3月30日、山形県東置賜郡宮内町(現・南陽市)の生まれ。家が貧しかったため、高等小学校卒業後、上級学校に進むことなく、山形市内の書店の住み込み店員になりました。

 よしをは、文芸への志向が強く、17歳のとき、数人の友人に呼びかけ、童謡の同人誌『おてだま』を創刊しました。彼は、作曲家・山口保治のもとに、『おてだま』だけでなく、自分の童謡原稿を盛んに送りました。山口保治は、『かわいい魚屋さん』(加藤省吾作詞)を大ヒットさせた童謡の人気作曲家でした。

 『ナイショ話』は、よしを19歳のときの作品で、それを気に入った山口がキングレコードに売り込みました。売り込みは成功し、これがよしをの最初のレコードとなりました。
 原詞は全文カタカナでしたが、上の欄では、読みやすいようにひらがなにしました。

 昭和16年(1941)7月に招集されたよしおは、北方から南方へと転戦を繰り返しました。国内に戻って、山口県の巌流島で防空の任についていたとき、パラチフスで亡くなってしまいました。24歳という若さでした。

 歌詞は、幼い少年が何か願い事をお母さんに囁いているといった内容です。誰かに聞かれて困るようなことではないのに、お母さんと二人だけの秘密といった絆を持つのが嬉しいのです。

 『なっとく童謡唱歌』の池田小百合は、次のように書いています。

 この歌は、単なる親子の「ナイショ話」の情景描写ではなく、幼い頃の思い出を呼び起こす歌なのです。そして「ネ、母チャン」と歌った時、すべてが一体となります。「ネ、母チャン」に作者の強い思いが込められています。作者の思いが伝わるので、私たちの心に響くのです。
 近年は、母と子の絆を歌った歌はなかなか登場しません。「ネ、母チャン」という呼びかけが欠けているのです。そのことを歌が教えてくれています。

 母親との明るく楽しかった幼時の記憶は、甘酸っぱい初恋の味にも似ています。年老いてから、母親とのエピソードを思い出すたび、胸の奥にぽっと灯がともるような子ども時代を、だれもが送ってほしいものだと願っていますが、現実にはなかなか……。

(タイトル下の写真は、南陽市熊野大社の境内にある『ナイショ話』の歌碑)。

(二木紘三)

| コメント (11)

«ムーン・リバー